News2017/02/13

【試合結果】2月12日 VfB Stuttgart vs Sandhausen

 

ブンデスリーガ2部 第20節 VfB Stuttgartは前節に引き続きのホームゲーム。

SandhausenをMercedes-Benz Arenaへ迎えます。

細貝選手は引き続きベンチスタート、後半戦が再開して3連勝のシュトゥットガルトの中で我慢の時が続きます。

 

試合は両チームとも慎重な立ち上がりですが、前半10分、カウンターからStuttgartがチャンスを作ります。

Mane選手が持ち前のスピードを生かし駆け上がり、前方へパス、浅野選手が合わせようとしますが、相手GKがギリギリの飛出しでボールを確保。

Stuttgartの得点には至りません。

 

続いて12分、StuttgartはCKのチャンス。

右からのCKを一度相手DFにクリアされますが、新加入後Stuttgartにアクセントを与えているGreen選手が空いてDFのクリアしたボールに右足でダイレクトで合わせます。

シュートは枠をとらえますが、SandhausenのDFがヘディングでクリア。

こちらも惜しくも得点に至りません。

 

逆に16分、Sandhausenに裏を取られサイドを突破されますが、CBのBaumgartlが体を寄せて何とか対応。

ピンチをしのぎます。

 

32分、SandhausenのCK、ファーで合わせられますが、ヘディングシュートは枠を外れます。

 

このままスコアレスで前半終了かと思われますが、45分、Stuttgartはチャンスをつかみます。

右サイドでMane選手がSandhausenのDF3人に囲まれますが、個人技で突破、ペナルティエリアに侵入したところ、SandhausenのDFがファール、StuttgartにPKが与えられ、Terodde選手が確実に決め、Stuttgartが先制。

1-0で前半戦を終えます。

 

後半60分、SandhausenはStiefler選手に替え、Sukuta-Pasu選手を投入。

そして、この交代がいきなり結果を出します。

交代後の最初のプレー、右サイドからのセンタリングにSukuta-Pasu選手が右足で合わせいきなりのゴール。

交代直後のプレーで1-1の同点とされます。

 

首位を盤石のものにするためにもホームでの勝ち点3がどうしても欲しいStuttgart。

73分、GKから素早く前方へつなぎ、Zimmer選手のシュートまで至りますが、GKがブロック。

追加点が奪えません。

 

逆に、76分、Sandhausenの逆襲にあいます。

60分の失点シーンと同様の形で右サイドからのセンタリングにSukuta-Pasu選手が合わせますが、決定的な形を作られながらもシュートは枠を外れ難を逃れます。

 

そして、84分、StuttgartのFK。

一度は相手にクリアされますが、こぼれ球を丁寧につなぎなおし最後はセンタリングをTerodde選手が鮮やかにボレー。

ゴール左隅に決めます。

エースストライカーがきっちり仕事をし、Stuttgartが後半戦再開後3連勝を飾りました。

 

残念ながら細貝選手の出場はありませんでした。

 

 

【試合結果】

VfB Stuttgart 2-1 Sandhausen

 

【得点】

45分 Terodde(VfB Stuttgart)

60分 Sukuta-Pasu(Sandhausen)

84分 Terodde(VfB Stuttgart)

 

以上

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

News2017/02/7

【試合結果】2月6日 VfB Stuttgart vs Fortuna Dusseldorf

 

ブンデスリーガ2部 第19節 VfB StuttgartはホームにFortuna Dusseldorfをむかえました。

細貝選手はベンチスタートとなります。

 

試合は序盤からホームのStuttgartペースで進みます。

3分、Stuttgartはセットプレーのチャンスを得ますが、Kaminski選手のヘディングはゴール右に外れます。

 

続いてStuttgartは自陣からのカウンター。

マネ選手から浅野選手へパスが通り、浅野選手は持ち前のスピードでDFをかわしシュートを撃ちますが、惜しくもGKにセーブされます。

 

13分、攻め込むStuttgartに得点が生まれます。

DusseldorfのパスミスからマイボールにしたStuttgart、左サイドからのアーリークロスをTerodde選手がヘディングでたたきつけゴール。

Terodde選手は後半戦も好調を維持します。

 

さらにStuttgartのチャンスは続きます。

Terodde選手のヒールパスから、右サイドに走り込んだMane選手が中央へ折り返し、浅野選手が走り込みますが、惜しくもGKがセーブ。

得点にはつながりません。

 

追加点は前半20分。

浅野選手が中へ切り込んで空いた外のスペースへGrjic選手から速いパスが供給され、左サイドから走り込んできたGreen選手がダイレクトで合わせ2点目が生まれます。

加入二試合目のGreen選手がさっそく結果を出しました。

 

前半はそのまま2-0とStuttgartのリードのまま終了します。

 

