Column2019/07/9

【Column-071】 [微笑みの国で-08]『ブリーラムで生きるno.2』

 

2019年6月22日。タイ・プレミアリーグ、チェンマイFCとのホーム戦。

累積警告で出場停止だった細貝はACLのゲームと同じくスタンドで、4-0で快勝した仲間の勇姿を見つめていた。試合が終わり、帰路に着くと、ブリーラムのサポーターが細貝に気づいて駆け寄りサインを求めてくる。快くそれに応じ、微笑みながら記念撮影に収まった後、彼が口を開いた。


「若い頃はヨーロッパでプレーしたいと思って、浦和を巣立ってその夢を叶えた。そのあとはトルコでもプレーしたし、Jリーグの柏レイソルでプレーすることを選択したりもした。そんな中、今の自分がまさかタイでプレーしているなんて、かつては想像もしていなかった。でもね、今の自分はタイでのサッカー生活が充実しているよ。この先も何があるか分からないけど、これは自分が決めた『僕の人生』で、かけがえのない経験ができていると思っている。自分が充実感を得られて、家族が幸せな生活を送れているかが僕にとって重要なんだよね。その意味では、今、このブリーラムで生きている自分は、とても幸せな環境にあると思っている」


タイの若者はサッカーへの関心が高いが、多くはヨーロッパ5大リーグ、特にイングランド・プレミアリーグへの注目度が高く、街中にもチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドなどの選手を起用した広告看板が多く見られる。

しかし、そんなタイのサッカーシーンも日々変化しつつある。

例えば細貝の所属するブリーラム・ユナイテッドはタイの政治家でもあるネーウィン氏が多額の資金を投入してイングランド式の近代的なスタジアムを建造したり、トレーニングの充実を図ってクラブ設備の増強を行うなどして環境を整え、破格の年俸を用意して有望な選手たちを多く集めている。

細貝のような外国籍選手は住居や自家用車が支給されるなど、給料も高い次元で保証されている。

日常生活の中でも十分なサポートを得られており、現在は多くの国のサッカー選手がタイ・サッカーに注目し始めている。

その結果、タイの人々も国内リーグに徐々に関心を持ち始め、リーグ戦の観客動員数も増加傾向にある。

 

細貝がタイサッカーの印象を話す。

「今は毎試合満員というわけにはいけないけど、上位争いのゲーム、例えば今季ブリーラムと共に優勝を争っているバンコク・ユナイテッドや、人気クラブのムアントンとのゲームでは多くの観客が訪れて雰囲気の良い中で試合ができる。こちらのサポーターも熱心な方が多くて、集団でコールやチャントを歌って選手を応援してくれる。元々タイの人々はサッカーという競技が好きだと思うんだよね。だからタイの国内リーグも認知度が高まってきて、徐々に盛り上がってきているのを感じている」

 

7月に入ったタイは暑季が終わり、雨季へと季節が移り変わりつつある。40度前後を記録した灼熱の時期から、激しいスコールが頻発する時期へ。東南アジア特有の気候の中で、細貝は今、この国に着実に順応し始めている。

「ここは暑いけど、今はこういう季節が好き。ブリーラムの人々も穏やかで温かな方が多いし、田舎町特有の穏やかな時間の流れ方も好きだね。今やここは、僕のホーム。とても愛着が生まれてきたよ」

汗を滴らせながら、柔和な笑顔を浮かべる彼の姿が、ブリーラムの町並みを彩る鮮やかな新緑の木々と爽快な青空の景色に同化していた。

(了)

 

Column2019/06/30

【Column-070】 [微笑みの国で-07]『ブリーラムで生きる』

 

タイの首都・バンコクから飛行機で1時間弱、タイ東部・カンボジア国境近くにブリーラムという街がある。

 

ブリーラム空港に降り立つ前に機窓から眼下を眺めると、そこには広大な田んぼが広がっていた。空港の滑走路が見えたが、周囲に建物らしきものがない。小型のプロペラ機がひらりと降り立ち、ほんの数百メートル滑走するとクルリとUターン。右手に小さな平屋建てのビルが見えてきて、それがこの街の空港ビルだった。

飛行機からタラップで地上に立ち、そのまま歩いて空港の入り口へ。建物に入るとすぐさま荷物引き渡し所があって、僅か数分で荷物が出てきた。空港出口には客待ちのタクシーがなく、地元の人々は迎えの車か、乗り合いのバスで街の中心街へ向かう。

この街で暮らす細貝萌が言う。

 

「この街は、バンコクとは比べ物にならないほどの田舎町。街中もこぢんまりとしていて、車で10分も走れば畑と田んぼだらけの景色になる。でも、今の僕にとっては、この田舎町での暮らしが心地よく感じている。無駄遣いしなくていいし、サッカーに集中できるからね。それに、なにより、一緒に暮らす家族が気持ち良く生活してくれているから。それが一番精神的に落ち着けている要因かな」

 

街の面積は10,322.885平方メートル。人口は約1,573万人。人よりも、そこで飼われる水牛の姿の方が多いように思えるブリーラムに、タイ・リーグ1屈指の実力派クラブ、ブリーラム・ユナイテッドがある。ブリーラムのオーナーである政治家のネーウィン氏が肝いりで築き上げたプロサッカークラブは32,600人を収容するイングランド・プレミアリーグ式の瀟洒なスタジアム『サンダー・スタジアム』を構え、ここでタイのトップリーグを牽引する成績を残している。

 

「ブリーラムはサッカー人気の高い街で、ブリーラム・ユナイテッドは街の象徴として捉えられていて、とても人気がある。街中を歩くとブリーラムのユニフォームを着ている人に多く出くわすんだけど、ここのユニフォームはナイキとかアディダスなどの一般的なスポーツブランドではなくて、クラブ関係の会社で作ってるユニフォームなんだよね。でも自社で生産できるからユニフォームの値段が安くて、だからこそサポーターも気軽に入手できる。ちなみに選手は毎試合、新品のユニフォームが支給されるし、練習着も週に2回ぐらいは新品を使うよ」

 

街で一番のショッピングモールへ行くと、老若男女、多くの方が細貝の姿を見つけて声を掛ける。街の規模が小さいぶん、この街のプロサッカー選手の認知度は想像以上に高い。

まっさらな“戦闘服”に身を包み、熱狂的なファン・サポーターの前でゲームに臨む。プロサッカー選手として、これほど恵まれた環境は最先端と称されるヨーロッパを含めても、それほどないかもしれない。

「確かに。プレーレベルは間違いなくヨーロッパの方が高いけど、プロサッカー選手としての環境や待遇は、今まで所属してきたどのクラブと比べても、ブリーラムは整っているように思う。ユニフォームのこともそうだけど、ここでは試合の際の移動着なども常時10種類以上あって、毎試合『次の試合はこれ』と指定がある。移動着ももちろん関係する会社で作っているから、選手がそれを着ることがプロモーションにもつながるんだよね。また僕の場合は外国籍選手だから車も用意してくれるし、住む場所も良い環境を与えられている。選手としては、とてもありがたいよ。手厚く扱ってもらっているわけだから」

 

最高とも言える待遇を与えられる反面、このクラブには厳しい使命が課せられている。ブリーラムは目下タイ・リーグ1で連覇中。今季は3連覇を懸け、来季のAFCアジア・チャンピオンズリーグの出場権はもちろん、リーグタイトル制覇が至上命題なのだ。

 

「ブリーラムは去年、一昨年も優勝していて、今季もACLにも出場している。3年連続の優勝を目指す中で、どのチームも打倒ブリーラムを掲げて向かってくる。僕が来てからチームが優勝できないのは避けたい。『アイツがいたから優勝できた』と言われるように頑張っていきたい」

 

細貝のような外国籍選手は当然厳しいノルマが課せられる。

 

「僕は今、チームの中で一枠しかないアジア枠の選手としてプレーしている。その中で、シーズン中でも外国人選手の入れ替えは頻繁にある。今季は僕がブリーラムに来てからの5か月で6人の外国人選手が入れ替わった。自分もいつそうなるかわからない。でも、今はとにかくこの環境を楽しんでいるし、クラブ、チームのために精一杯頑張りたいと思っている」

(続く)

 

Column2019/05/28

【Column-069】 [微笑みの国で-06]『タイサッカーの発展を願って』

 

ブリーラム・ユナイテッドはAFCアジア・チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節をアウェーの韓国で戦い、全北現代に0-0の引き分け。これでグループステージ6試合を1勝1分4敗の成績で終え、勝ち点4でグループステージ4位となって決勝トーナメント進出の夢が途絶えた。

シーズン開始間際のコンディション不良でブリーラムのACL登録メンバーに入らなかった細貝萌は、チームメイトの戦いについてこんな主観を述べている。
「実際に自分がACLで戦っていないから上手くは表現できないんだけど、今のブリーラムは若い選手が多くて、ACLでは『良い経験をした」という思いだけで終わってしまっているような雰囲気になってしまっているようにも見える。例えばタイはヨーロッパのプレミアリーグやリーガ・エスパニョーラ、ブンデスリーガ、それに日本のJリーグに対しても関心が高いけど、自国のリーグであるタイ・リーグ1にはまだまだ興味が薄い。それはタイのサッカーの歴史にも関連しているんだと思うけど、やっぱりまだ、この国のサッカーファンは海外のサッカーに憧れがあって、自国のサッカーの実力を懐疑的に見ているのかもしれない。だからACLでも、韓国や日本のクラブに対して『絶対に負けられない』といった感情が本気で伝わってこない部分があるように思うんだよね。それは日本人選手の僕からすると少しギャップを感じる」

 

ブリーラムで国内リーグを戦っていると、ファンやサポーターたちのことも気になる。
「タイのファン、サポーターはそれほど過激じゃないように思う。ブリーラムに関しては、ACLは敗退してしまったけれども、リーグ戦では9戦して無敗だからかブーイングが起きたりするような状況でもない。もちろんこれは良いことでもある。他にも普段の観客数も多くなくて、ゴール裏の席も空いてしまっている。でも、それは、このリーグで戦う選手たちがもっと、サッカーが魅力的なものであることを伝えなきゃいけないことの表れでもある。タイの方々にもっともっと応援してもらえるように、僕らはプレーで示さなきゃならない」

 

タイでの生活も約4か月が過ぎた。高温多湿の東南アジアで、細貝は心の平穏を抱き始めている。
「もちろん、こっちは暑いよ(笑)。でも、生活をする分には何の不自由もない。ブリーラムはタイの首都のバンコクから飛行機で1時間、車だと5時間くらいはかかるところにある田舎町だけど、サッカーに集中するという意味では快適な街でもある。最近のタイは乾季から雨季に変わって雲が垂れ込めることも多くなってきた。夕方くらいになると激しいスコールに見舞われることもあるね。でも、それでも日中は35度前後あって暑いのは変わらない。雨になったらどうするか? いや、特に(笑)。でも、試合中に大雨が降ってきた時はどうなるんだろうとか、プレー面で気をつける部分があるかなどは考えているね。結局サッカーのことになってしまうけど」

ドイツ・ブンデスリーガ、そして日本へ戻ってからの雌伏の時代を経て、今の細貝はブリーラム・ユナイテッドというチームで常時試合出場を果たし、このチームの中心として戦えることの充実感を抱き始めている。サッカー選手にとって何より大切なのは、試合という機会を与えられる場だ。その意味において、細貝は今、この東南アジアの地に赴いたことの意味と、その意義を深く認識している。
(了)

Column2019/05/12

【Column-068】 [微笑みの国で-05]『古巣との邂逅』

 

2019年5月7日。空が夕陽で染まり、辺りが暮れる頃。タイ東部のブリーラムでは熾烈な戦いの幕開けが迫っていた。

AFCアジア・チャンピオンズリーグ・グループGの第5節。ホームのブリーラム・ユナイテッドは日本のJリーグに所属し、昨季の天皇杯で優勝してACLの出場権を勝ち取った浦和レッズを迎え撃っていた。ブリーラムは4試合を消化した時点で1勝3敗の勝ち点3。全北現代(韓国)、北京国安(中国)、そして浦和の後塵を拝して最下位に沈み、この試合で勝利しなければグループステージ敗退の危機に晒されていた。

 

ブリーラムの名物オーナーであるネウィン・チットチョープ氏が試合開始直前の円陣でコーチングスタッフと選手に発破をかけるべく号令を施す中にしかし、細貝萌の姿はなかった。彼はシーズンイン前後のコンディション不良の影響でACLグループステージに出場する登録メンバーから外れ、チームの戦いを外から見守ることしかできなかった。

「試合はベンチ脇のスタンドから観ていたよ。今の自分の所属チームのホームタウンに古巣の浦和レッズが来たことに、とても不思議な感覚を抱いている。こんなことを経験するのは、それほどないと思うからね。自分はコンディションの問題でACLのメンバーに入らなかったけど、今はリーグ戦やカップ戦で常時出場を果たしているから、率直に言って、この浦和戦には出場したかったなという思いが募った」

 

オズワルド・オリヴェイラ監督体制の浦和には、細貝と同年代や、かつてチームメイトとして戦った選手たちがいる。

「(興梠)慎三、周ちゃん(西川周作)、森脇(良太)は俺と同い年。マキ(槙野智章)、宇賀神(友弥)はひとつ下で、今も頻繁に連絡を取り合う仲だね。また(鈴木)大輔は去年まで柏(レイソル)で一緒にプレーしていた仲間だから、彼のプレーにも注目していた。この日のブリーラムの気温は34度前後で、普段ここで戦っている僕らからすると普通の気温なんだけど、浦和の選手たちにとってはやっぱり厳しかったようで、多くの選手が『ヤバイ(気温だ)ね、普段これでやってるの!?』と言っていた」

 

それでもホームのブリーラムは試合開始僅か3分で浦和に得点を許してしまう。チームメイトのプレーをスタンドから観察していた細貝は、もどかしい思いを抱いたという。

「リーグ戦で国内のチームと試合をするときよりも、浦和とのゲームの方が今の僕らの課題がよく見えたように思う。今のチームはバックラインとボランチの間のスペースを埋めきれなくて、やっぱり浦和にその局面を攻略されてしまった。ディフェンスの数は揃っているのにフリーでボールを持たれるのは、しっかりと相手に付けていない証拠でもある。単純に後ろの人数を余らせているだけでは浦和のようなチームには簡単にやられてしまう。それを目の当たりにして、今後自分がピッチに立ったときに、どのようにチーム全体を修正しようか考えていた」

 

国内のリーグ戦では、試合中にボランチの細貝が何度も声を張り上げて仲間へコーチングするシーンが見受けられた。チームの問題点、課題点を捉えている彼としては、チーム全体が共通理解を備えて改善を図らねばならない必要性を痛感している。

「当然自分だけがアクションを起こしてもチームは変わらない。ピッチに立つ選手全員が問題点を理解して、それを修正する努力をしなければ改善はされないと思う。他の選手が思うこともたくさんあるだろうしね」

 

今のブリーラムは細貝やペドロ・ジュニオール、キャプテンのスシャオ・ヌットヌムらの経験豊富なベテランもいるが、大半は20代前後の将来有望な若手タイ人選手が主力を占めている。外国籍選手の助っ人としてチームに加わった細貝は、そんな彼らのプレーレベルを引き上げてチーム全体の底上げを図らねばならないことも理解している。

「浦和戦で途中出場したFWのスパナット(ムアンタ)なんて、まだ16歳だからね。他にも20歳や21歳くらいの選手がスタメンを張る中では、国内での戦いはまだしも、ACLのようなアジアの舞台では、まだまだ経験不足が露呈してしまう」

 

 一時はペドロ・ジュニオールのゴールで同点に追いついたブリーラムだが、結局再び突き放されてホームで1-2と敗戦してしまった。その結果、決勝トーナメント進出の可能性が途絶え、グループステージでの敗退が決定した。

「もし決勝トーナメントに進出できていたらトーナメントのメンバーに登録されて自分も出場できるチャンスがあったけど、それも叶わなくなった。でもチームはまだ全北現代とのアウェー戦を残している。たとえ次のステージへ進めないとしても、最後まで大会を戦ってなにかの成果を得なければ前に進めない。浦和の選手たちも慣れない酷暑の中で後半途中からはキツそうだったけど、それでもしっかり勝ちを掴んで日本へそれを持ち帰った。その点では、僕らと浦和にはまだまだ大きな力の差があったと思う」

 

5月も中旬になると、タイには雨季が訪れる。高温多湿であることに変わりはないが、そこにスコールなどの嵐が加わり、複雑な気象条件の中でのプレーを強いられる。

「スコールに見舞われればグラウンドが濡れるけど、その雨量によっては経験したことのない劣悪なピッチでプレーする可能性もある。その場合はサッカーのやり方を変える必要もあるわけで、その都度対応していかなきゃいけない。タイのリーグは中断無く11月まで絶え間なく進んでいくから、常にコンディションを良好に保って戦い続けたい。今痛めいてる箇所もどうにかしないと……。この敗戦でアジアでの戦いは終わってしまうけど、今後も重要なリーグ戦やカップ戦が幾つもあるからね」

 

久しぶりに旧友たちと触れ合ったからだろうか。細貝の声には生気が宿り、次なる未来へ向けて意欲をたぎらせているように感じた。