Column2020/01/6

【Column-075】 [微笑みの国で-12] 『新たなるシーズンへ向けた決意』

タイリーグの始動は早い。

リーグの開幕は通年2月の中旬だが、各チームは年が明ける前の12月には集合してトレーニングがスタートする。

この度、ブリーラム・ユナイテッドからレンタル移籍の形でバンコクユナイテッドへ移籍した細貝萌も当然早期に始動した。

 

「まず皆様、『明けましておめでとうございます! 本年もどうぞ宜しくお願い致します!』。ただ、僕はもう今シーズンをスタートさせています(笑) でも年末は一度オフになったので日本へ帰国し、年末年始の4日間を日本で過ごして、年が明けた1月2日にバンコクへ戻りました」

例えば会社員は異動や赴任によって生活環境が変わる。それはプロサッカー選手も同じだ。

 

細貝の場合は日本からドイツ、その後はトルコ、そしてタイと、様々な国へ渡り、様々な場でサッカーをプレーしてきた。果たして今回の移籍に関しては、どんな環境の変化があったのだろうか。

「ブリーラムはタイ東北部の田舎町。本当に田舎なんですよ(笑)。だから街の人々も穏やかだし、時間がゆったりと流れているイメージ。でもバンコクはタイの首都で、東京と同じく大都会。それと以前のコラムでも触れたけど、バンコクは道路事情が複雑で、時間帯によってはひどい交通渋滞が起こる。バイクの数もかなり多いし、車を運転するのは少なからずリスクがあるんだよね。だから今回、バンコクで暮らすうえでは自分で運転をするのはやめて、現地のドライバーを雇っている。バンコク・ユナイテッドのトレーニング施設は市内中心部から車で最低でも約1時間くらい掛かるんだけど、その行き来も全てドライバーにお願いしている」

 

バンコクには日本の各企業から赴任してきた方も多く、日本人同士が交流する機会も多々ある。バンコク市内には日本人街があり、そこには日本食専門のスーパーマーケットやレストランも数多くあるから非常に便利だ。

「僕ら家族がバンコクで住む家はとにかく立地が良いところにしたよ。妻や子どもにとってはそれが一番安心。まぁ今までもドイツの各都市や、トルコのブルサっていうイスタンブールから離れた街にも住んだことがあるし、どんなところでも基本的には何も問題ないんだけどね(笑)」

 

サッカーの話に戻すと、バンコク・Uはすでにチームの活動が始まっているが、今はようやく代表選手たちが合流したところでもある。バンコク・Uにはタイやフィリピンなどの代表選手などがおり、彼らは年末年始に掛けてワールドカップ予選やアジア地域の各大会へ出場したため、チームへの合流が遅れていた。

「そうなんです。だから、まだチーム全員で練習がそこまでできていないから、本格的な戦術面でのトレーニングはもう少し先のことになるんじゃないかな。また、僕もまだチームメイト全員の名前を覚えられていない。タイの人の名前は難しいから(笑)。でも、日々一緒にトレーニングしていることで、『この選手はこんな性格なんだ』とか、『彼はこのようなプレーを得意としてるんだ』とか、いろいろなことを学んでいるよ。自分自身のプレー感覚もだんだん掴めてきて、このバンコク・Uというチームの特徴が分かり始めている」

 

バンコク・Uはタイリーグで優勝を争うだけの戦力が揃うチームだが、それでもリーグタイトルは2006シーズンに成し遂げて以降は遠ざかっている。

「このバンコク・Uで当然タイトルを獲りたいと思っている。でも、各クラブ間のレベルや所属選手の能力は別にして、昨年在籍したブリーラムに比べると、バンコク・Uはまだ全体的に差があるように感じる。様々なファクターを突き詰めて、その差を埋めないと目標を達成するのは困難だとも思っている。ブリーラムにはタイ代表でも主力を張る選手が多かったし、外国人選手も含めてチーム全体の総合力が高い。Jリーグでも優勝を争うクラブと中位以下に留まるクラブとで格差が生まれているように、タイリーグでも明確にその序列が定まっている」

 

それでも、今の細貝には高いモチベーションがある。今年、2020年に34歳となる彼は、心に期するものがあるらしい。

「2020年、当然、僕自身はベストを尽くす。それと、今季は節目のシーズンになるのかなと思っている。どうやら僕は、このバンコク・Uではチーム最年長になるらしいね。チームで一番歳上という環境はプロ生活の中でも初めてのこと。そうなれば、僕はチーム内で最年長なりの振る舞いをしなければならない。それを聞いたときに、今シーズンは何かの節目なのかなと。でも全く嫌な感じはしないですよ。むしろバンコク・Uは今回、チーム最年長になる僕を獲得してくれたわけですよね。最年長、しかも外国人選手。普通はそんな選手を獲るのにはリスクがあるじゃないですか。もし日本だったら、チームで最年長になる外国人選手は獲ってこないでしょ? 僕はストライカーでもないわけだし。それでもバンコク・Uは僕を獲得してくれた。それだけ評価してもらっていると思うし、それを自覚している今、僕のモチベーションは非常に高いですよ」

 

2020年、細貝萌の新たな挑戦が始まる。
 

 

 

Column2019/12/14

【Column-074】 [微笑みの国で-11] 『バンコクに立つ』

 

2019年12月12日、タイ・リーグ1のバンコク・ユナイテッドは、同じくタイ・リーグ1のブリーラム・ユナイテッドに所属する細貝萌を1年でのレンタルで獲得することを発表した。

クラブからリリースが出される3日前。細貝はオフシーズンを過ごしていた日本からタイのバンコクへ戻り、翌々日にバンコク・Uのメディカルチェックに臨んでいた。

「バンコク市内の病院で、他のクラブも実施する心肺機能の検査などを実施して、正式にバンコク・ユナイテッドの一員になることが決まった。前日には家族と家探しをして、10件くらい回って住む場所を決めていたから、ひとまずホッとした」

 

バンコク・Uへのレンタル移籍はクラブ側の強い希望もあって実現したものだった。ブリーラムとの契約を残す細貝は、自らの力を欲してくれるクラブへ移籍することで自身のプレーに一層の磨きをかけたい思いもあり、今回の移籍を決断したという。

「昨季はブリーラムで多くの試合に出場させてもらった。その中で、ブリーラムは惜しくもリーグやカップ戦のタイトルを獲れずに悔しい思いをした。一方で、自分のプレーに関してはケガをしたり、出場機会を失っていた日本のときに比べると格段に良くなっている感触があったし充実していた。今はそのレベルを継続したいし、所属チームに貢献したい思いが強い。それを踏まえて、今回は自分の力を最も欲してくれるクラブで戦いたいと思った。結果、来年もブリーラムでプレーするよりも、新しい挑戦をする事が僕にとって1番刺激があり、そしてまたその選択をした方が難しい道だと判断した。だからこそこの決断をしたんだ」

 

昨季のバンコク・Uはチェンライ・ユナイテッド、そしてブリーラム、ポートMTIに次ぐリーグ4位の成績だった。一方で、このクラブの本拠地はタイの首都バンコクで、所属選手もタイ代表選手、フィリピン代表選手に加えて質の高いプレーレベルを誇る外国人選手が在籍している。細貝は、そのチームメイトたちと12月12日に初めて会い、すでに練習へ参加している。

「まだ代表選手たちは国際試合の活動があったからチームへ合流していないけど、他のチームメイトとは顔を合わせたよ。昨季の試合で顔を合わせている選手たちもいたから初対面ではないけど、『この選手は、こんな性格なんだ』とか、いろいろと感じた部分もあった。ブリーラムとの違いは、バンコク・Uの方が”外国色”が多い印象だね。その理由は、タイ人であってもどこかの国のハーフである選手も多い。ドイツ語でのコミュニケーションを取れる環境もブリーラム以上だったのには驚いた。また監督のアレシャンドレ・ペルキンクはブラジル人とドイツ人のハーフで、彼ともドイツ語で会話ができる。タイ語は難しいから今でも介することができないけど、バンコク・Uでも英語を含めた様々な言語でコミュニケーションが取れるから、僕にとっては助かっているよ」

プロサッカー選手として多くの移籍を経験してきた細貝は、すでに新天地での振る舞いをわきまえている。まずは新たな環境に順応し、そのうえで自身のパフォーマンスを向上させてピッチで成果を出す。厳しいサバイバルの場であることを十分承知したうえで、それでも細貝は新たな挑戦に意欲を燃やしている。

 

ただ、新たな生活には様々なリスクも伴う。特に衣食住の環境に関しては家族を含めて、熟慮しながら行動しなければならない。

「住む場所はバンコクの中心だね。また、バンコク・Uの練習場やホームスタジアムはバンコクの中心から離れたところにあるので、そこまでの移動には気を遣おうと思っている。例えばバンコクの交通事情は日本とだいぶ異なる部分が多くて、渋滞などはその典型的な問題だよね。また、慣れない場所での運転ではいつ事故に巻き込まれるかも分からないから、ここでは自ら運転はせず、現地のドライバーに全て任せる。ここでサッカー選手として1年しっかりプレーし続けるためには、予測できるリスクをできるだけ回避する必要があると思うから」

 

それでも、バンコクでの暮らしは細貝にさらなるモチベーションを与えてくれるだろう。

「何処に移籍しても思ってきたことだけど、このバンコクでもまた、新しい出会いがある。そこで知り合った人たちとは今後も長く付き合っていくだろうし、自分がプロサッカー選手を辞めて新たな人生をスタートさせたときにも意義のある関係を築けると思う。この先の未来がどうなるかは分からないけど、今はその将来に向けて、非常に新鮮な気持ちで臨めているよ」

 

チームは早くも始動し、年明けの1月に強化キャンプを実施した後、2月から2020シーズンのタイ・リーグ1が開幕する予定だ。

「最近のバンコク・ユナイテッドはリーグ優勝から遠ざかっているけども、能力の高い選手が多いと認識している。今はしっかりと、結果だけを求めてやっていきたい。絶対タイトルをとる」

 

タイの中で最も涼しいと言われる12月。それでも昼間には35度近くまで気温が上昇するこのバンコクで、細貝萌の新たなるシーズンが始まる。

 

(了)

Hajime Hosogai.

 

Column2019/12/12

【Column-073】 [微笑みの国で-10]『再び新天地へ』

 

細貝萌のバンコク・ユナイテッドへの移籍が決まった。

2019シーズンに所属したブリーラム・ユナイテッドから、同じくタイ・リーグ1に所属するバンコク・ユナイテッドが彼の新天地だ。


「ブリーラムでのプレーを観て、バンコク・ユナイテッドから僕に対して獲得オファーがあった。その後、ブリーラムとバンコク・Uとの交渉があって、僕としても自分の力を1番求めてくれるクラブでプレーしたいという思いもあって決断した」

 

昨季のバンコク・Uは優勝したチェンライ・ユナイテッド、そして同勝ち点ながらも直接対決の成績で2位に甘んじたブリーラムと勝ち点8差の4位でフィニッシュしたクラブ。

正式名称は『トゥルー・バンコク・ユナイテッド・フットボール・クラブ』で、1988年に創設された。ホームタウンはタイの首都・バンコクだが、中心部からは約40キロ北にあるタンマサートスタジアムを本拠地としている。


「バンコク・Uはハーフナー・マイクが1シーズンプレーしていたことでも知られているクラブ。僕も昨季のゲームで対戦したけども、外国人選手の能力が高かった印象がある。リーグ戦、カップ戦ともに優勝争いをしていて、ブリーラムと遜色のない実力を備えていると思っている」

 

今回の移籍で、細貝はプロになってから総計9つのクラブに所属することになる。選手生活をスタートさせた浦和レッズ、ヨーロッパでの挑戦を始めたアウクスブルク、そしてレヴァークーゼン、ヘルタ・ベルリン(いずれもドイツ)、そして飛躍を期したブルサスポル(トルコ)での日々、再び最前線での戦いを選択したシュトゥットガルト(ドイツ)を経て、日本への帰還を決意した柏レイソル在籍時代は出場機会が減少して苦悩し、体調不良の末に再起を期したタイのブリーラムで復活への手応えを掴んだ。


「環境が変わることについての不安はないよ。これまで何度も移籍を繰り返してきたし、住む国、街の環境が変わってきたけども、それでもサッカーをプレーし続けてきた。来年は34歳になるけども、今回の移籍でも一人の人間として成長できる機会を得られるメリットを感じている。もう1年ブリーラムでプレーしていたら違った経験を積めたかもしれないけども、バンコクでの新しい日々も自分の内面に確実に積み上がるものがあると確信している。サッカー選手としてよりも1人の人間としての経験が大きい」

 

これまで辿ってきた道のりの中で得られた経験を生かせると確信している細貝は、今回の移籍を前向きに捉えている。

「クラブが変わることで当然新たなチームメイトや監督、コーチングスタッフなどとコミュニケーションをしなければならない。また彼らは日本人ではないので、それぞれの文化を尊重したうえで、彼らにも日本人である僕の考えを受け入れてもらわなくてはならない。僕は今でもタイ語を話すことはできないけど、それでもお互いの信頼関係を築けると思っている。それは今まで得てきた自分自身の経験があるから」

 

ブリーラムはタイ北東部に位置する田舎町だったが、バンコクは東南アジアでも屈指の規模を誇る大都市だ。この点については、家族にとってのメリットもあると本人は思っている。

「ブリーラムとバンコクとでは生活環境がかなり違うと思う。僕も穏やかで静かなブリーラムの街が好きだったし、どちらかと言うと僕よりも家族の方が気に入っていたぐらい。でも、まだ娘は小さいから、その点では奥さんの負担も楽になるかな。医療の問題とか、食事など、バンコクに住むことのメリットは間違いなくあると思うからね」

 

これまでも、移籍に関しては自分自身の判断で決めてきた。家族は必ず自らの決意を尊重してくれたという。

「今回も移籍の話をしたら、妻は『貴方の選択についていく』と言ってくれた。毎回そうなんだけど、妻はプロサッカー選手である僕の決断をいつも尊重してくれて、僕のサッカー環境のことを考えて『ついていく』と言ってくれる。とてもありがたいことだし、あの厳しいピッチの上で戦ううえにおいて、とても心強い気持ちにさせてくれる。もちろん、僕としては本当に家族に迷惑を掛けて申し訳ないなと思うことが、これでもかってほどにあるんだけどね」


自らのプロサッカー人生がいつまで続くのか。未来を見据えながら、細貝は新シーズンへと思いを馳せる。

「僕は来年34歳になる。正直、どう頑張っても、僕のプロサッカー選手としての残り時間はカウントダウンが始まっている。どこで、どのような選択をしてサッカー選手をやめるかも分からない(笑)。その中でも、僕自身はブレることはない。ブリーラムではシーズンを通してコンスタントにプレーできたし、充実していた。プロとして、まだまだプレーできると思った。来季はまた新たなチームに所属することになるけども、少しでも早くバンコクに馴染んで、このチームでタイトルを狙いたい。絶対にタイトルを獲ってみせる」


(了)
 

Column2019/11/4

【Column-072】 [微笑みの国で-09]『2019シーズン終了』

 

2019シーズンのタイ・プレミアリーグが終了した。

 

細貝萌が所属するブリーラム・ユナイテッドは最終節でチェンマイFCに1-1で引き分けて勝ち点を58に積み上げた。

また、同じく優勝争いをしていたチェンライ・ユナイテッドもスパンブリーに5-2で快勝して同勝ち点に並び、得失点差はブリーラムの+26に対してチェンライは+25。

しかしタイ・プレミアリーグのレギュレーションでは直接対決の成績で当該順位が決まるため、チェンライに1分1敗だったブリーラムは2位に転落して優勝を逃した。 

 

細貝が悔恨の念を述べる。

「最終節の相手のチェンマイは、優勝を争っていたチェンライと同じオーナーが運営しているチームなんだよね。だからリーグ戦では最下位なのに、選手たちの気迫が凄かった。なんとかチェンライを優勝させようという気力に溢れていて、僕らはそれに飲まれてしまったように思った」

ブリーラムはタイ・リーグカップで準決勝敗退、そしてタイFAカップでは決勝でPK戦の末にPTTプラチュアップに敗れており、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)もグループリーグで敗退したことから今季は無冠に終わった。特にタイ・プレミアリーグで3連覇を逃した結果は重く、来季のACLもプレーオフから出場しなければならない。

「ブリーラムというクラブは常に優勝を求められているクラブ。他のクラブに比べても資金力があるし、僕のような外国人選手を獲得して積極的な補強もしているからね。でも、それなのに今季はリーグ優勝を逃してしまった。また、カップ戦では過去に一度も負けたことがなかったクラブに負けてしまった」

確固たる戦力として期待されて今季からブリーラムに加入した細貝は、その役目を、結果を果たしきれなかったことに責任を感じている。

「特に外国人選手はタイトルを獲るためにチームへ迎え入れられたと思うから。昨季までは強烈なFWがいたんだけど、彼が今季移籍したことでリーグ3連覇を逃した格好にもなってしまったのは悔しい。僕は得点を求められるポジションではないけど、それでもね……」 

今季のブリーラムは細貝自身、幾つかの課題や修正点があった中で戦い続けていたと吐露する。

「僕は中盤の前目のポジションやボランチでプレーしたけども、特に守備の部分で中盤とディフェンスラインの連係がなかなか上手くいかなかったように思う。特に自陣バイタルエリア付近のスペースケアについては何度もチームメイトと意思疎通を図ったけど、結局最後まで課題を抱えたままだった。ブリーラムでは試合後にVTRなどを見てプレー内容を精査するようなミーティングをしないんだよね。その国の文化や風習などによってそれぞれ考えがあるから、その点は尊重しなければならないんだけど、その部分に関しては課題も修正しきれなかったし、僕自身戸惑った部分もあった」 

一方で、個人的なパフォーマンスと実績については過去数年に比べても充実したシーズンを過ごせた。

「シーズンのスタート時期は体調不良でチームへの合流が遅れた。キャンプなどにも全く参加できなかったので1年を通して戦えるだけの体力を備えられるか不安だったし、最初からチーム全体の中で練習ができなかったから、コンビネーション面でも不備があった。でも、実際に試合に出場してみたら、プレー感覚はそれほど悪くはなかったように思う。中盤の前目のポジションを与えられたときは慣れない役割でポジショニングのズレなどもあったけど、結局ポジションも守備的ボランチの位置でプレーする機会が増えて、月日が経つ毎にプレー内容が良くなっていったように思う」

ドイツ・ブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトで過ごした2016−2017シーズンはケガを重ねて満足いくプレーができなかった。2017年3月に加入した柏レイソルでは出場機会が減り、苦悩した末に2018シーズン限りで再び日本を離れる決断をした。そして今季、細貝は久方ぶりにチームの主力として戦い続け、シーズンを通してほぼフル稼働できた。

「体調が回復して復帰してからは、軽いケガはあったけども、リーグ戦には全て出場できた。ただ、だからこそ、リーグ優勝は成し遂げたかった」

おそらく細貝は来季もブリーラムの一員として戦い続ける。今季得られた手応えを携え、来季もまた、この東南アジアの地でプロサッカー選手の責任を果たす。

「ブリーラムという街は、とても過ごしやすい。街の規模が小さいから、多くの人が僕のことを知ってくれている(笑)。バンコクのような大都市ではないから、あまり無駄遣いをしないのも良いよね。お金は大切だから(笑)。何より家族がこの街を気に入ってくれている。子どもは今、インターナショナルの保育園に通っているけど、そこで出会った友だちのことをよく話しているよ。家ではタイ語、英語、そして日本語で会話している。いずれにしても、子どもの将来にとっても良い環境になってくれていると信じてる」

来季の目標も、すでに見据えている。

「来年は、健康で、またワンシーズンを通してプレーしたい。不測のケガは防げないけど、後悔がないように。今季も地道にトレーニングやケアを繰り返していたから大きなケガがなかったと思うんだよね。フィジカル面で確固たるベースを築いて、そのうえでサッカーを楽しめる環境を作っていきたい。来季は今シーズンよりも良いプレーをしたいし、絶対に優勝したい。来季はACLのプレーオフがあるから始動が早いんだよね。プレーオフでは、もしかしたらJリーグのクラブと戦うかもしれないし、そのときはブリーラムの一員として日本へ行くかもしれないね(笑)」

数年ぶりに充実感を得られたシーズンが終わり、細貝はまた、その先の未来を見据えている。

(了)