後半に入ってもStuttgartのペースで試合は進みます。

Insua選手からのロングフィードに浅野選手が抜け出しシュートを放ちますが、ネットを揺らすことはできません。

その後もStuttgartはチャンスを作りますが、追加点を奪うことができず2-0で試合終了となりました。

 

細貝選手の出場はありませんでしたが、VfB Stuttgartが勝利。

次節の出場を期待です。

 

【試合結果】

VfB Stuttgart 2-0 Fortuna Dusseldorf

 

【得点】

13分 Terodde(VfB Stuttgart)

20分 Green(VfB Stuttgart)

 

以上

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

News2017/01/30

【試合結果】1月29日 FC St. Pauli vs VfB Stuttgart

 

ブンデスリーガ2部 第18節 ウィンターブレイクを挟んだ後半戦の初戦。

VfB StuttgartはアウェーでFC St. Pauliと対戦。

前半戦3位でフィニッシュしたStuttgartとしては自動小各県の2位以内を目指すためにも落とせない再開初戦です。

細貝選手は、この試合は遠征メンバー入りしませんでした。

 

前半14分、最初にチャンスを作ったのはStuttgart。

新加入のGreen選手が左サイドを駆け上がり中へ折り返し。

得点には結び付きませんが、積極的に攻撃に参加します。

 

逆に16分、St. Pauli右サイドからのセンタリングが枠をとらえてきますが、GKのLangerak選手がセーブ。

 

19分、浅野選手からGentner選手にクロスが入りますが、得点には至らず。

続いて21分、Insua選手から浅野選手にパスが供給され、この試合初めてのビッグチャンス。

しかし、浅野選手のシュートはGKにセーブされ決めきれません。

39分の選手のシュートも枠をとらえきれず、0-0のスコアレスでハーフタイムを迎えます。

 

後半に入り、StuttgartはGreen選手に替え、Mane選手がIN。

17分、Mane選手のシュートはDFにブロックされますが、徐々に得点のにおいがしてきまsぬ。

24分にはMane選手から浅野選手、そして浅野選手がシュートするも、枠をとらえきれません。

 

そして、試合終盤の39分、スコアが動きます。

Ginczek選手のパスが空いてDFに跳ね返り、そのボールに素早く反応したのはMane。

相手ゴールに蹴り込み、アウェーのStuttgartが先制します。

結果、この得点が決勝点となり、Stuttgartが後半戦の再開を白星で飾りました。

 

 

 

 

 

【試合結果】

 

FC St. Pauli 0-1 VfB Stuttgart

 

【得点】

 

84分 Mane(VfB Stuttgart)

 

以上

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

News2016/12/19

【試合結果】12月18日 Würzburger Kickers vs VfB Stuttgart

ブンデスリーガ2部 第17節 VfB Stuttgartはアウェーで8位のWürzburger Kickersと対戦。

前節敗戦となったVfB Stuttgartとしては、勝って前半戦を終えたい大事な試合となります。

 

細貝選手は怪我から復帰して初めてのスタメン入りです。

 

試合は序盤から、ビュルツブルクが積極的に仕掛けていきます。

最初にゴールを揺らしたのはホームのビュルツブルク。

前半27分、Benatelli選手からRama選手へパス、Rama選手のシュートがこぼれてポストに跳ね返ったところを再びBenatelli選手が蹴り込みゴール。

 

直後の29分、シュトゥットガルトもチャンスを作ります。

左サイドのInsua選手のクロスをTerodde選手が合わせてヘディングも、シュートはバーを越えていきます。

 

40分、ビュルツブルクのコーナーキック、混戦となったところをSchoppenhauer選手が蹴り込み、ビュルツブルクが2点目

シュトゥットガルトはリードを広げられます。

 

後半、シュトゥットガルトは、細貝選手とMaxim選手を下げ、Zimmer選手とZimmerman選手を入れます。

 

後半も流れは変わらず、ビュルツブルクのペースが続きます。

シュトゥットガルトも時折良い形を作るものの、フィニッシュを決めれずに得点が生まれません。

両チームに得点がなかなか生まれない状況が続きましたが、80分、自陣からのペナルティーアーク付近からのカウンターからビュルツブルクのDaghfous選手が得点。

リードを3点に広げ、勝利を決定づけました。

 

前半戦最終節は敗戦となったものの、ここからウィンターブレイク、トレーニングキャンプを挟んで、後半戦は1月29日のザンクトパウリ戦で再開します。

後半戦での巻き返しに期待です。

 

【試合結果】

 

Würzburger Kickers 3-0 VfB Stuttgart

 

【得点】

 

27分 Benatelli(Würzburger Kickers)

40分 Schoppenhauer(Würzburger Kickers)

80分 Daghfous(Würzburger Kickers)

 

以上

Tweet about this on TwitterShare on Facebook