Column2017/04/14

【Column-040】 [太陽の下で-03] 『柏のために』

 

 2017年4月8日。Jリーグ第6節。試合前の時点で2勝3敗、勝ち点6で12位に付けていた柏レイソルは、ホームの日立柏サッカー場で同勝ち点13位の清水エスパルスと対戦した。柏は清水に勝利できれば前節のサンフレッチェ広島戦に続いて連勝をマークし、順位もランクアップする可能性があった。しかしチームは幾つかの好機を決められず、後半にカウンターから鄭大世、ミッチェル・デュークにゴールを奪われて敗戦を喫した。

 前節の広島戦で後半87分から途中出場して柏でのJリーグ再デビューを飾った細貝萌は引き続きベンチスタート。彼は仲間の勇姿をウォーミングアップゾーンで見つめながら自らの出番をひたすら待っていた。3月24日にドイツ・ブンデスリーガ2部のVfBシュトゥットガルトから柏へ完全移籍してから約2週間が経過し、合流後には町田ゼルビアとの練習試合に60分間出場してコンディションを整えてきたことで出場意欲を高めていたが、結局清水戦で彼に出番は与えられず、チームも再びリーグ下位への15位へと転落してしまった。

 

「当然今は、できる限りチームの力になりたいと思っている。清水戦で勝利に貢献できなかったのはとても悔しいけど、それでもリーグはまだ序盤戦だからチームが立て直しを図れるチャンスはある。また次はルヴァンカップがあるから、普段試合出場できていない選手がアピールできるチャンスでもある。自分も何とか試合に絡みたいね」

 

 2017年4月12日。YBCルヴァンカップ・グループステージ第2節。柏はアウェーの大宮NACK5スタジアムへ乗り込んで大宮アルディージャと対戦した。大宮は現在Jリーグ6連敗、得点1・失点10で最下位に沈んでおり、ルヴァンカップでは挽回を期していた。一方、大宮ほどではないとはいえ、柏もチーム状況を上向かせたい思いは同じ。下平隆宏監督は普段のリーグ戦で試合出場機会が限られているMF栗原遼一、FW大島康樹、途中出場の多いMF伊東純也、FWドゥドゥらを先発でピッチへ送り出し、その中には細貝の姿もあった。

 

 細貝の役割は中盤スペースをケアし、相手へ激しくアプローチしてボール奪取し、攻撃へ転換させることだった。その役割は果たせていたようにも見えたが、好機を生かせないチームの中で前へボールを運べない場面も散見され、徐々に苦しい表情を見せるようになる。後半に大宮のシュートが柏ゴールバーを直撃した時は帰陣した細貝が必死にクリアするシーンもあったほどで、彼とチームが最良のパフォーマンスを見せたとは言い難い。結局お互い死力を尽くしたゲームはスコアレスドローで決着。柏はリーグ戦の敗戦を完全には払拭できず、次節のJリーグ第7節、首位・ヴィッセル神戸とのアウェー戦へ向けて幾つかの課題を残した。

 

 チーム内における細貝の立場は全く確立していない。下平監督はキャプテンの大谷秀和と組むボランチのプレーヤーを日々模索していて、今季序盤は柏ユース出身の小林裕介を起用し、最近では広島戦でJリーグデビューを果たした同じくユース出身の手塚康平を2戦連続で先発出場させている。ここにルヴァンカップに出場した栗澤、そして細貝が加わり熾烈なボランチのポジション争いが勃発しているわけだが、チーム成績が伸び悩む今はシーズン途中に加入した細貝にも十分チャンスがある。

 細貝の力をどうやってチームにフィットさせるか。柏にはクリスティアーノ、ディエゴ・オリヴェイラ、ドゥドゥ、そして現在は負傷中だがハモン・ロペスという優れた外国籍FWがおり、彼らの個人能力を生かすチーム戦術が機能すれば十分浮上の余地がある。細貝とすれば攻守の連結役として中盤をくまなくカバーして味方攻撃陣を下支えし、攻守バランスの舵取り役を担いたい。

 

「とにかく今は待つしかないね。僕はチームに合流してまだ間もないし、最終的にチームの役に立つためにも個人的には焦ってはいない。けど、それと同時に当然ベストを尽くしていく中で少しでも早くチームの力になりたい。その中で昨日のルヴァンカップに90分出場できたことは良かった。僕が最後に90分やったのは10月だから、6カ月ぶりのフル出場だったからね。でも良かったのはそれだけ。チームは勝利を収めることが出来なかったし、僕が一番重要だと思うのはやはり結果だから」

 

 巻き返す時間は十分にある。焦らず動じず、細貝は自らの役割を認識して職務に邁進する。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0