Column2018/05/16

【Column-060】 [太陽の下で-23]『省みる』

 

 思い返してみる。

 

 前橋育英高校から浦和レッズへ勇躍加入してプロサッカー選手になったときは血気盛んで向こう見ずなところもあったが、それでも彼の信念は揺るがず、豊富な実績を誇る先輩たちを前にしても臆することはなかった。

 浦和からドイツ・ブンデスリーガのバイヤー・レヴァークーゼンへ移籍を決めたときは、未知なる冒険へと飛び出した。異国での生活や激しいチーム内競争には不安を抱いたが、怯んだ時点ですべてが終わると言い聞かせて前を向いた。その後はアウクスブルクへの期限付き移籍、レヴァークーゼンへのレンタルバック、そしてヘルタ・ベルリンへの移籍を経てトルコへも渡り、シュトゥットガルト在籍時に柏レイソルからオファーを受けて日本への帰国を決断した。

 

 その間、細貝萌自身は躊躇なく自らのプレーをピッチ上で表現しようと邁進してきたはずだ。幾度もあった困難の中で体調を崩し、精神的にも辛く厳しい状況が続いたときも、彼は必ず復活を遂げ、プレーで自らを表現してきた。しかし今、柏での彼は、その姿すらも周囲に見せられていない。 

 

「柏では、自分の思いや考えを表に出せていない。。それは自分自身に問題があるのは分かっているけれども……。ヨーロッパではすべての人が主張をする。それはサッカー選手だけでなくて、街の人々も同じ。主張しなければ自らの考えを理解してもらうことができないから。それを考えたとき、今の自分は果たして、ヨーロッパにいた時みたいにしっかりと周囲に自分の気持ちを伝えられているのかと思った」

 

 サッカー選手の場合、ただ言葉を発して自らの立場を主張する以外にも明確に自己を誇示できる手段がある。それはピッチ上でのプレーだ。『俺はこう思っている』という無言の言葉を、自らの身体を通して伝達することができるのだ。

 

「最近、ドイツやトルコでプレーしていた頃の自分のプレーを見返してみたんです。ボランチだけでなく、センターバックやサイドバックでプレーすることもあったけど、そのどれもが、細貝萌という選手の個性を惜しみなく発揮しようとしているんですよね。このときの自分はどう思いながらプレーしていたのか……。たぶん、チームのためにプレーしようとした結果、力を出し惜しみすることなく、自分らしいプレーをしようと思っていたのではないかな。チーム戦術に順応しようとか、周囲を生かすプレーをしようというのは先の話で、まずは最大限、自分の力を発揮しなければ何も始まらないんだなと」

 

 今は小さなケガなども少なからず抱えてはいるが、プレーできない状態ではない。それでもベンチ入りすら叶わない状況の中で、確かな指針を失っていた。環境や立場に原因を求めるのではなく、自らを省みなければ先には進めない。まずは自己の個性を最大限に押し出して全力でプレーし続ける。その上で、チームにとって必要な選手と認識されれば、自ずと道は開けてくる。

 

 臆したり怯んだらすべてが終わる。

 

 そう言い聞かせていた若き頃も、そして今の自分も、細貝萌というひとりの人物であることに変わりはない。

 

(了)

 

Column2018/04/28

【Column-059】 [太陽の下で-22]『彼に送る言葉』

 

細貝萌は、いつだって思い悩み、それでも目の前の障害を克服していったはずだ。

 

浦和レッズ時代はバックアップの立場から日本代表選手たちが居並ぶレギュラー争いに割って入った。2007年のA3チャンピオンズカップでは主力選手たちが調整の名目でプレーする中で、彼は全身全霊を賭して浦和のために、中国や韓国の猛者たちと戦った。

 

「こういうときこそ、普段出場機会の限られている選手が力を見せなきゃいけない。ここで自らの存在価値を示せなければ、プロサッカー選手としては、そこで終わりだと思う」

 

そう言った彼の目は、どこまでも輝いていた。

 

 

ドイツに渡ってからは言葉が通じない中で懸命に周囲とコミュニケーションを図って自らの存在を誇示し続けた。アウクスブルクでの飛躍の後に、レヴァークーゼンを経てベルリンで価値を示し、異国で生きることの有意義さをも見出したことで海外での挑戦は間違いじゃないと思えた。厳しい境遇の中で新天地のトルコに渡ってからも情熱は絶やさず、日本語どころか、必死に覚えたドイツ語でさえも通じない日常の中で、それでも自らの存在価値はここにあると信じて戦い続けた。

 

ベジクタシュのホームでポルトガル代表FWのリカルド・クアレスマとバトルを仕掛けて退場処分を下された試合後、地元ベシクタシュサポーターから細貝とチームメイトが乗るブルサスポルのチームバスに過激な攻撃を受けた。辛辣で慈悲のない誹謗中傷は心を落ち込ませたが、イスタンブールからフェリーに乗って地元ブルサのギュゼルヤル港に降り立ったら、真夜中なのにブルササポーターが大挙押し寄せて港に降り立った選手たちに労いの言葉を送ってくれた。細貝の姿を見つけたサポーターが「ホソガイ! ホソガイ! お前は俺達の戦士だ!」と言ってくれたとき、彼はこのチームで戦える無常の幸せを感じた。皆の想いを背負って魂を焦がす。自らがプロサッカー選手であることの意義を感じた瞬間だった。

 

柏レイソルの細貝は、そのポテンシャルの半分も発揮できていない。環境の違いに戸惑う様はまるで外国籍選手のようで、血気盛んな若手選手に気圧されるのは、彼の心根にある優しさが作用している。彼が辿った道のり、経験はかけがえのないものなのに、彼はそれを押し隠したままでいる。

 

もともと足技に優れる選手じゃなかった。スピードも凡庸だし、身体能力だって突出しているわけでもない。それでも私は、彼の素晴らしさを知っている。極限に立たされたときの揺るぎない意志、果てない闘志、チームへの献身。彼自身も見失っているのではないか。このサッカープレーヤーは、自らのためでなく、チームのためにプレーしたときにこそ光り輝く。その根源的な魅力を取り戻せば、必ずや復活できる。

 

練習中に頭を打ち付けて脳震盪を負い、数日間練習からも外れた。チームが浦和を破ってリーグ戦の連敗を止める姿をスタンドから見つめた。

辿る道はひとつしかない。一心不乱に、ただひたすらに闘い続けること。それ以外に、細貝萌が生きる場所なんてない。

(了)

Column2018/03/12

【Column-058】 [太陽の下で-21]『感覚を掴む』

 

Jリーグ第3節・セレッソ大阪戦。細貝萌は第2節の横浜F・マリノス戦に続いて2戦連続で先発出場した。

細貝に与えられたポジションは小泉慶と共に組むダブルボランチだ。彼の持ち味を引き出す最適性の役割であり、これまでのプロサッカー人生で長きに渡って務めてきたポジションである。

柏レイソルは試合開始早々の4分にFWのクリスティアーノが先制点を奪って幸先の良いスタートを切る。

 

「チームとしても、個人としても、最初の入りは悪い感覚じゃなかった。その上で前半の早い時間帯に点も取れたので、落ち着いてプレーすることができたはずだった。でも、ここ最近のゲームでもそうだけど、徐々に相手にボールキープされる時間帯が増えてきて、こちらが守勢に回ることが多くなった。正直に言って、前回の横浜FM戦に比べてもチャンスを作り出す機会が少なかったように思う」

 

今季の柏は過密日程もあってチームスタイルの構築に手間取っているように見える。AFCアジア・チャンピオンズリーグのグループステージで全北現代(韓国)に逆転負けを喫し、天津権健(中国)に試合終了直前に追いつかれ、Jリーグ開幕戦のベガルタ仙台戦で敗れるなど、流れに乗れないゲームが続いたことで陣容を定めることができずに試行錯誤の状況が続いている。

 

「去年はボールポゼッション率を高めて主導権を握る戦いをできていたけども、今季は少し辛抱する時間帯が多い。ただ去年もシーズン序盤は苦しんでいて勝ち星を挙げられない時期があった。そのときは、まだ自分は柏に加入していなかったけども、今季以上に厳しい状況だったとも聞いたから、今もまだまだこれから立て直せると思っている」

 

C大阪戦の後半60分を迎える間際、細貝へ向けてベンチから交代の合図を送られ、代わりに出場する大谷秀和がウォーミングアップを終えてライン際に立ったときに相手MFソウザが強烈なゴールを突き刺した。直後に細貝は大谷と交代。チームが最も厳しい状況の中で、細貝はピッチを後にしなければならなかった。

 

「点を取られる前に交代の合図があって、タニくん(大谷)が準備している段階で失点してしまった。失点前まではチーム全体の気持ちを引き締めるという思いもあったけど、何よりも僕のような中盤の選手が試合をコントロールしなきゃいけなかった。コントロールには色々な仕方があるからね。試合前から今までの柏のサッカーとは違って、センターバックの選手からのロングボールが多くなる戦術に合わせて、もっと僕がやらなきゃいけなかったことも多いし、沢山の反省点がある。とは言え、この試合でチームがやろうとしたことは内部の人間にしか分からないから、それをうまく伝えるのは難しいんだけど……」

 

前節を経て今回が先発2戦目。チームメイトとの連係も徐々に向上し始めているが、それでも個人的な感覚としては、まだまだベストの状態を取り戻せていない思いがある。

 

「ヨーロッパで良いプレーができていたようなプレーが、今はまだできていない。以前に比べて感覚通りに動けるシーンは増えてきたけども、先発で長い時間プレーすることでミスをすることも増えてきた。でも、自分ではもっとやれると思っている。コンディションが悪いとは思っていない。コンスタントに試合に出ることで、チームとして重要な選手へと自分らしく近づいていきたい」

 

ACLとリーグを並行して戦う今の柏には、あらゆる選手たちの奮起と活躍が求められている。その中で、細貝もまた、チームに貢献すべく気持ちを高めている。

 

 

Column2018/03/7

【Column-057】 [太陽の下で-20]『勝利だけを』

 

Jリーグ第2節の横浜F・マリノス戦。細貝萌は今シーズン公式戦初出場で、先発のピッチに立った。

昨年4月1日のJリーグ第5節・サンフレッチェ広島戦で途中出場して柏でのデビューを飾り、シーズンを通してJリーグには14試合出場したが、いずれも途中出場だった。しかも彼に与えられたプレー時間は数分ばかりで、これまでの最長はJリーグ第9節・アルビレックス新潟戦での28分間だった。YBCルヴァンカップでは3試合フル出場しているが、出場時間が限られたことで試合勘は徐々に失われ、プレーパフォーマンスも落ちる悪循環に陥っていた。  

 

2018シーズンが始動した直後のキャンプでもチーム内の立場は芳しくなかった。本職のボランチ以外にセンターバックやサイドバックでもプレーしたが、いずれもセカンドチームに組み込まれ、自らの境遇の厳しさを認識していた。しかし今季の柏はシーズン序盤からAFCアジア・チャンピオンズリーグ(以下、ACL)とJリーグの並行開催を強いられ、ACLは日本の第4代表でプレーオフからの出場となったことから他のJリーグクラブよりも早くシーズン開幕を迎えるハンディを負っていた。そして柏は、そのACLプレーオフこそタイのムアントン・ユナイテッドに勝利して本選への出場を決めたものの、続くACLグループステージの全北現代(韓国)戦で敗戦し(●2-3)、同グループステージの天津権健(中国)戦で引き分け(△1-1)、そしてJリーグ開幕戦のベガルタ仙台戦にも敗れて(●0-1)、3戦して1分2敗と勝利を挙げられない状況が続いていた。変化を必要としたJリーグ第2節の横浜FM戦で、細貝は今季新潟から新たに加入したMF小泉慶らと共に先発出場を果たした。

 

「試合としては難しかったんですけど、前半の厳しい中で、それでも耐えるだけ耐えてチャンスをものにしようとしていた。それは(小泉)慶や(キム)ボギョンたちとも話していた。相手に中盤でボールを回されたけども、チームとして問題はなかったし、GKの中村航輔も『ボールが来なかったので、怖さは全くない』と言ってくれていた。辛抱を重ねてやりきったことで、勝利を掴むことができたと思う」

 

Jリーグでの初めての先発。しかもチームは、なかなか勝ち星を挙げられずに苦境を迎えている状況。それに際し、細貝はこれまでのキャリアを踏まえて理路整然と、どんな状況でも落ち着いて臨めたという。

 

「海外で学んだのは結果にこだわるということ。チーム状況が良くなくても、例えばレヴァークーゼンに在籍していたときはバイエルン・ミュンヘンに難しい状況だったけど勝ったし、アウクスブルク時代もバイエルン相手に引き分けに持ち込んだ。バイエルンやドルトムントと戦うときはもっとボールを持たれるからね。その中でどれだけ耐えられるか。内容が伴った上で勝利できれば一番いいんだろうけど、過密日程のときなどはチーム状態が良くないときにどれだけ粘れるかも鍵になる。その意味において、今回は本当に勝ち点3を取れて良かった」

 

先発は試合の数日前に告げられたが、連戦を戦っている状況だったためにチームメイトと連係を確認する時間はほとんど取れなかった。またチームが採用したシステムも細貝、小泉、キム・ボギョンのトリプルボランチを採用する初めての形。それでも粘り強く、勝利だけを目指して戦ったチーム全体の熱意が結果へと反映された。

細貝は後半の61分でチームキャプテンの大谷秀和と交代して退いた。 彼個人としては、チームが勝利できた喜びと共に、個人のパフォーマンスについての課題も見出したという。

 

「正直言って、個人的には全く満足できるプレー内容ではなかった。昨季もそうだけど、今季もこれが公式戦初出場だったので(ジェフ千葉とのちばぎんカップには出場)、試合勘が伴っていない感覚もあった。でも、試合勘というのはゲームに出続けないと養われないものだから、今後も本番のピッチに立つ努力を怠ることなく、しっかりやっていかなきゃならない。それでも今回は、これまで続いていた悪い流れを断ち切ったと思えたし、ここから一層チームのために尽力したいと気持ちが引き締まった部分もある」

 

細貝が何よりも大事にしている部分、それはチームへの献身である。それを今一度認識できたこと。それこそが、今回のゲームで得られた最大の収穫だったのかもしれない。

 

「サッカーは個人競技じゃない。自分がピッチに立っているときにどれだけチームに貢献できるかを求められるので、自分のプレーパフォーマンスが良くなくても、チームが勝てば良い。今は、それだけ結果にこだわってプレーしている。とにかく自分がピッチの上に居るときにはひたすら結果を目指す。それが重要だと思っている。もちろんサブでも気持ちは何も変わらないのだけども、今回はそれを強く感じた」

 

柏は今後もACLとJリーグの連戦が続く。その中で、細貝に課せられた使命はますます大きくなっていくだろう。

(了)