Diary2021/11/29

vs ジュビロ磐田 0-0

 

昨日も沢山の応援ありがとうございました。

 

 

 

 

まず昨日の試合内容の守備面について少し。

前回のブログでも少し触れましたが、個人的には、僕自身はもちろん、チーム全体の攻守面での強度をもっともっと上げたいと思っています。
ここ最近はチームの攻守面での強度は以前よりも上がっているとも思っています。

でも、上位を狙えるようなチームに比べると僕自身もそしてチームもまだまだ足りないのかな…と。

当然だけど強度を上げるという事は、球際でハードにいかなくてはならないし、その為には全体の攻守の切り替えを速くしなくてはならない。

球際でハードにいくとなると相手を常に捕まえられる距離に置かなくてはならないのでポジショニングなども大切になってきます。

そんな中、中盤の中央でプレーする僕自身がもっとやれてれば‥という気持ちはもちろん強いのですが、、、

どうにかチームの力になれるように今後も努力していきます。

 

そして、昨日の対戦相手のジュビロ磐田に関しては中盤のヤット(遠藤保仁)さんを中心にゲームを組み立ててくるチームなのはもちろんなのだけど、常に背後を狙いながらポストプレーをするルキアン選手が前線にいる為、前節トライしたようなDFラインに上げてもらうというよりは、相手選手が蹴れる状態の時はまずは背後のケアをして欲しいと声をかけていました。

僕個人的にはもっとラインが下がって間延びしてしてしまう時間帯もあるかもとは思っていたのですが、そこはCBの広大(渡辺)とハタ(畑尾大翔)と話していた通りに背後をケアしながらもしっかりとルキアン選手のフタをしてくれていたので中盤でプレーする僕と祐三(岩上)が僕が予想していた以上にDFラインに吸収されてしまうことがそんなに多くなく、それによって生じてしまう可能性があったチーム全体の距離感の問題も少しは良くなったのかなと思います。


ゲーム運びでチームがうまくいってない時は前線でプレーする元紀(大前)と翔太(青木)が攻守共に孤立してしまい、他の選手との距離が空きチーム全体が間延びしてしまうのも問題点の一つだと僕は思っているので。。
 

 

 


でも、対戦相手にあのような素晴らしいストライカーがいる中で、DFラインが事前に話していた通りにまずは背後のケアをしながらフタをしてくれたことで、一番怖かったルキアン選手が背後に抜けていくような場面が少なかったのはチームにとっては良かったのかなと思います。

もちろん僕個人、チームの課題はまだまだ多いけれど、必死にやっていきたいと思います。
おっと、、守備面のことに少し触れただけでも少し長い文章になってしまいましたね‥。申し訳ない(汗)。。。

 

そして、サポーター、ファン、ザスパクサツ群馬を応援してくださる皆様の力は間違いなく僕ら選手たちの心に響いています。

ここぞという場面で僕らが頑張れるのは本当に皆様のお陰。

そんな中で最終戦まで残留を確定させることが出来てなくて本当に申し訳ない。。
 

 

 

でもあと一つ。アウェイの地での闘いにはなりますが、是非皆様の力を貸して欲しい。

その試合に向け僕らザスパクサツ群馬はしっかりと準備して試合に臨むことを約束します。

 

Hajime Hosogai.

 

Diary2021/11/22

vs 新潟 0−0

こんばんは。

昨日もたくさんの応援ありがとうございました。

 

 

 

 

タイリーグでのシーズンを4月7日に終え、サッカー選手としてこの先もまだまだやりたいと思ったからこそ、、、一度自らサッカーから離れる時間を作り、ザスパクサツ群馬に数ヶ月間待ってもらっていました。

8月に入ってから日本に帰国し、9月末にザスパクサツ群馬に合流し別調整での練習を再開して、10月末に全体練習へと合流。

 

そして、、、先発出場して90分間プレーしたのは3月28日以来となりました。約8ヶ月ぶり‥。

全体的な感覚は悪くはなかったものの、試合勘などはまだまだ‥。。球際での課題も多いし、もう一歩寄せられない場面も多かったように思います。

僕個人のポジショニングが悪く、サポートやカバーが出来なかったり‥。ゲーム内容で厳しい状況ではありましたが、ザスパクサツ群馬の中央にいる選手としてゲームをうまくコントロールすることが出来ませんでした。

 

 

 

特に昨日の試合では、J2でボールポゼッション率NO1を誇るアルビレックス新潟と、僕らザスパクサツ群馬の差はやはりまだまだあると言わざるを得ないような内容だったように思います。

その中で僕自身は実際に公式戦でプレーする感覚を、試合の中で少しずつですが取り戻す作業もこなしながらの90分間でした。

 

ゲーム内容としては相手にボールを持たれるのはある程度試合前からイメージはしていたものの、前半15分~20分ぐらい経った時には予想以上にボールを保持することが難しいと判断し、自分の中で一度しっかりと頭の中をクリアにさせ、味方選手へのコーチングも変えていったのが正直なところ。

うまくいっていた、いっていないは別として、チーム全体で引いて守るという気持ちは僕には全くなく、出来る限りCBのラインを下げずに後ろには出来る限り高い位置でキープしてもらいながら、中盤の中央にいる僕と(岩上)祐三の2枚が後ろに吸収されないよう努力し、その中で全体の守備的な部分の強度をもう少し上げてくことにフォーカスしていました。守備の強度を上げること。まずはここかなと。。

 

 

もちろんボールを奪ってからの課題などなど‥、、チーム全体としての課題は沢山あるのですが、話しも長くなるのでそこはまたいつか(笑)。

 

そして、チーム全体で球際での強度を上げる為には選手同士で話すのはもちろんなのだけど、その強度を多少荒くてもまずは僕自身が表現していくことが大切だと判断していました。

 

 

だから試合中は多少荒ぶっていたように見えてたとは思うのですが、頭の中は凄く冷静でいたのが本音。でもそこは僕自身も今後しっかり考えながらプレーしていきたいと思っています。

 

日本のレフェリーの笛の感覚は、僕がこれまでに体験してきたヨーロッパともアジアとも違うところがあるので、そこは僕自身がもっと慣れてアジャストしていかなければ。と‥。

その中で僕個人的な部分で言えばピッチ上でどれだけ相手選手、相手のサポーターの方々や相手のファンの方々に良い意味で嫌われるようなプレーが出来るか。そこにもっともっとフォーカスしていきたいと思っています。

今後どれだけ嫌な選手でいれるか。

 

残り2試合。絶対にやれる。

いつも本当にありがとう。

 

しかし、、、最近サッカーの話しが多いですね‥。申し訳ない‥(汗)。

サッカー以外の事ももっと更新していければと思います。まずは、、、明日も頑張るぞ。

 

 

Hajime Hosogai.

 

Diary2021/11/8

サッカー選手をやっていると落ち込む時ももちろんあるし、これまでに目の前にいくつもの壁が立ちはだかり、何度もその壁を一つ一つ乗り越えてきました。

何も考えなくてもガムシャラにやってうまくいくときもあれば、出来る限りの準備をして臨んでも全くうまくいかない時も多くあります。

それはサッカー選手だけじゃなくて他の職業の皆さんにもそういうことがあると思うけど、うまくいかなかった状況に遭遇した時、いかに自分自身に目を向け、自分をコントロールできるかが大事だという記事を以前目にしました。

自分の意志をどこに向け、どこに集中し、どこから手をつけるか。まずは自分自身と戦うんだ。と書いてありました。

 

例えば、チーム全体がうまくいかない時、個人的にもうまくいかない時、人はどうしても自分以外の周りに目がいってしまい、周りへの不満や愚痴、それが普段の態度から出てしまうように思います。

僕らサッカー業界で言えば、クラブ、監督、スタッフ、そして一緒にプレーしている選手だったり、環境面などへも目が向けられることもあります。

うまくいっている時はそんなことないのに、うまくいかないときこそ悪い流れになる。

僕もサッカー選手としてベテランと言われる年齢になって、何度もうまくいかない時期を過ごしてくると、難しいと思われる時期こそ自分自身に目を向けどれだけ深く向き合えるかが大切なように思います。

しっかり自分をコントロールし、自分をきちんと見つめ、時には自分自身と闘う必要があるのかなと。

 

ちょっと文章で自分の意見をバーッと書いていくと、どこまで皆さんに伝わるかはよくわからないんだけど、、、

僕自身がまずは自分としっかり向き合うことで、その姿勢から若い選手はもちろん、チームの皆、そしてザスパクサツ群馬を応援してくださる方、僕個人を応援してくださる方に何か感じ取ってもらえればと思っています。

 

今日も練習場でしっかりやってきました。

また明日一歩前進していきたいと思います。

 

 

いつも応援ありがとうございます。

 

Hajime Hosogai.

 

Diary2021/11/8

vs SC相模原 1−1

悔しい‥。1−0でリードしていた後半32分に出場し、そのわずか1分後、ボールに一度も触ることなく失点。。

かなり押し込まれている時間帯に試合には入ったものの、その流れを変えることが出来ずスムーズにゲームへと入っていくことが出来ませんでした。。

 

個人的にも、出したいタイミングで受けて側とのタイミングが合わず、躊躇している間にボールを失いピンチを迎えたりと、結果的にプレーしていた13分間+アディショナルタイムではイメージしていた感覚でプレーする事が出来ずに終わってしまいました。

何より1−0とリードしている状況から試合に入ったからこそ、勝ち点3の状況のままゲームを終わらせる事が出来なかったのことがとても残念。

失点シーンに関しても誰が悪いとかではなく、僕にはチームの課題もある程度見えていると思っています。そこには僕らボランチの責任ももちろんあり、他にも元々ある課題が2つ重なったシーンだったように思います。

改めて、、観ている時にはある程度理解しているはずの問題点を、難しい時間帯だったとは言え、ピッチ内に入ったときに修正出来なかったことがとても残念。頭ではわかっているのに。

 

もちろん各々の選手が他の選手に求めるものがある中で、チームが良い方向に向かっていけるよう僕がもっと努力しなくちゃいけない。

ザスパクサツ群馬を応援してくださる皆様、申し訳ない。

 

でも、今シーズンは絶対に耐えなきゃいけないと思ってる。

これからのザスパクサツ群馬は自分が引っ張っていく。

 

また今日からしっかりトレーニングを積み、また一歩前進します。

沢山の応援ありがとうござました。

 

Hajime Hosogai.