Column2018/01/28

【Column-055】 [太陽の下で-18]『新たなる思い』

 

2017シーズンは苦難の連続だった。

度重なるケガと厳しいチーム内競争は細貝萌の内面に変化を生み、2018シーズンに向けて思いを新たに、今はあらゆることにチャレンジしようとしている。

短いオフ期間は沖縄へ赴いた。ドイツでの活動を含めて約1年半もの間休養を取らなかった彼にとっては心身ともにリフレッシュする機会が必要だった。『休め』と言っても身体を動かしてしまう彼に休息を促すのは困難な作業だが、今回ばかりは本人も自覚して旅行へ向かう決心をしたようだ。

 

しかし今季の柏は、そんな余裕を与えてくれないほどにスケジュールがタイトだ。2017年12月23日の天皇杯準決勝で横浜F・マリノスに敗退して前シーズンを終えたチームは、同大会の決勝でJリーグ3位のセレッソ大阪が優勝を果たしたことで2018シーズンのAFCアジア・チャンピオンズリーグへの出場権を得た。しかし日本の”第4代表”であることからプレーオフからの出場を余儀なくされ、そのプレーオフ開催日は1月30日に開催されることが決定している。チームは、その公式戦初戦に合わせた強化スケジュールを組むべく2018年1月10日に新体制発表会を行い、11日から24日までの約2週間の日程で鹿児島県指宿市でのキャンプを組んだ。2月24日のJリーグ開幕を公式戦初戦となる通常のJリーグクラブが1月中旬に始動して約1か月間のキャンプを張るのに比べると、非常に厳しい日程である。

 

今季の柏はFW武富孝介(→浦和)、DF輪湖直樹(→福岡)、FW大津祐樹(→横浜FM)が完全移籍した他にFWディエゴ・オリベイラ(→FC東京)、MF小林祐介(→湘南)、DF橋口拓哉(→町田)が各クラブへ期限付き移籍した一方で、FW山崎亮平(←新潟)、MF瀬川祐輔(←大宮)、DFパク・ジョンス(←横浜FM)、DF亀川諒史(←福岡)、FW江坂任(←大宮)、MF小泉慶(←新潟)、FW澤昌克(←デポルティーボ・ムニシパル/ペルー)らが新たに加入するなど、多くの選手の入れ替えがあった。細貝にとっては新たなチームメイトとの、新たなチーム内競争の始まりである。

 

「慶(小泉)はボランチでプレーできる選手。また去年の途中から加入した(キム)ボギョンもいるし、タニくん(大谷秀和)、クリさん(栗澤僚一)、ケガをしている(手塚)康平、若手有望株の(古賀)太陽らと共に、ボランチのポジション争いがあるよね。またセンターバックでも(パク)ジョンスが加入したことで層が厚くなったし、ボランチ以外のポジションを任されるにしても、更に競争が激しくなった。当然チーム内での競争も一日一日が勝負だと思うし、やれることをやるしかない」

 

指宿キャンプでの細貝は実戦形式の練習やトレーニングマッチなどでボランチだけでなくセンターバックでも起用され、その素養を試されている。ただ、その立場は優位とはいえず、現状ではセカンドチーム、またはサードチームでプレーする状況だ。それでも今の彼は、モチベーションを維持して戦い続けることで道が拓けると信じている。

 

「皆からの信頼を得て試合に出場する。それは今まで通り何も変わらない。ただ、現状で僕がやらなきゃならないことはたくさんある。まずは一緒にプレーするチームメイトに僕のプレーを評価してもらうこと。安心してエリアを任せてくれる、ボールを預けてくれるかどうかは、同じピッチに立つ者同士の信頼関係が築かれないと上手くはいかない。その作業を怠って、気持ちを落としてプレーし続ければストレスだけが積み重なって、肝心なプレーの質をも落としてしまう。そんな悪循環に陥ってはならない。それも昨シーズン学んだことだからね」

 

前述したように、今季の柏は日本国内での戦いだけではなく、クラブの大目標であるアジア制覇という意義ある戦いもある。細貝自身は、そんなチームの現状のポテンシャルを高く評価している。

 

「Jリーグやアジアの世界では日本人選手、そして外国籍選手が上手く融合して、それがチームの力になることでタイトルに近づけると思っている。今の柏は若くて有望な日本人選手が多いうえに、クリスティアーノ、ハモン・ロペス、そして(ユン)ソギョン、ボギョン、ジョンスといった能力の高い韓国人選手たちがいて、彼らがチーム全体の総合力を高めているから、各大会で十分上位を争える、もちろんうまくいけばタイトルを狙える位置にもいると思う。そして僕自身の今の調子も悪いとは思っていない。身体は良い感じだよ。自分自身から何かアクションを起こして、何かを変えていかなきゃならないことは自覚しているけど、そのモチベーションは断然高い。今は僕自身の中にある目標がぶれずにいるからね」

 

ACLプレーオフの相手はタイのムアントン・ユナイテッドに決まった。ムアントンは昨季のACLでベスト16に進出したタイ屈指の強豪だ。その相手を、柏は1月30日のホームで堂々と迎え撃つ。

 

(了)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0