News2017/08/5

【試合結果】8月5日 J1第20節 柏レイソルvsヴィッセル神戸

3試合で2敗1分けと調子の出ないレイソル。

ホームに夏の移籍期間中に元ドイツ代表ポドルスキ選手を加えたヴィッセル神戸を迎えます。

 

勝点3を取りたいレイソルでしたが、開始早々に失点。

クリアのこぼれ球を三原選手に右足で決められ先制を許してしまいます。

早い段階で同点に追いつきたいレイソルでしたが、前半はなかなか試合の流れを引き寄せられません。

得点を奪えぬまま1点を追いかける展開のまま折り返します。

 

後半開始後はレイソルが流れを引き寄せます。

50分、クリスティアーノ選手のパスをディエゴ・オリベイラ選手が決め速い時間で同点に追いつきます。

その後はなかなかゴールを奪うことができませんでしたが、67分に神戸の田中選手が退場、数的優位に立ったレイソルは一気にペースをつかみ、72分にクリスティアーノ選手が追加点を挙げ逆転、76分には中山雄太選手が決め試合を決定づけます。

その後もヴィッセルの攻撃を確実に抑えたレイソルが勝点3を加えることに成功しました。

 

細貝選手の出場はありませんでした。

 

■柏レイソル公式サイト 試合結果

http://www.reysol.co.jp/game/results/2017/170805.php

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

News2017/07/30

【試合結果】7月30日 J1第19節 ベガルタ仙台vs柏レイソル

 

3週間の中断期間を挟み、久々のリーグ戦となったJリーグ。

中断直前の2試合で連敗を喫してしまったレイソルとしては、中断期間で悪い流れを断ち切っていきたいところ。

優勝戦線に踏みとどまるためにアウェーゲームとはいえ勝ち点3が欲しいゲームとなります。

 

試合は、両チームが序盤からチャンスを作りますが、両GKのファインセーブなどもあり得点にはつながりません。

スコアレスのままハーフタイムを迎えます

 

先制点はレイソルでした。

68分、クリスティアーノ選手のセンタリングから伊東選手が頭で合わせゴール。

アウェーの地で先制点をもぎ取ります。

 

逃げ切りたいレイソルは76分に細貝選手を投入します。

しかし、後半アディショナルタイムに仙台・中野選手に決められ、まさかの同点。

そのまま試合終了となり、1-1のドロー。

勝点3を持ち帰ることはできませんでした。

 

■柏レイソル公式サイト 試合結果

http://www.reysol.co.jp/game/results/2017/170730.php

 

以上

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

News2017/07/8

【試合結果】7月8日 J1第18節 セレッソ大阪vs柏レイソル

 

前節、3位の鹿島アントラーズに敗れ首位のポジションをセレッソ大阪に譲った柏レイソル。

今節はアウェーの試合となりますが、上位争いを演じているセレッソには負けられない試合となります。

 

序盤からペースを握ったのはセレッソ大阪。

今シーズン好調の杉本選手を中心に積極的にシュートを放ってきます。

レイソルは我慢の時間が続きましたが、前半終盤にチャンスを作ります。

40分、手塚選手のミドルシュートはセレッソ大阪GKのキム・ジンヒョン選手に抑えられますが、41分、クリスティアーノ選手のクロスに武富選手が合わせゴール。

アウェーのレイソルが先制します。

後半立ち上がりもレイソルのペースで採算決定機を迎えますが、ここでゴールを奪えなかったのが響きました。

61分、丸橋選手のCK、こぼれたところを杉本選手が押し込みセレッソが同点に追いつきます。

そして70分、右サイドの水沼康太選手が速いクロスを入れると、ニアサイドにいたソウザ選手がダイレクトで合わせゴール。

セレッソが逆転します。

アウェーでの勝ち点1を持って帰りたいレイソルは終盤に猛攻を仕掛けますが、万事休す。

前節の鹿島戦に続いての敗戦で、連敗を喫してしまいました。

 

■柏レイソル公式サイト 試合結果

http://www.reysol.co.jp/game/results/2017/170708.php

 

以上

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

News2017/07/2

【試合結果】7月2日 J1第17節 柏レイソルvs鹿島アントラーズ

 

第17節、首位の柏レイソルはホーム日立台に3位の鹿島アントラーズを迎えます。

優勝を狙うためには、ホームでの上位直接対決で勝点3を奪いたい試合になります。

 

試合は、鹿島がぽセッションを高めていく中、レイソルはカウンターでチャンスを作ろうとします。

24分にはクリスティアーノ選手のポストプレーから大谷選手が反応しシュート、ボールはDFの股を抜きゴール。

レイソルが先制点を奪います。

鹿島は39分にビッグチャンスを迎えます、レアンドロ選手がペナルティエリア内で中村航輔選手を交わしますが、シュートはカバーに入っていた輪湖選手がブロック。

1-0のまま柏がリードして折り返します。

 

後半に入り、鹿島のGKと中川選手が接触、鹿島GKのクォン・スンテ選手が負傷し、鹿島GKは曽ヶ端選手に交代します。

そして流れはここから鹿島ペースに、53分に金崎選手、56分にはFKから永木選手に得点を奪われます。

しかし、首位のレイソルも負けてはいられません。

直後の62分には、右サイドの伊東選手から小池選手にパス、小池選手の折り返しをクリスティアーノ選手が押し込み、レイソルが同点に追いつきます。

 

1位と3位の直接対決らしく、お互いに負けられない一進一退の攻防となった試合でしたが、72分に鹿島のペドロ・ジュニオールが得点を奪い2-3。

結局これが決勝点となり、3位の鹿嶋がレイソルに勝利しました。

この試合での細貝選手の出場はありませんでした。

 

■柏レイソル公式サイト 試合結果

http://www.reysol.co.jp/game/results/2017/170702.php

 

以上

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook