Column2017/03/28

【Column-038】新章スタート [太陽の下で-01] 『新たな物語が始まる』

 

細貝萌は、ドイツ・ブンデスリーガ2部のVfBシュトゥットガルトから日本のJ1リーグのクラブ、柏レイソルへの完全移籍を決め、ドイツを発ち、3月24日朝に日本へ到着。その足で成田空港から千葉県柏市へ向かい、午後には早くも記者会見に臨んでいた。表面的には電撃だった今回の移籍だが、細貝自身は移籍を決める前に相当の時間を要し、十分に熟考した上で決断していた。

 

「去年の12月の段階ではシュトゥットガルトから他のクラブへ移籍することは考えていなかった。でも、2017年に入ってから何かの変化を加えなきゃいけないというのが自分の中のテーマにあって、方向性を模索していた。今季はシーズン中に2度も負傷してしまい、その都度戦線離脱してリハビリをする期間も続いた。そして新しい選手を獲得したりすることで、チーム内での自分の序列も変わっていったこともあって、6年ぶりに母国でプレーするという気持ちになった。チームが結果を出す中でベンチ入りすらできない状況は何よりも厳しかったし、当然この状況は、自らの環境を変えたいと思う一番の理由になった」

 

新天地・柏に降り立った細貝は記者会見直後にホームスタジアム・日立柏サッカー場(日立台)のピッチでフィジカルコーチと共に軽いウォーミングアップをして身体をほぐし、翌日には早くもチームの練習に参加した。

 

「昨日は空港からクラブハウスに着いてそのままメディカルチェックを受けたんだけど、それとほぼ同じ時間に練習が始まったから、チームメイトと練習する時間はほとんどなかったんだよね。また翌日は大学チームとの練習試合が組まれていて、自分は帰国直後で時差ボケなどもあったから下平監督とも話して試合出場は控えて、コンディション調整に努めた」

 

2011年の1月に浦和レッズからドイツ・ブンデスリーガのバイヤー・レバークーゼンへ移籍した細貝は今回、約7年ぶりにJリーグでプレーする。もちろんドイツでプレーしていた時代も日本サッカー界の事を気にかけてJリーグの情報も得ていたはずだが、実際にピッチに立つとなれば以前との違いに戸惑うかもしれない。また柏レイソルというクラブ、チームについては彼自身初めて加わる組織で、まずはそのチームカラーや雰囲気を感じ取らなければならない。

 

「東洋大学との練習試合は1本目を観ました。その後僕も練習だったからね。まだチームに加わっていないから何とも言えないけども、ここで自分がどれくらい生きるのかは考えていた。今の柏は本当にチームが若いんだよね(笑)。練習試合の前に若そうな子が2人で話していたから、『若いね!何歳?』って聞いたら、『17歳です』だって(笑)。彼らは練習試合で駆り出されてきたユース選手たちだった。トップチームの選手かと勘違いしちゃったよ(笑)皆うまいからね! でも他の柏のプロ選手たちも顔が若い。だから少し世代間のギャップを感じてしまう(笑)。海外の選手は10代でも大人の顔つきをしているから歳が離れていても違和感がないんだけど、日本の選手はやっぱり10代だと若さを感じるよね。それは最近ドイツで暮らしていたから忘れていた感覚だった。でも日本語だとスムーズにコミュニケーションとれる分、余計に若い選手が僕に気を使ってしまうことがあるかもしれない。最初は仕方ないと思うけど、そこは徐々に遠慮しなくていいように、僕からアプローチしていきたいと思ってる」

 

長く日本を離れていたことで、今の細貝は面識のある選手が限られている。

 

「柏では大津と(鎌田)次郎くんは以前から知り合いだったけど、柏ではその2人しか直接は面識がない。大津はフル代表で一緒にプレーして、海外でも会ったことがある。彼はドイツやオランダでプレーしていた時期があるから、家にご飯を食べに来たこともあるよ。次郎くんは北京五輪代表候補合宿の時に出会った同世代の選手。確か当時の次郎くんはまだ流通経済大学に在籍していて、強化指定でJリーグのクラブに在籍していたんじゃないかな。記者会見の翌日には大津に誘われて昼食に行ったよ。街のイタリアンレストランで、他に輪湖直樹くんと栗澤遼一さんも来てくれた」

 

新たな環境に馴染むことは重要だが、細貝に課せられた究極の役割は柏レイソルというチームに貢献し、確固たる成果と結果をもたらすことにある。

 

「登録の手続きが間に合うならば、4月1日のサンフレッチェ広島戦から出られるみたい。ただ今のリーグ中断期間中の2週間でしっかり準備してきた選手たちもいるから、自分が簡単に出場できるとは思っていない。まずはコンディションを整えて、戦えるだけの状態にしなきゃいけないよね。いずれにしても、これからが楽しみだよ。少しでも早く柏サポーターに認めてもらえるように頑張らないといけないからね」

 

新チームに加わったばかりの細貝は顔色が良く、黄色と黒のユニホームを着て早く新緑のピッチに立ちたい欲求が高まっていた。眩しい太陽が降り注ぐ街で、彼とチームが紡ぐ物語の新章が始まった。 

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook12