News2017/02/13

【試合結果】2月12日 VfB Stuttgart vs Sandhausen

 

ブンデスリーガ2部 第20節 VfB Stuttgartは前節に引き続きのホームゲーム。

SandhausenをMercedes-Benz Arenaへ迎えます。

細貝選手は引き続きベンチスタート、後半戦が再開して3連勝のシュトゥットガルトの中で我慢の時が続きます。

 

試合は両チームとも慎重な立ち上がりですが、前半10分、カウンターからStuttgartがチャンスを作ります。

Mane選手が持ち前のスピードを生かし駆け上がり、前方へパス、浅野選手が合わせようとしますが、相手GKがギリギリの飛出しでボールを確保。

Stuttgartの得点には至りません。

 

続いて12分、StuttgartはCKのチャンス。

右からのCKを一度相手DFにクリアされますが、新加入後Stuttgartにアクセントを与えているGreen選手が空いてDFのクリアしたボールに右足でダイレクトで合わせます。

シュートは枠をとらえますが、SandhausenのDFがヘディングでクリア。

こちらも惜しくも得点に至りません。

 

逆に16分、Sandhausenに裏を取られサイドを突破されますが、CBのBaumgartlが体を寄せて何とか対応。

ピンチをしのぎます。

 

32分、SandhausenのCK、ファーで合わせられますが、ヘディングシュートは枠を外れます。

 

このままスコアレスで前半終了かと思われますが、45分、Stuttgartはチャンスをつかみます。

右サイドでMane選手がSandhausenのDF3人に囲まれますが、個人技で突破、ペナルティエリアに侵入したところ、SandhausenのDFがファール、StuttgartにPKが与えられ、Terodde選手が確実に決め、Stuttgartが先制。

1-0で前半戦を終えます。

 

後半60分、SandhausenはStiefler選手に替え、Sukuta-Pasu選手を投入。

そして、この交代がいきなり結果を出します。

交代後の最初のプレー、右サイドからのセンタリングにSukuta-Pasu選手が右足で合わせいきなりのゴール。

交代直後のプレーで1-1の同点とされます。

 

首位を盤石のものにするためにもホームでの勝ち点3がどうしても欲しいStuttgart。

73分、GKから素早く前方へつなぎ、Zimmer選手のシュートまで至りますが、GKがブロック。

追加点が奪えません。

 

逆に、76分、Sandhausenの逆襲にあいます。

60分の失点シーンと同様の形で右サイドからのセンタリングにSukuta-Pasu選手が合わせますが、決定的な形を作られながらもシュートは枠を外れ難を逃れます。

 

そして、84分、StuttgartのFK。

一度は相手にクリアされますが、こぼれ球を丁寧につなぎなおし最後はセンタリングをTerodde選手が鮮やかにボレー。

ゴール左隅に決めます。

エースストライカーがきっちり仕事をし、Stuttgartが後半戦再開後3連勝を飾りました。

 

残念ながら細貝選手の出場はありませんでした。

 

 

【試合結果】

VfB Stuttgart 2-1 Sandhausen

 

【得点】

45分 Terodde(VfB Stuttgart)

60分 Sukuta-Pasu(Sandhausen)

84分 Terodde(VfB Stuttgart)

 

以上

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0