Column2017/08/7

【Column-049】 [太陽の下で-12] 『己に打ち勝つ』

 

 悔やみ切れないシーンだった。Jリーグ第19節、ユアテックスタジアム仙台でのベガルタ仙台戦。試合は68分に伊東純也が先制点を決めて柏レイソルがリードしていた。時計の針は90分を指し示し、アディショナルタイムに突入。76分に手塚康平と代わってピッチに立っていた細貝萌は監督の指示通りセーフティなプレーを心掛けていた。

 アディショナルタイムは4分のうちの1分が過ぎていた。自陣でこぼれたボールを細貝が蹴り上げてクリアを図る。それが相手選手に渡って再び自陣へ戻ると、細貝の斜め右後方に居たクリスランにボールが渡った。「危ない!」。危機を察知して伸ばした細貝の足はクリスランに届かなかった。相手FWが縦に突進を図る。しかし柏はGK中村航輔を含めて7人もの選手が帰陣してゴールをブロックしていた。『防げる』。そう思った瞬間にクリスランからクロスが供給され、FW石原直樹のポストワークからMF中野嘉大がシュートを打ち込むと、ボールは柏の選手の身体に当たってゴールに入り込んだ。茫然自失の柏イレブン。その中には、もちろん細貝の姿があった。

 

「自分が途中からピッチに立つ役割は十分に理解している。残り15分前後の段階で、チームは1点リードしていた。つまり、その1点を死守するのが僕の役割だった。でも、肝心な場面で力を出せず、自分のエリアから相手に突破を許して得点されてしまった。結果的に集中力を欠いた自分の責任は大きい」

 

 細貝が悔やんだのは自らのプレー選択だった。失点に至るきっかけになったクリアは丁寧に味方へ繋げなかったのか。もっと大きくクリアできなかったのか。ボールが自陣へ戻ってきたときに一旦競り合ったが後方へ流れた。それをクリスランに拾われたときにもう少し速く、強くアプローチできなかったのか。クリスランが突破を図ったときに帰陣したが、味方の人数が多かったことで様子見しなかったか。失点シーンを振り返るほどに後悔が募る。何よりも彼は、与えられた役割を全うできなかった自らの不甲斐なさに打ちひしがれていた。

 

 柏はJリーグ第13節を消化した時点でトップに立ち、クラブは目標をリーグ制覇に上方修正した。第7節から9勝1分の快進撃だったのだから、それも当然のことだ。しかし第17節の鹿島アントラーズ戦で逆転負けして首位をセレッソ大阪に譲り、続く第18節の天王山・C大阪戦でも逆転負けして連敗を喫してしまった。チームとしては何としても状況を好転させたかった第19節の仙台戦をこんな形で終えてしまったことも、細貝の心を落ち込ませる。

 

 今の細貝は自らのストロングポイントを見失いかけているのかもしれない。運動量、球際勝負、スペースカバー、周囲との連動、コーチング、試合状況を見極める眼……。Jリーグ、ドイツ・ブンデスリーガ、トルコ・シュペルリガでの豊富な経験があるのにも関わらず、課せられた責任を過剰に背負い、それが足枷となって本来の実力をピッチに投影できない。

 

「今季の柏は成績が上向いていると言っても良い。自分はこのサッカーに適応するのが難しいのも覚悟して柏へ加入したし、今でもそのモチベーションは携えている。でも、もっと自分の特徴をチームに合わせていかないと出場するのは難しい……」

 

 先発出場、途中出場というシチュエーションの違いを言い訳にしたくない。精神的な部分、コンディション含め、難しいタスクを任されていることを承知しながら、その責任を果たせない自分に腹が立つこともある。今の柏は若く有望な選手たちが群雄割拠し、そのパワーを間近で受けて自らも成長を果たしたいと願うが、その思いが募るほどに焦燥が芽生えてしまうのかもしれない。

 

「プロとして様々な戦いに挑み続けるのは当然のこと。でも、今の僕はまず、己に打ち勝たなきゃならない。何かの言い訳を探したり、何かを諦めている限り、前には進めない。今はそれを痛感しているし、自己を向上させなければ壁を破れないと思っている。ここに来たことにはとても意味があると思っている。この先、僕自身がどうなるかは、まだわからない。でも、どんな状況でも戦い続ける。それがプロというものだし、それがチームの一員であることの責務だと思うから」

 

 今はただ、その壁を破った先に、己が成長できると信じている。

 Jリーグ第20節、日立柏サッカー場でのヴィッセル神戸戦。柏は試合開始5分に先制を許す苦しい展開からディエゴ・オリベイラ、クリスティアーノ、中山雄太がゴールを決めて逆転勝利を果たし、4試合ぶりの勝利を挙げた。第20節終了現在の柏の順位は3位。首位・C大阪とは勝ち点6差だ。

 その神戸戦で、細貝はベンチ入りしながらも不出場に終わった。

(了)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/07/19

【Column-048】 [太陽の下で-11] 『先輩の背中』

 

 2017年7月17日。細貝萌は約6年半ぶりに埼玉スタジアム2002のピッチに立っていた。偉大な先達を送り出す。2005シーズンから2010シーズンまでの6年間を共にした鈴木啓太氏の引退試合に出場したのだ。

 

「啓太さんへの思いはたくさんある。僕が2005年に前橋育英高校から浦和へ加入してプロになったとき、本当のプロサッカー選手とは何かを教えてくれた先輩が啓太さんだった。プロとしてどう振る舞うべきか。高校生だった自分が給料を稼いで生活していく意味。プロとして、ひとりの大人として、啓太さんは僕が成長するきっかけを与えてくれた」

 

 細貝と鈴木氏にはいくつかの共通点がある。同じポジションでプレーする選手であることはそのひとつだ。すなわちチーム内のライバルでもあるわけだが、細貝は鈴木氏のある所作に深い感銘を受けたという。

 

「ある日の練習で啓太さんがサイドエリアへフィードボールを蹴るシーンがあった。僕はそれを啓太さんの後ろで見ていた。そのパスは上手く受け手に通らなくて失敗してしまったんだけども、そのときに啓太さんは受け手の選手に怒っていた。『イメージ通りの良いパスじゃん‥…』って。啓太さんは他の選手よりも深くプレーを考えていて、その意図に沿わないときは包み隠すことなく自らの考えを主張していた。当時の自分はおそらく高校を卒業してプロ1年目だったと思うんだけど、啓太さんとはサッカーに取り組む意識の違いを感じた。先輩と同じように、もっともっと突き詰めていかないとプロの世界では生き残れないと悟ったんです」

 

 プライベート面でもお世話になった。鈴木氏自身、細貝に対して何らかのシンパシーを感じたのかもしれない。その証拠に、別の道へ進んだ今でもふたりの関係は良好に保たれている。

 

「浦和に居たときは、啓太さんによくご飯へ連れて行ってもらった。当時はチームのこととか、ポジションのこと、それとヨーロッパへの移籍を考えていた時期には貴重なアドバイスをもらった。今思うと、何度も何度も食事をしてきたけど、啓太さんは必ず自分で支払いを済ませて、僕には一切会計をさせてくれなかったよ。それくらいお世話になった方だから、啓太さんが2015シーズンを持って現役から退くことを聞いたときは、本当に寂しかった」

 

ドイツで先輩の引退を知ったとき、細貝の心にはどんな思いが去来したのだろう。

 

「まだまだプレーし続けられると思っていたから、とても残念だった。でも啓太さんが決めたことなので、自分が何かを言うべき立場でもないことは分かっていた。ひとつ心残りなのは、もう一度公式戦で啓太さんと一緒にプレーできなかったこと。当時はヨーロッパに居たから、その思いが叶うことははなかった。いつの間にか啓太さんがあのピッチから居なくなってしまっていた。その寂しさがあったんだよね。浦和に入ってからは常に啓太さんの背中を追ってきた。今でも憧れの選手。僕は啓太さんのような選手になりたかった。今回、引退試合への出場を打診されたときは、何としても駆けつけたいと思った。その時はまだヨーロッパで生活をしていたから、結果的に日本に自分が帰ってきているとは思わなかったけどね(笑)。そこで何かのお礼を伝えられたら。いや、その一回だけじゃ足りないから、これからは何度も会って、今までお世話になったご恩をお返したいと思っている」

 

 公式戦の舞台で細貝が埼玉スタジアムのピッチへ最後に立ったのは2010年12月4日のJリーグ第34節・ヴィッセル神戸戦だった。先発出場して70分プレーした彼は、ライン際に立つ先輩をピッチへ送り出し、自らはベンチへ退いた。これがプロの舞台における細貝と鈴木氏の最後の接点になった。

 

 鈴木啓太氏は様々な人々の心に鮮明な記憶を残す、傑出した人物だった。細貝はそんな先輩の背中を、今でも憧憬の念で見つめ続けている。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/06/30

【Column-047】 [太陽の下で-10] 『苦境』

 

 2017年6月25日のJリーグ第16節。ホーム・日立台に立った柏レイソルはコンサドーレ札幌に2−1で勝利して首位を堅持した。下平隆宏監督はシーズン当初のチーム目標を上方修正し、ターゲットをリーグ制覇に定めた。それは今のチーム状況を端的に示している。若手の台頭とチーム戦術の昇華。第15節のヴァンフォーレ甲府戦で引き分けて連勝は8で止まったが、札幌に勝ったことで再び自信を深め、リーグトップのプレッシャーに動じない所作には逞しさがある。

 

 チームの中軸も安定してきた。クリスティアーノ、武富孝介、伊東純也の前線が猛威を振るい、トップ下の中川寛斗が相手ゴール前へ飛び込む。キャプテン・大谷秀和がチームを引き締め、柏ユース出身の手塚康平が卓越したテクニックで中盤をオーガナイズする。中山雄太と中谷進之介のセンターは盤石で、輪湖直樹と小池龍太の両サイドバックが運動量豊富に駆け回る。そして最後尾には日本代表にも選出された守護神・中村航輔が鎮座する。ハモン・ロペスやディエゴ・オリベイラの両外国籍選手がベンチに回る状況の中、柏のサッカーが日々進化を続けている。

 

 細貝萌は、そんなチームの勢いに乗れないでいる。札幌戦は前節の甲府戦に続いてベンチ入りも不出場に終わった。チームは韓国代表サイドバックのユン・ソギョンを獲得し、彼を途中出場させる采配策を採ることで細貝の出場機会が失われている。もとより、今のチームは攻撃的に戦うスタイルを徹底させていて、下平監督が採る策はディエゴ・オリベイラ、大津祐樹らのFWの途中投入が常だ。また試合展開も相手の猛攻を懸命に凌いで勝利を果たすような形にはならず、ボランチである細貝の求められる役割を発揮する状況になっていない。

 

 また細貝は6月上旬の国際Aマッチウィークの時期に左太もも前の違和感を覚えて別メニュー調整をしていた。ドイツでのプレーからオフ期間を経ずにJリーグへ復帰したことでコンディション維持に苦慮した事情もあり、監督、コーチングスタッフ、チームドクターらとディスカッションした上で心身のリフレッシュを図ることを決断した事情もあった。ただその結果、細貝のフィジカルは回復に向かい、現在はフルパワーで稼働できる実感を得ている。それなのに今の境遇は上昇曲線を描くチーム状況と真逆のベクトルへ向かっている。

 

「物事をポジティブに捉える。これが自分が常に備える気持ち。ただ、現状を認識して改善を図る努力も怠ってはならない。今の自分の状況に対して『ポジティブに考えている』と言っても、それはただの強がりに思われるかもしれないよね。今の心境をどう説明していいか分からないけど、少なくとも個人的には当然満足はしていないよ。でも、何度も言うようにまずはチームの成績が良いことが重要で、その仲間の一員であることに誇りを持っている。それでも僕はプロサッカー選手。自分の力がチームに還元されない状況を甘んじて受け入れ続けるわけにはいかないから、何とか自分の立場、状況を変えて、今の柏のサッカーに合わせていかないといけないよね。その為の努力をしていかないと」

 

 ドイツから日本へ戻った時に抱いた不退転の決意は揺るがない。今の柏は成長の途上で、シーズンはまだ中盤の時期に差し掛かったばかりだ。2位・セレッソ大阪との勝ち点差は2、3位・鹿島アントラーズとは勝ち点3差と、アドバンテージは僅かしかない。これから訪れる日本の夏は灼熱の様相を呈する。厳しい試合展開の中で追い詰められる状況は必ず訪れる。そこで如何にチームの力となり、結果を導けるか。今の細貝がすべきことは自らのステイタスを高めるだけではない。2011シーズン以来6年ぶりのリーグタイトル奪還に向けて、細貝に与えられる責務は多大だ。

 

 長く険しい道を進む中で一筋の光明を見出す。あくまでも前向きに、彼はその先の一点を見つめている。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/06/25

【Column-046】 [太陽の下で-09] 『ステップバイステップ』

 2017年6月4日のJリーグ第14節。柏レイソルは浦和レッズとの死闘を制して暫定から正真正銘の首位に躍り出た。日立台を埋めた柏サポーターとともに歓喜を分かち合ったチームは、ここで国際Aマッチウィークによるリーグ一時中断を利用して一時のオフ期間に入った。

 そんな中、細貝萌は忙しいときを過ごしていた。今年の3月下旬にドイツから日本へ活動の場を移してからは居住先が定まらずに2ヶ月以上の間、ホテルでの生活を続けていた。彼がドイツのシュツットガルトから柏へ移籍加入した時期はシーズン中で、連休が取れずに住居探しがままならなかったのも理由のひとつだった。

 過密なスケジュールの中でようやく訪れたオフ。ここで細貝は速やかに引っ越しを済ませて妻子との生活を再開したのだった。

 

「ようやくだね。ちなみに引っ越しをしていた時期は自分と娘の誕生日もあったから(細貝と娘の誕生日は共に6月10日)、これまでにないくらいバタバタしていた。オフなのに、逆に忙しかったくらい(笑)」

 忙しない日々を過ごす中で、それでも細貝はプロサッカー選手の責務を忘れていなかった。休息を生かして次に繋げるための算段。チームに尽力し、勝利に邁進するための準備。

 

 実は細貝は、数週間前から左足太ももに違和感を抱えたままプレーを続けていた。それでもJリーグのシーズンは続いている。彼は幾多の経験を活かしながらチームとしっかり話し合い、最適解を導き、常時コンディションを整えて試合出場を続けていた。

「リーグ戦は途中出場だけど、ルヴァンカップは先発してフル出場することもあった。その中で左足に違和感があって、どこかでこの状況を改善しなきゃならないと思っていた」

 

 そこで細貝は、監督、コーチングスタッフ、ドクターらと仔細なディスカッションをした上でリーグ中断期に設けられた柏レイソルU-18との練習試合出場を回避し、練習も別メニューでの調整が続いた。

「オフ期間に慎重に足のケアをしたことで、今はベストの状態に戻れたと思っている。練習試合などにも当然出場したかったけど、そこで焦って身体の状態を取り戻せないんだったら意味がないから」

 

 現在の細貝はリーグ戦でバックアップの立場に甘んじている。チームはリーグ戦で8連勝を達成して首位に立ったが、個人的な貢献度はまだまだ物足りないと感じている。今以上にチームの力になるために、もう一段階ステップアップするために下した決断。それが次の試合に繋がれば大きな成果となる。

 オフ期間が明けて迎えたJリーグ第15節のアウェー・ヴァンフォーレ甲府戦。柏は、かつてチームを指揮した吉田達磨監督率いる甲府と戦い、試合はスコアレスドローに終わった。

「吉田監督はかつて、柏のユースを指導して後にトップチームの監督も務めた人物みたいだね、特に今の柏の数多くの選手のことを熟知しているのかもしれない。それはチームメイトも言っていたから、難しい部分はあったと思う。またリーグ戦で首位に立ったことで、今後は各チームのマークも激しくなると思う。相手が普段のやり方じゃなく僕ら柏の戦いに合わせた戦略を採るかもしれない。その時に如何に勝ち星を得られるか。どんなリーグでも上位に立つチームは対戦相手のマークに晒されるわけで、そこで結果を得られなければすぐに脱落してしまう。今季の柏もここからが勝負だと思うから、そこで僕も自らの経験を還元できればなと思っている」

 細貝には浦和レッズ在籍した若手時代でのJリーグ優勝争い、ドイツ・ブンデスリーガでは2部のアウグスブルクで昇格を果たし、シュツットガルトでは1年での1部復帰を目指して昇格争いを繰り広げた経験がある。それにレバークーゼンでも上位争いを経験してきた。若手が中核を成す今の柏で自らが果たす責務。細貝は今、それを深く認識している。

 

「甲府戦は結局出場機会を得られなかったけどね。。まあ今回はスコアレスで拮抗して、チームも得点を狙わなきゃならない流れだった。今は一つひとつ、段階を踏んでチームの力になる努力を重ねていく。甲府戦前は練習の全メニューをこなすことすらほとんど出来なかったけど、今はコンディションも問題ない。それに今はまだシーズンは途中で、これからもっと厳しい状況が訪れるかもしれない。そこで自分のプレーが勝利につながって、チームの成績に反映されれば嬉しい」

 

 続く天皇杯2回戦。柏はJFLのブリオベッカ浦安をホームの日立台に迎え、ハモン・ロペスのゴールを守って1−0で勝利した。

「天皇杯は、やっぱり難しいものだよね。対戦相手は未知だし、J1のチームを破ろうとかなりの気合で臨んでくるからね。実際に負けてしまったクラブもある訳だからね。でも、その中でしっかり勝てたのかだから良かった。自分もオフ期間の練習試合を回避して、別メニュー調整もした上で73分までプレーできたから良かった。不安を抱えていた足もほとんど痛まなかった。これで感触は掴めたから、今後の試合でも万全の状態で戦えると思う。ピッチに立つ時は常に100パーセントだから」

 チームは細貝が交代した後に相手の攻撃を受けて失点のピンチも迎えたが、何とか無失点で乗り切ってカップ戦の初戦を飾った。ルヴァンカップはすでに敗戦してしまったが、リーグ、そして天皇杯の2冠を見据えた戦いが続くのはチームにとって、そして細貝にとっても前向きに捉えられる。

 内面では焦燥があるかもしれない。それでも細貝は冷静さを貫く。31歳を迎えた経験豊富なプロサッカー選手が、輝ける明日を見据えている。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook