News2017/02/13

【試合結果】2月12日 VfB Stuttgart vs Sandhausen

 

ブンデスリーガ2部 第20節 VfB Stuttgartは前節に引き続きのホームゲーム。

SandhausenをMercedes-Benz Arenaへ迎えます。

細貝選手は引き続きベンチスタート、後半戦が再開して3連勝のシュトゥットガルトの中で我慢の時が続きます。

 

試合は両チームとも慎重な立ち上がりですが、前半10分、カウンターからStuttgartがチャンスを作ります。

Mane選手が持ち前のスピードを生かし駆け上がり、前方へパス、浅野選手が合わせようとしますが、相手GKがギリギリの飛出しでボールを確保。

Stuttgartの得点には至りません。

 

続いて12分、StuttgartはCKのチャンス。

右からのCKを一度相手DFにクリアされますが、新加入後Stuttgartにアクセントを与えているGreen選手が空いてDFのクリアしたボールに右足でダイレクトで合わせます。

シュートは枠をとらえますが、SandhausenのDFがヘディングでクリア。

こちらも惜しくも得点に至りません。

 

逆に16分、Sandhausenに裏を取られサイドを突破されますが、CBのBaumgartlが体を寄せて何とか対応。

ピンチをしのぎます。

 

32分、SandhausenのCK、ファーで合わせられますが、ヘディングシュートは枠を外れます。

 

このままスコアレスで前半終了かと思われますが、45分、Stuttgartはチャンスをつかみます。

右サイドでMane選手がSandhausenのDF3人に囲まれますが、個人技で突破、ペナルティエリアに侵入したところ、SandhausenのDFがファール、StuttgartにPKが与えられ、Terodde選手が確実に決め、Stuttgartが先制。

1-0で前半戦を終えます。

 

後半60分、SandhausenはStiefler選手に替え、Sukuta-Pasu選手を投入。

そして、この交代がいきなり結果を出します。

交代後の最初のプレー、右サイドからのセンタリングにSukuta-Pasu選手が右足で合わせいきなりのゴール。

交代直後のプレーで1-1の同点とされます。

 

首位を盤石のものにするためにもホームでの勝ち点3がどうしても欲しいStuttgart。

73分、GKから素早く前方へつなぎ、Zimmer選手のシュートまで至りますが、GKがブロック。

追加点が奪えません。

 

逆に、76分、Sandhausenの逆襲にあいます。

60分の失点シーンと同様の形で右サイドからのセンタリングにSukuta-Pasu選手が合わせますが、決定的な形を作られながらもシュートは枠を外れ難を逃れます。

 

そして、84分、StuttgartのFK。

一度は相手にクリアされますが、こぼれ球を丁寧につなぎなおし最後はセンタリングをTerodde選手が鮮やかにボレー。

ゴール左隅に決めます。

エースストライカーがきっちり仕事をし、Stuttgartが後半戦再開後3連勝を飾りました。

 

残念ながら細貝選手の出場はありませんでした。

 

 

【試合結果】

VfB Stuttgart 2-1 Sandhausen

 

【得点】

45分 Terodde(VfB Stuttgart)

60分 Sukuta-Pasu(Sandhausen)

84分 Terodde(VfB Stuttgart)

 

以上

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

News2016/12/19

【試合結果】12月18日 Würzburger Kickers vs VfB Stuttgart

ブンデスリーガ2部 第17節 VfB Stuttgartはアウェーで8位のWürzburger Kickersと対戦。

前節敗戦となったVfB Stuttgartとしては、勝って前半戦を終えたい大事な試合となります。

 

細貝選手は怪我から復帰して初めてのスタメン入りです。

 

試合は序盤から、ビュルツブルクが積極的に仕掛けていきます。

最初にゴールを揺らしたのはホームのビュルツブルク。

前半27分、Benatelli選手からRama選手へパス、Rama選手のシュートがこぼれてポストに跳ね返ったところを再びBenatelli選手が蹴り込みゴール。

 

直後の29分、シュトゥットガルトもチャンスを作ります。

左サイドのInsua選手のクロスをTerodde選手が合わせてヘディングも、シュートはバーを越えていきます。

 

40分、ビュルツブルクのコーナーキック、混戦となったところをSchoppenhauer選手が蹴り込み、ビュルツブルクが2点目

シュトゥットガルトはリードを広げられます。

 

後半、シュトゥットガルトは、細貝選手とMaxim選手を下げ、Zimmer選手とZimmerman選手を入れます。

 

後半も流れは変わらず、ビュルツブルクのペースが続きます。

シュトゥットガルトも時折良い形を作るものの、フィニッシュを決めれずに得点が生まれません。

両チームに得点がなかなか生まれない状況が続きましたが、80分、自陣からのペナルティーアーク付近からのカウンターからビュルツブルクのDaghfous選手が得点。

リードを3点に広げ、勝利を決定づけました。

 

前半戦最終節は敗戦となったものの、ここからウィンターブレイク、トレーニングキャンプを挟んで、後半戦は1月29日のザンクトパウリ戦で再開します。

後半戦での巻き返しに期待です。

 

【試合結果】

 

Würzburger Kickers 3-0 VfB Stuttgart

 

【得点】

 

27分 Benatelli(Würzburger Kickers)

40分 Schoppenhauer(Würzburger Kickers)

80分 Daghfous(Würzburger Kickers)

 

以上

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

News2016/10/15

【試合結果】10月15日 Dynamo Dresden vs VfB Stuttgart

 

ブンデスリーガ2部 第9節 VfB Stuttgartは熱狂的なサポーターが多いことで知られるDynamo Dresdenとのアウェーゲームに臨みます。

細貝選手は前節に引き続きスタメン、アンカーのポジションで出場。

 

試合はゆっくりとした立ちあがり。

早めにペースをつかみたいStuttgartですが、Dresdenの早いチェックの前になかなか良い形を作れません。

逆に徐々にDresdenが良い形を作り出します。

 

試合が動いたのは38分、左サイドからのセンタリングに打点の高いヘディングで合わせたのは191cmの長身、Kutschke選手。

ホームのDresdenが先制します。

 

そしてその4分後、Stuttgartの2失点目はゴールキック時のリスタートのミスからでした。

GKのLangerak選手がZimmerman選手にゴールキックを出したところを、DresdenのLambrtz選手にインターセプトされパス、密集でボールがこぼれたところを再びLampertz選手が蹴り込みStuttgart2失点目を喫します。

さらに悪い流れは続きます。

44分、後方からのパス、オフサイドポジションにDresdenの選手が2名いたのですが、後方から走り込んできたGogia選手が反応し、Dresdenは3得点目。

Dresdenは3回の決定機を全て決め、逆にStuttgartはチャンスを決められず前半は0-3で終えます。

 

後半に入り、なんとか挽回したいStuttgart

Zimmerman選手に替えÖzcan選手、Klein選手に替え浅野琢磨選手をピッチに送り出します。

 

後半に入り、細貝選手から浅野選手へのパスなども見られたものの、Stuttgartの悪い流れは良くなりません。

74分、DresdenのゴールキックからDFの連携の悪さをつかれ、Gogia選手に本日2点目のゴールを決められます。

そして、77分、Stuttgartはコーナーキックのチャンスを迎えますが、ゴールキーパーがパンチングしたボールをDresdenがつなぎカウンター。

最後は細貝選手はスライディングタックルで防ぎに行くも、Testroet選手にダメ押しとなる5点目を奪われてしまいます。

 

そのまま、ゴールを奪うことなくStuttgartは0-5で完敗。

アウェーゲームで厳しい敗戦となってしまいました。

 

【試合結果】

Dynamo Dresden 5-0 VfB Stuttgrt

【得点】

38分 Kutschke(Dynamo Dresden)

42分 Lambertz(Dynamo Dresden)

44分 Gogia(Dynamo Dresden)

74分 Gogia(Dynamo Dresden)

77分 Testroet(Dynamo Dresden)

 

以上

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook