News2017/04/9

【試合結果】4月8日 柏レイソル vs 清水エスパルス

 

移籍後、初めての日立台でのゲームをむかえた細貝選手。

前節と同様にベンチスタートとなります。

 

序盤、清水は鄭大世選手がゴールに迫りますが、柏はDF陣が踏ん張りゴールを決めさせません。

逆に柏もディエゴ・オリベイラ選手がシュートを放ちますが、惜しくもボールは枠をとらえられず枠の外へ。

柏はその後も徐々にポゼッションを高めて清水ゴールに迫ろうとしますが、清水のDFをなかなか崩すことができません。

逆に清水はカウンターからチャンスをうかがいます。

 

後半開始直後に清水・金子選手のスルーパスに抜け出した鄭大世選手がシュートを放ちますが、このシュートは枠を外れ、柏は何とかピンチをしのぎます。

後半14分、手塚選手がミドルシュートを放ちますが、清水DFにブロックされ決めきることができません。

後半19分、清水・村田選手がドリブルで中に切り込みあげたクロスが手塚選手にあたり、こぼれたところを鄭大世選手が押し込んで清水に先制されます。

 

一点を追う柏は、後半20分に大津選手に替え伊東選手を投入。

後半22分には小池選手が右サイドからセンタリング、ファーサイドでクリスティアーノ選手がヘディングで合わせますが、枠の左へ外れます。

 

後半31分には中川選手に替え小林選手を投入。

直後の後半32分、交代で投入された伊東選手が右サイトから中央にグラウンダーのボールを入れると、中でクリスティアーノ選手がスルー、大谷選手が合わせますがこのシュートも枠をとらえきれません。

攻めてはいるもののなかなか決めきれないまま時間が過ぎていきます。

 

後半35分、清水のカウンター。

村田選手のセンタリングに白崎選手がダイレクトで合わせますが、バーをかすめゴールラインを割ります。

早く追いつきたい柏ですが、チャンスをつかめず逆に清水のカウンターを受ける場面が増えていきます。

 

そして迎えた後半アディショナルタイム、またもや清水のカウンター。

最後は鄭大世選手のスルーパスに抜け出した、ミッチェル・デューク選手にゴールを決められ万事休す。

0-2となり、このまま試合終了となります。

 

攻めてはいるもののなかなか決めきれない柏、昨シーズンから続くホームでの連敗を5に延ばしてしまいました。

残念ながら細貝選手の出場はありませんでした。

 

今週はミッドウィークにルヴァンカップのアウェー大宮戦を挟みます。

細貝選手の出場が待たれます。

 

 

【試合結果】

柏レイソル 0-2 清水エスパルス

 

【得点】

65分 鄭大世(清水エスパルス)

90+2分 ミッチェル・デューク(清水エスパルス)

 

以上

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook0