Column2017/12/26

【Column-054】 [太陽の下で-17]『2017シーズン』

 

 柏レイソルは天皇杯準決勝で延長戦の末に横浜F・マリノスに敗れた。その結果、柏の2017シーズンが終了した。Jリーグの最終順位は4位、YBCルヴァンカップはグループステージで敗退したが、天皇杯は元日の決勝まであと一歩まで迫った。しかし、柏が来季のAFCアジア・チャンピオンズリーグの出場権を得るには天皇杯決勝に進出したリーグ2位のセレッソ大阪が横浜FMを破った上でリーグ4位での繰り上がりを待つしかない。柏にとっては自らの活動が終了した後も一進一退の状況が続いている。

 

 そして柏に所属する細貝萌も今、シーズンを振り返りながら様々な思いを巡らせている。相次いだ負傷、限られた出場機会……。何より、自らの力をチームに還元し切れなかった自らの不甲斐なさを悔いている。

 

「サッカー選手としてプレーしてきた中で、今シーズンはここ数年の中でも個人的には一番厳しかった。ドイツから日本へ帰ってきて柏でプレーしている間は、もちろん充実感もあったけれども、同じくらい葛藤もあった。ドイツやトルコのような異国でプレーしているときは母国語を話せないジレンマの中で懸命に戦っていたけども、柏ではチームスタッフやほとんどのチームメイトなどと日本語でコミュニケーションを取れて、そのような障害がなくなった。つまり誰がどう考えても恵まれた環境だったわけだけど、それなのに、自分自身は満足いくシーズンにできなかった」

 

2017シーズンの細貝は身体、メンタルの両面で多大な負荷が生じた。ドイツ・ブンデスリーガ2部(現・1部)のシュトゥットガルトに在籍していたときから抱えていたケガに加え、柏に移籍してからは他の箇所にもダメージが及んで度々戦線離脱を強いられ、全体トレーニングに加われずにリハビリに明け暮れた時期もあった。チームが躍進する中でプレー機会が与えられない時間が続くと、コンディションを上げるのに苦労し、本職のボランチだけでなくセンターバック、サイドバックなどでも試されたが、結局ピッチに立つ機会は限られた。

 

「反省ばかりしてしまう。もっと様々なことに挑戦しなくてはいけなかったとか、ある試合のプレーではこうすべきだったとか……。それでも今は自分がどんな境遇で、どんな精神状態で来季に臨まなきゃならないかを自覚できた。厳しい状況なのは自分が一番理解しているつもり。今は、この立場からどんなふうに這い上がっていこうかという思いのほうが強い」

 

約6年の間ヨーロッパでプレーし、今年久しぶりに日本でサッカーをプレーした細貝にとって、そのプレー環境は困難なものだった。

 

「日本のサッカーは……、難しかった。馴染めばできると思ったけれども、柏のサッカーに馴染みきれなかった。それは試合に出場できていないことを見れば分かる。かつて代表や浦和で良いプレーができたときの自分に戻れていない。今は全然自らの力を発揮できていないのが現実。それは自身のコンディションの問題もあり、チームの戦術の問題もある。そこはしっかりと自分の中で判断して改善していかなきゃならない」

 

 浦和でプレーしていたときと今の柏とでは細貝自身の立場も異なる。前橋育英高校から新卒で浦和へ加入した当時の彼は一介の若手選手で、周囲には頼れる先輩選手たちがいた。しかし今年31歳を迎えた今の彼はヨーロッパで確かな経験と実績を積んだベテラン選手で、チームメイトを支え、自らもチームのために尽力すべき役割へと変化している。

 

「年齢を重ねたことで、その経験をチームに還元しなきゃならないとは今でも思っている。若手選手から何か相談を受けたら遠慮なく助言もしているし、そのスタンスは変わらない。ただ、浦和時代は自分が先輩に頼る側だったものが、今の柏では逆に相談される側になった。それは自分の中で自覚して消化しなきゃならない。そして、もちろん今の役割を理解しながら、それでもチームの一選手だという自覚を持って、あくまでも選手としてどれだけ貢献できるかを第一に考えたい」

 

まずはドイツ時代から約1年半の間、オフ期間もなく走り続けた心身をリフレッシュさせなければならない。Jリーグクラブの大半は来年1月の半ばに強化キャンプなどを張り、2月中旬のACL、もしくは月末に開幕する予定のJリーグへ向けて始動する。

 

「一歩でも先に、ひとつでも前に。着実に、それでもしっかりと歩を進めたい」

 

苦難の2017年が終わり、また、新たなシーズンが始まる。

 

(了)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/12/1

【Column-053】 [太陽の下で-16]『浦和レッズ・ACL優勝』

 

 浦和レッズがAFCアジア・チャンピオンズリーグの決勝でサウジアラビアのアル・ヒラルを破って2007シーズン以来10年ぶりのアジア制覇を果たした。かつて2005年から2010年までの6年間浦和に在籍した細貝萌は、Jリーグ第33節・鹿島アントラーズ戦前日のチーム宿泊所で、チームメイトの鎌田次郎と共に浦和の勇姿を見守った。

 

「浦和の選手やコーチ、クラブスタッフの方々の大半は知り合いだから、今回の浦和のACLでの躍進はずっと注目していた。何人かの選手やスタッフとは今でも交流があるし、皆の性格も知っているからね(笑)」

 

浦和が2007シーズンにACLを制したときは、細貝もチームの一員として戦った。しかし決勝第2戦のセパハン(イラン)戦は、翌年に控えた北京オリンピックのアジア最終予選・ベトナム代表戦に臨むU-23日本代表に選出されたためにチームを離脱せざるを得なかった。

 

「アウェーの第1戦はイランへ帯同したんだけどね。でも、それまでの戦いでもACLの厳しさは十分把握できたつもりだし、浦和のサポーターが熱いサポートをしてくれて、それがチームの後押しになったことはよく覚えている。今回の決勝も埼玉スタジアムを埋めた多くのサポーターの声援がテレビの画面からも伝わってきたし、そのような方々の思いも伝わって、チームは優勝を勝ち取れたんだと思う。例えば試合前のビジュアルサポートも本当に凄いなと思った」

 

一方で、細貝は浦和を含めたアジア全体のレベルが急速に上がっていることも感じたという。

 

「今回、決勝で浦和が対峙したアル・ヒラルは非常に質の高いサッカーをしていましたよね。彼らだけじゃなく、最近の中東のチームは実績のある監督が招聘されて、選手たちのフィジカルやスキルも格段に上がったことで洗練されたサッカーを実践しているように思う。アル・ヒラルはほとんどの選手がサウジアラビア代表なんですよね? 個々の選手の能力がとても際立っていて、浦和の選手たちも手こずっていた場面があったから強敵だと思った。でも、その中で浦和は結果を果たしたんだから、素直に素晴らしいと思う」

 

細貝が所属する柏レイソルも、来季のACL出場を目指している。

 

「前節の鹿島戦に引き分けたことでリーグ3位に入る可能性はなくなったけども、まだACLの出場権を得られる天皇杯は準決勝まで勝ち上がっているし、可能性はあるよね。ただ、今の自分はリーグ、天皇杯共に出場時間が限られていて、自分の中ではまず、試合に出ないと前に進めないと自覚している。いずれにしても、浦和のアジア制覇は自分自身にとっても励みになった。だからこそ自分のことに集中しないといけないよね」

 

かつて在籍したチーム、現在のライバルが果たした成果を見て、今の細貝もまた、新たなモチベーションを得た。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/11/25

【Column-052】 [太陽の下で-15]『存在意義を取り戻す』

 

 負傷が癒えても、細貝萌の出番は巡ってこない。シーズンも終盤戦に入り、柏レイソルは天皇杯で準決勝へ進出。またリーグ戦でも3位・セレッソ大阪と勝ち点2差につけており、来季のAFCアジア・チャンピオンズリーグへの出場権を争っている。この正念場の中でチームに貢献できていない細貝の思いは忸怩たるものがある。

「復帰してからはベンチには入っているよ。また、試合の終盤の残り数分で出場することもあったけど、個人的なことだけを考えれば、かなり厳しい状況かなと感じている」

 悩みや葛藤はあれども、それを表に出しても事態は好転しない。そう言い聞かせながら、この長く苦しいトンネルを抜け出す術を模索している。

「今の僕は思いつめるような年齢でもないから、頭のなかでリフレッシュさせて前に進んでいきたいと思ってる。僕自身がすべきことは何も変わっていない。自分の為にも尽力して、少しでも良い成績を収めチームに貢献する。そのこと以外に、今の僕が考えることなんてないから」

 今の細貝は柏のリザーブチームでサイドバックを任されたり、トリプルボランチの2列目、はたまたアンカー、センターバックでプレーしたりしてポジションが定まっていない。そんな中で公式戦に出場し、例えばボランチでプレーすると、本来は本職であるポジションなのに、その役割に戸惑ってしまうと細貝は言う。それに試合状況も毎試合違うシチュエーションでの出場だ。

 

 サッカーのポジションには、それぞれから見える”景色”がある。サイドバックならば一方のラインを背にしながら視野を取るし、中央のポジションならば360度からのプレッシャーに対応すべく目を光らせる。その感覚は日々の練習と実戦で培うものだが、様々なポジションで起用される細貝は今、その感触を掴み切れないでいる。

 

「うーん、確かにピッチの中で見える景色は全く違うよ、それで対応が遅れることもあって、自らの至らなさを痛感することもある。でも、例えばサイドバックはレバークーゼン、トルコのブルサスポルでプレーしていたときはほとんどこのポジションだった。もちろんヘルタ・ベルリンで任されたこともある。柏では天皇杯の試合で数分間プレーしただけだけど、サイドバックでならもっとスムーズにプレーできるとは思う。特にボランチは普段の練習からプレーしてないと厳しいポジションだからね。何度も言うけど、もちろんこれは自分の実力不足が招いていることなのだけれど‥」

 今の境遇が厳しいものだとは自覚している。ピッチに立てないことはプロサッカー選手にとって苦痛で、我慢ならない状況でもある。前向きに取り組むことを旨としてきた細貝であっても、その感情が途切れないようにもがき苦しみ、一歩でも前に踏み出す勇気を保つ努力を続けている。

 

「今はチーム内のライバルの中で、自らの存在をチームに還元できず、その役目を果たせていない。でも、こういう時期もあるんじゃないかとは思っているよ。別に開き直っているわけじゃないよ。でも、このような苦しい状況というのは、自らの人生においても必要なものなんじゃないかって。この経験がいつ生きてくるのかは分からない。もしかしたら、プロサッカー選手を辞めてから生きるかもしれない。だからこそ、今、自分が思っていることは忘れずに次に活かすべきで、未来のために、今の自分は踏ん張らなきゃならないって思っている。それに今はこのチームでたくさんのことを学んでいる」

 

 内外から発せられる評価を、細貝自身は十分に把握している。彼は楽天家などではなく、状況を見極め、自らへの評価も真摯に受け止めようとしている。

「周囲からなんて言われているかはわからないけども、自分のことは誰よりも自らが把握しているよ。そこは僕自身がぶれなければ何も問題ないと思っている。だからこそ少しでも前に進む努力を、それだけは怠りたくない」

 いつか必ず、その存在意義を取り戻す日が来る。

「ドイツ、トルコのときだって厳しい時期もあった。試合に出られない日々もあったけど、それでも意思を曲げずに戦い続けてレギュラーを獲得した時期もあったしね。その後はチームのサポーターからも認めてもらえて、熱い声援を送ってくれたことを覚えている。いつだって僕は、自らの決断を後悔したことなんてない。過去の経験は間違いなく今に生きていて、それは必ずあとで生きると信じているからね」

 

 打ちひしがれても、叩きのめされても、彼の戦いは続く。 

(了)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/10/20

【Column-051】 [太陽の下で-14]『再びの離脱から』

 

左足ふくらはぎの肉離れが完治した細貝萌は一旦チームの全体練習に合流して10月1日のつくばFCとの練習試合に出場したが、そこで太ももの違和感を感じ途中交代し、翌々日にMRI検査を受けた。幸い患部にはっきりした出血は見られずに大事には至らなかったが、最近の度重なる負傷を考慮して再び別メニュー調整することを決断し、そこから約2週間を経てようやく完全合流した。

 

「ふくらはぎのケガが良くなってきて、ここからようやくといった時に、また太ももの違和感があったからさすがに落ち込んだ。でも、結局は自分がやれることをし続けるしかないと思い直した。この期間はチームがオフのときも必ず練習場へ行ってリハビリメニューをして、ようやく全体練習に加われる状況になった。チームのフィジカルコーチやマッサーはもちろん、様々な方々が僕のために治療をしてくれて時間を作ってくれている。皆が多大なサポートをしてくれているから、とても感謝している。ふくらはぎは4週間、太ももは2週間のリハビリだったから合計で約6週間ぐらいの離脱だったよね。その間に部分合流している時期もあったからすごく長かったという感覚はないけども、よくよく考えてみたら、約1か月半も戦線を離脱したのは自分のプロサッカー人生の中で最も長い期間になってしまったね……」

 

ドイツ・ブンデスリーガ2部のシュトットガルト在籍時代に太ももの肉離れが治癒した直後に足の小指を骨折して再び戦列を離れたことがあったが、それでも、これだけの長期離脱にはならなかった。思えば、細貝は30歳を過ぎてから負傷が増えている。自らの身体の状況を正確に把握する必要に迫られているのは確かだろう。

 

「年齢を重ねてきて、やらなきゃならないことも増えてきた。また、コンスタントに試合に出続けていないとコンディションやプレーレベルを保つのは難しいとも痛感している。試合に出てこそ良いコンディションを保つことができるからね。やっぱり、そこは若い時とは全然違うかもしれない。今後は、またケガをしないようにいろいろな予防をしていくつもりだけど、大前提として、当然試合出場のチャンスを掴む努力をしなければならないと思っている」

 

最近の柏レイソルはヴァンフォーレ甲府に0−1、コンサドーレ札幌に0−3と、下位クラブを相手に連敗を喫してしまった。リーグ順位は3位のままだが、4位の横浜F・マリノスとは勝ち点1差。また首位の鹿島アントラーズとは勝ち点11差を付けられた。今季途中に上方修正したリーグタイトルを目指す道程は険しいが、少なくとも3位以内に与えられる来季のAFCアジア・チャンピオンズリーグ出場権は絶対に死守しなければならない。

 

「僕はこれまでリハビリで全体練習に合流できていなかったから、選手たちと全ての練習をこなして同じ時を過ごせてこれなかった。もちろん日常的には話をするけども、同じピッチに立って練習をすることができなかったわけで、今の連敗している状況を正確に把握できていない面もある。だから、これから自分が復帰したら、まずはピッチに立って皆と時間を共有することで、今の悪い流れを断ち切る努力をしたい。

 

若い頃は自分のプレーに専念する思いが強かったけれど、今は立場も少し違う。チームに良い影響を与えられるような振る舞い、プレーをしたいと思っている。今の柏は若い選手が多くて、その点の勢いは間違いなくある。たとえ厳しい試合が続いても、そこで勝ち星を挙げて上位に居続けるのがタイトルを獲るチームだと思うんだけども、今季中盤までの柏は苦しい中でも勝利できたゲームがいくつもあった。だから、その時のことを思い出して残り5試合のリーグ戦をチーム皆で戦いにいくよ。そして自分も、その中に入ってチームに貢献したいと思っている」

 

2017シーズンも終盤を迎える中、柏にはまだリーグ、天皇杯の2冠を得る可能性が残っている。復帰間近の細貝は今、チームへの貢献を心に期している。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook