Column2020/04/18

【Column-079】 [微笑みの国で-17] 『延期されたリーグ』

細貝萌が戦うタイリーグ1は、新型コロナウイルスの流行によって中断されていたリーグの再開を今年の9月と決定し、リーグ終了を5月とする日程変更を発表した。つまり今回のウイルス流行に伴って、当初は3月から11月まで実施していた『春秋制』から、9月から翌年5月までの『秋春制』へと変更したのだ。細貝が言う。

「このタイミングで、タイリーグはヨーロッパの主要リーグと同じ時期のシーズンへ変更することを決断した。また9月からというのも、それまでにタイ国内で新型コロナウイルスの感染が終息していることが条件になっていると思う。今のタイ国内は感染者が増加していない早い段階に商業施設やレストランなどを休止し、コンビニエンスストアも夜の営業を取りやめるなどの行動制限を施すことでデータ上では感染者数が減ってきていて、治癒され退院している方も増えている。ただ、ここで気を抜けば再び蔓延の可能性もあるから、今は慎重に様々なことを判断しているのだと思う」

 

シーズンの再開が9月まで延期されたことで、細貝を含めたタイリーグ1でプレーする各選手は急遽長期のオフ期間を過ごすことになった。

「クラブの活動は、これからミーティングなどを重ね、その後はクラブからのアクションを待ちながら当面は約2か月半の長期オフに入る。その間、当然だけど僕は日本へ帰らずにバンコクに留まります。日本に帰る選択肢は今のところないですね。その理由としては、まずはここから日本へ帰るまでに空港などの公共施設を利用することになるけれども、それ自体が感染のリスクへと繋がる。また、僕や家族がもし感染しなかったとしても、国を行き来することで他の方にウイルスを移してしまうリスクもあるわけで、他人に迷惑かける可能性も避けなきゃいけない。今は殆どの時間を自宅で過ごすわけだけども、それはバンコクでも日本でも同じことだから、僕自身の考えとしては『Stay at home』の意識で、こちらで生活を続けるしかないかな。ただ、その間、オフ期間中の過ごし方については、これまでと異なるアプローチで取り組まなければならないと思っている。例年は海外でプレーしていても一度日本へ帰国して、そこで馴染みのトレーナーやマッサージ師の方などと体のケアについて相談しながらトレーニングに励んでいたけども、今回は彼らをバンコクに呼ぶこともできないわけだから、普段のシーズンOFFとは全く状況が違う。今の心配は、そのようなイレギュラーな状況でリーグ再開までにしっかりと自らのコンディションを維持できるかどうかだと思っている」

 

現状では細貝、そして妻と娘の体調は良好で、何も問題はないという。娘の幼稚園は閉園されており、家族全員が自宅で過ごす状況だが、細貝は今だからこそできるコミュニケーションを図ろうと考えている。

「今は妻と娘が一緒に料理したりしていますよ。また僕自身も娘と遊ぶ時間が増えましたね。ですが、行動が限られる今もっともっと遊んであげないとと毎日反省することも多いですね」

 

『そして今だからこそ』という思いは、今後の細貝自身の人生にも生かしたい指針でもある。

「こういうときに何が重要かを考えるのは大切なことですよね。30代も中盤に差し掛かって、僕のサッカー人生も長くないことを実感している中で、将来、サッカー選手の後の人生がすでにスタートを切っているとも思っている。このオフをどう過ごすか、そしてどのようなリズムで、今後の人生設計や周囲の方々との関係性にも変化が生まれるのかな」

 

世界中がウイルスの流行、感染で危機的な状況に陥る中、それでも明るい未来があることを信じて、その時に向けて熟慮して、制限付きながらも行動できることはたくさんある。

『今だからこそ』。その言葉が、今の細貝を突き動かす重要なキーワードになるのかもしれない。

 

 

 

Column2020/04/5

【Column-078】 [微笑みの国で-16] 『バンコクの今』

新型コロナウイルスの流行は細貝萌が住むタイ・バンコクにも深刻な影響を及ぼしている。

 

「最初はバンコクも新型コロナウイルスの流行がゆっくりと進行していた印象だったけども、今では毎日100人以上の方々が感染する状況になってきました。街中のレストランは休業になって、テイクアウトの販売サービスのみになりましたね。また、デパートなどの商業施設も10日ほど前から休業になったし、バーなどの夜遅くまで営業していたお店も当然営業を停止している。4月3日からはコンビニエンスストアも夜間は営業を停止しています。」

 

家族とともに現地で暮らす細貝だが、今のところ家族全員、体調面に問題はないという。バンコク市内では食材などの生活用品を購入できるスーパーマーケットは営業を続けており、商品も十分に販売されていて特定のものが品薄になる状況ではない。現状ではできる限り外出を控え、人との接触を制限することで予防に努めている状況だ。

また、タイの国内サッカーリーグであるタイリーグ1も現在は中断中だ。当初は4月18日の再開を目指していたが、現状を踏まえて5月2日再開へと延期された。その結果、細貝が在籍するバンコク・ユナイテッドは10日間の全体練習休止を発表した。

「10日間のオフ期間ということだけども、それでも再開に向けてコンディションを維持しなければならないから、この間も工夫をこらして室内でのトレーニングが続いている。例えば5人一組のグループを形成して、そのグループ毎に時間差で練習場に集まってトレーニングをする日が2日ある。また、この前はオンラインで各選手とフィジカルコーチを繋いで、それぞれの自宅でフィジカルメニューを実施したりもした。遠隔でのトレーニングになるから、その練習負荷は結局本人の意思に委ねられることになる。自分の気持ち次第で厳しくも緩くもできるわけだからね。だから、僕の場合は一層意識を高めてトレーニングに励んでいる。また、たとえオンラインでもチームメイトやコーチとコミュニケーションを図れるのは良いと思う。それによって始動した時などにチーム内の結束力も高まるからね」

 

先の見えない状況でも、細貝はいつか必ず訪れるはずの『サッカーのある日常』に向けてモチベーションを高めている。

「今はタイ国内だけでなく、世界中が深刻な状況。サッカー界で言えば、様々なクラブ、チームが同じような苦難を抱えている。この中断期間中はどのチームも様々な難しさを感じていると思う。自分に限って言えば、開幕からの4試合でチームも個人のパフォーマンスも好調だった中での中断だったから、その点は残念だった。それでも、今は逆にハードスケジュールをこなしていたことで蓄積していた疲労を取る、良いブレイク期間だと前向きに捉えようとしている。今はただ、このウイルスの流行が収まることを心から願っています。そのためには自分も日々の生活の中で予防に努めて、その行動を律しなきゃいけない。当たり前だけど外食などはもちろん、外で友人や知り合いと会う機会は当然ない。ただ、それでもウイルスというのは誰もが罹患する可能性があるわけで、だからこそ、罹患してしまう確率を極力下げる努力をしていきたい。いくら全力を尽くしても、罹るときはかかってしまうと思うから」

 

ウイルス感染の沈静化を願い、細貝は来たるべき未来へ向けて、自らが為せることに全力を尽くしている。

(了) 

 

Column2020/03/3

【Column-077】 [微笑みの国で-15] 『リーグ4連勝。今が充実のとき』

バンコク・ユナイテッドはタイリーグ第4節で昨季リーグチャンピオンのチェンライ・ユナイテッドと対戦して4-1で勝利した。これでチームは開幕から無傷の4連勝。細貝萌はターンオーバーで途中出場した第3節のサムットプラーカーンFC戦以外の3試合でフル出場し、チェンライ・U戦ではタイ移籍後初ゴールをマークした。

「ゴールは良い場所にいたから取れた。ゴールに関しては正直言って別に自分じゃなくても、誰かがゴールして勝てればいいんだよね。それでも80分過ぎまで1-1の状況で、自分が決めて2-1とリードできたのはかなり大きなことだった」

 

この結果により、バンコク・Uはリーグ戦で首位を堅持した。また試合内容に関しても、細貝自身は手応えを掴み始めているという。

「4試合やって勝ち点12。チーム内はかなり雰囲気が良いと思う。以前のコラムでも触れたけども、自分は今、ボランチのポジションでありながらも試合の流れの中でセンターバックのような役割も課せられている。その『ボランチ兼センターバック』というポジションが今は自分に一番合っていると感じる」

 

昨季のバンコク・Uはリーグナンバー1の得点数を誇りながら、失点の多さで勝ち星を逃していた。今季はその守備の問題を、細貝を獲得(ブリーラム・ユナイテッドからのレンタル)することで解消した形だ。

「昨年もそうだったけども、今は自分が信頼されていると感じる。去年のブリーラムでもコンスタントに試合出場できていたので充実していたけれども、今は(アレシャンドレ・)ペルキンク監督と今までにないぐらい良好にコミュニケーションが取れていて、よりプレーに専念できている。自分に与えられている役割がとてもはっきりしているんだよね。例えばサムットプラーカーン戦は先発では出なかったんだけど、これは7日で3試合というハードな日程だったのが理由だった。実際にその前の試合からは6人が入れ替わった。それも事前に監督から、『次のチェンライ戦に備えさせたいから』としっかり説明してくれた。ただ、サムットプラーカーン戦の後半に自分たちのチームがリードしていたら『途中出場させる』とも言われていて、実際に2-1になった瞬間にピッチへ立った。監督とは『2点差、3点差の状況だったら試合に出ることはない』とも話していたけどね。それは中2日で戦うチェンライ戦に備える為にも。僕はもう、若くないから(笑)。試合前からいろいろなことを話す中でしっかりと監督の思いを感じることができたし、僕も監督に対して『ターンオーバーするのは今後の若い選手たちにとっても良いことだ』と伝えたよ。そして何より、多くの選手が入れ替わった試合でチームが勝ち点3を取れたことが大きかった。今は監督、チームが自身のことを大切にしてくれる。だからこそ自分の役割に邁進できていると思う」

 

ただ、バンコク・Uはまだまだ気の抜けないポジションにいる。次節の対戦相手はバンコク・Uと同じく開幕から4連勝を達成して得失点差で2位につけるラチャブリーFCだ。しかも、このラチャブリー戦からは再び中3日、中3日の連戦が続く。また、新型コロナウイルスの発生はタイ国内にも深刻な影響を及ぼしており、今後の大規模イベント開催についても不確定要素が増えている。タイリーグでは3月の無観客試合が決まり、今後は試合延期やスケジュール変更の可能性もあり、チーム及び選手はその中でコンディションを維持しなければならない。

それでも、今の細貝には充実感が漂っている。

「今季のバンコク・Uはシーズン開幕後にチームのエースストライカーがケガをしてしまった影響で急遽ブラジル人FWを獲得したけども、それ以外の新戦力は僕ひとりだった。残りの選手は全て昨季のリーグで4位に入ったメンバーだから、僕が加わったことでチーム成績が向上していくのならば、これほどやり甲斐のあることはない。自分としては、まずは守備の選手として失点しないように努力していく。失点しなければ少なくとも敗戦することはないわけだからね。そして、今はとにかく行けるだけいきたい。リーグでアドバンテージを握りたいね。その結果、シーズンの最後に頂点へ立てるように、頑張っていきたいと思う。今年の僕は、今まで以上にやらなきゃいけない理由がある」

これから盛夏を迎えようとしている灼熱のタイで、細貝は自らの存在意義を着実に見出している。

(了)

Column2020/02/20

【Column-076】 [微笑みの国で-14] 『タイリーグが開幕』

 

2020シーズンのタイリーグが開幕。

 

今季から細貝萌が所属するバンコク・ユナイテッドはホームでの開幕戦でプラチュワップFCを2-0で下した。

「今季公式戦初戦でスタメンフル出場できた。僕に任されたポジションはボランチだけど、味方がボール保持しているときは自分が最後尾に下がってセンターバックのような役割へと移行する。特に攻撃的に試合をコントロールしてパス回ししているときは、僕は味方センターバックよりもポジションを下げてプレーする機会が多くなる感じなんだよね。また今回の対戦相手がカウンターを主体とするチームスタイルだったので、僕は味方守備陣と共に逆襲を受けた際に備えて守備ブロックを形成するようなシーンが多かったね。そのプレー感覚は良かったし、良い流れでゲームを進められたように思う。チームとしての後半の戦い方はまだまだだったけどね」

 

チーム最年長で、日本、ドイツ、トルコなどでのプレー経験が豊富な細貝にはチームリーダー的な役回りも求められている。攻撃面は若く血気盛んな選手に任せ、自らはゲーム状況を鑑みて全体のバランスを取る。ポジションは中盤の底だが、ときに最終ラインまで降りてディフェンスの舵取りを行う。それがバンコク・Uで細貝が担う、新たなタスクとなる。

「次からは連戦なので、僕の役割がずっと同じになるかは分からない。今回はレギュラーのセンターバックが負傷欠場している影響もあって、後半途中からはセンターバックとしてプレーしていた。もちろん自分ではセンターバックでも問題なくプレーできると思っているけども、味方が復帰したら純粋なMFとしてプレーする可能性もあるし、個人的にはどこでも問題ないと思っている」

 

長くプロサッカー人生を過ごす細貝は、シーズン最初のゲームを勝利で飾れた意味をよく知っている。

「間違いなくリーグ戦の初戦で勝利できたことは大きいよ。ドイツでプレーしていたときはDFBポカール(カップ戦)がシーズンの公式戦初戦になるケースが多かったけど、今季のタイではリーグ戦が初戦。シーズンを通してタイトルを争うリーグの開幕戦で勝利できたのは今後への弾みになるよね。リーグの初戦を良い試合内容、良い結果で終われなかったら精神的にキツイものがあるから、最初のゲームで勝ち点3を得られたのは本当に大きい。とは言え、次の3連戦はもっと重要になると思っている」

 

昨季2019シーズンのバンコク・Uは優勝したチェンライ・ユナイテッド、そしてブリーラム・ユナイテッド、タイ・ポートに次ぐ4位の成績だった。この上位3チームは2020シーズンの開幕戦で三者三様の結果となった。タイ・ポートは開幕戦を4-1で制して得失点差で首位に立ったが、チェンライ・Uは今季就任した石井正忠監督率いるサムットプラカーン・シティFCと引き分け、ブリーラムはBECテロ・ササーナに苦杯を喫して出遅れたのだ。タイ・ポートに次ぎ2位に立ったバンコク・Uとしては、その座を維持して頂点への足掛かりを築かねばならない。

「次は同じバンコクを本拠地とするムアントン・ユナイテッド、そして次は石井監督のサムットプラカーン、そして第4節はチェンライと、中2日、中2日でゲームが続くから、ここを乗り切らないと。バンコク・Uのタマサートスタジアムは25,000人収容でタイのクラブとしては大きい方だから、開幕戦のゲームですらかなり空席が目立った。バンコク・Uは首都のチームなのだから、もっと観客に来てもらえるように選手は頑張らなきゃならない。結果が付いてくれば当然サポーターもスタジアムへ来てくれると思うので、努力していきたいと思う」

 

2020シーズンの細貝はここ数年来で最も良いコンディションを維持してシーズンをスタートできた。本人に聞くと、シーズンの公式戦初戦で先発したのは2016−2017シーズンに在籍したドイツ・ブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトでザンクトパウリに2-1で勝利した際にフル出場したとき以来だと言う。

「確かに、言われてみれば、シーズン最初の試合に出場できたのは、シュトゥットガルトのとき以来だね(笑)。その意味では、今季は良い形でシーズンの開幕を迎えられたかもしれない」

 

プラチュアップFC戦でマン・オブ・ザ・マッチに輝き、第1節のリーグ・ベストイレブン、新聞紙面のベストイレブンにも選出された細貝は、勝負となるタイでの2年目で、チームと共に絶好のスタートを切った。
(了)