Column2019/03/19

【Column-065】 [微笑みの国で-02]『確かな手応え』

 

ブリーラム・ユナイテッドの細貝萌が、タイ・リーグ1での初先発を飾った。

 

長期のリハビリを経て、チームに完全合流を果たしたのは試合の3日前。

すでにリーグ第3節のプラチュワップFC戦で途中出場していたが、このときはチームが2-0とリードしている状況で、細貝自身も久しぶりに実戦でプレー感覚を確かめるような段階だった。しかし今回は昨年度のリーグ2位で、今季もブリーラムと共にリーグチャンピオンの座を狙うバンコク・ユナイテッドとの重要なゲームだった。それでもブリーラムのオーナー、ボジダル・バンドビッチ監督は本人に「プレーできるか?」と聞き、細貝自身も「できる」と即答した。

当初、細貝に任されるはずのポジションはアンカー+ダブルインサイドハーフの逆三角形を形成するインサイドハーフだった。しかしアンカーのレギュラーが負傷してしまい、細貝は急遽そのポジションでプレーした。

 

「最初は前目のポジションでプレーするはずだったんだけど、チームメイトが負傷してしまい、アンカーの役割を任された。ただ元々中盤の底でプレーしたいと思っていたから、仲間には申し訳ないけども、結果だけ見ればこのポジションでプレーできて良かったと思っている」

 

ただ、細貝にとって先発出場してからの時間はとてつもなく長かった。夜のゲームでも30度を超える気温とジメジメとしたタイ特有の湿度は、ただでさえプレーヤーの体力を低下させる。細貝自身も当地でトレーニングを重ねてきたとはいえ、実戦とは全く異なることを自覚したかもしれない。

 

「本当にキツかった。試合中に頻繁に監督やチームマネージャーから『大丈夫か?いつまでいける?』と聞かれたけど、『だめだ』と言えるような状況でもなかったから懸命にプレーした。全体合流して皆と一緒に練習してから3日しか経っていないから、やっぱり辛かったよ。結局、終盤にペドロ・ジュニオールが先制点を獲ってくれて、その直後の80分くらいに交代した」

 

体力面の辛さを痛感した一方で、プレー感覚については一定の手応えを掴んだとも言う。

 

「今日はACLとの連戦で過密日程の中での試合、またアウェーでもあったから、リトリートして守備を固める形を採ったんだよね。でも、その中でも自陣で味方センターバックやサイドバックからパスを引き出しながら、スムーズにボールポゼッションできたと思う。まだディフェンスのところで相手に強く行けないこともあったけど、運動量を含めて、そのあたりのベースを高められれば、もっともっとプレー内容が向上するだろうし、ブリーラムの中盤を引っ張っていける自信はある」

 

ブリーラムはタイの常勝クラブとしてリーグを牽引すべき存在だ。そのチームの中で、細貝は外国籍選手として、また年齢的にもリーダシップを発揮していかねばならない。

バンコク・ユナイテッドとの一戦は、この地で闘っていけると革新できた意味で、彼にとって大変意義深い一戦となった。

 

「体調不良で長い間戦線離脱して、このタイという新天地で戦うことを決めて、ようやくチームメイトと共に試合ができた。しかもバンコク・ユナイテッドという優勝を争うチームと戦えたことは自信にもなった。これから国際Aマッチウィークで約2週間リーグが中断するから、そこでもう一回コンディションを整えて、またブリーラムのために戦う準備をしていきたい」

 

試合後の彼の声は、久しぶりに明るく弾んでいた。

バンコクからブリーラムへと戻るチームバスの中で、その手応えを噛み締めながら……。
 

 

Column2019/03/15

【Column-064】 [微笑みの国で-01]『スタートライン』

 

苦しく、辛く、長き道のりだった。

 

昨年の12月に体調を崩した細貝萌は新たな移籍先であるタイ・ブリーラム・ユナイテッドへの合流が遅れたが、懸命なリハビリの末にチームへと加わり、ようやく新たなる挑戦に臨む態勢を整えられた。

 

「昨年の12月に柏レイソルを離れてからはいろいろな出来事があった。それについては今後しっかりと話す機会がいつかあると思う。ただ、ここ数か月間はとても不安な思いに苛まれて、なかなか出口が見つからなかった。今回は僕の人生の中で最も苦しい時間で、なおかつ重要な期間でもあった。その間、僕のそばにはいつも家族が居てくれたし、多くの友人、スタッフも僕の精神面をサポートしてくれた。そのおかげで、僕はようやくピッチへ戻ることができた」

 

ここまでの経緯については本人も話しているように、別の機会で明らかになるだろう。今の段階ではっきりしているのは、細貝萌は幾多の苦難を乗り越えた末に、新たなチームで自らの存在価値を示す戦いに再び身を投じる覚悟を決めたということだ。

2019年3月10日。タイ・リーグ1に所属するブリーラム・ユナイテッドはリーグ第3節のプラチュワップFCとのホーム戦を2-0で勝利した。そして細貝は、その試合の79分から途中出場して新チームでの公式戦デビューを飾った。

 

「体調を崩してからはリハビリに時間を費やしてきて、チームの皆とは離れて別メニューで調整を続けていた。でも(ボジダル・)バンドビッチ監督は自分のことを気にかけてくれていて、僕もできるだけ早くプレーしたいと思っていた。そんな中で10日の試合では急遽メンバー入りして、僕もベンチから戦況を見つめていた。チームはかなり相手を押し込んでいる状況で、1-0で勝っている後半途中に僕の出番が来た。ただ相手は引き分け狙いでプレッシャーもそれほどなかったので、自分としてはスムーズに試合へ入れたと思う。しかも僕がピッチに立ってからチームも追加点を挙げたしね。ただ、そこからは相手のプレーが荒れてきてファウルが増えてきていたので、上手くボールを回してゲームを終わらすことにフォーカスした」

 

ブリーラムは過去に7回国内リーグを制覇し、一昨季、昨季でも連覇を果たしたタイの“絶対王者”だ。また日本のJリーグクラブも参加するAFCアジア・チャンピオンズリーグでもベスト8に進出した実績があるなど、最近のアジアサッカーシーンで急激に頭角を現してきた東南アジアクラブの雄でもある。

ブリーラムは今季のACLグループステージ初戦で浦和レッズとのアウェー戦を戦い0-3で敗戦したが、続くホームでの第2節・全北現代(韓国)戦ではスパチョク・サラチャットのゴールで1-0と勝利した。細貝は今、そんなタイの盟主とも言えるクラブで新たなる実績を築き上げようとしている。

 

「今までのブリーラムにはブラジル人FWの強烈な選手(ジオゴ・ルイス・サント)がいて、その選手が得点を取ってチームを勝たせていたけども、その彼は移籍してしまった(今年1月にマレーシアリーグのジョホール・ダルル・タクジムへ移籍)。だから今季は去年のチームスタイルからは少し変化していくと思う。ただ今季のブリーラムも戦力は揃っていて、選手全員が戦う姿勢を貫けば間違いなくタイリーグを獲れると思う。またACLに関しては、僕は体調不良だったのもあって大会の登録メンバーには入らなかったけれども、こちらもクラブにとって重要な大会になる。ブリーラムはグループステージの初戦を浦和のホームで戦って0-3で落としているから、ホームでの全北現代戦は大きな勝ちだった。でも次の試合も大事。今は連戦で、次はタイ・リーグで優勝争いのライバルになるであろうクラブの一つ、バンコク・ユナイテッドとの一戦が控えているので、ここはポイントになる」

 

早くもリーグの重要な一戦を迎えるブリーラムだが、ここで細貝に大きな役割が与えられる可能性がある。バンコク・ユナイテッド戦で彼が試合出場する可能性が高まっているのだ。

 

「まだ出場できるとは断言できないけども、もしスタメンで出場した場合は自分に何ができるかを突き詰めたい。僕自身にとってもチームにとっても、ここで強豪を下して調子を上げていけるかどうかがカギになる。この3日間の練習でどれだけフィーリングを掴めるか。なにしろ僕は体調が回復して戦線に復帰したばかりで、この前のプラチュワップ戦には出場したけども、まだチームメイトとの全体練習にほとんど加わってないから、とにかく試合感覚、と言うよりサッカー感を取り戻さなきゃいけないと思っている」

 

細貝に課せられた当面の課題は体調不良によって遠ざかっていたサッカーのプレー感覚、そして実戦感覚を取り戻すこと、そして新チームでのコンビネーション熟成にも注力しなければならない。そして何より、細貝自身が自らの力をチームへ還元させてタイトル獲得に貢献できるかどうか。そのタスクを果たすためには様々な困難を克服しなければならない。

 

「コンディションは順調に回復してきていると思う。別メニューでのプレー感覚も良くなっている。ただ、12月初旬まで日本でサッカーをしていたときの自分とは比べられない。それは体調面もそうだし、サッカーをプレーする環境面でも今とは違いがあり過ぎるから。今のタイは夏を迎えていて、夜でも34度くらいまで気温が上がる。ちなみに日中は39度だからね。とてもじゃないけど昼間にはプレーできないから、普段はだいたい夕方から夜にかけて練習をしている。今の日本はまだ冬でしょ?そうなると、その季節感からして日本とタイとでは違うよね。灼熱の中でスプリントすると、すぐに息切れがする。でも、その気象条件には順応しなきゃならない。ちなみに生活面ではもう、暑いのには慣れたよ。あとは、ここでサッカーをして、どこまで体が馴染むか。でもタイの選手たちはこの環境の中で普通にプレーしているから、当然僕自身もできないとは思っていないよ。とにかく強い気持ちを持って戦いたい」

 

3月17日、タイ・リーグ1のバンコク・ユナイテッド戦は細貝にとってターニングポイントと言うべき試合になるかもしれない。

 

「監督とはいろいろな話をするけども、今はとにかく僕のことを信頼してくれていると感じていて、それが充実した気持ちへと繋がっている。それにプレーに関しても、話していて的確だと感じる。まだ、全体練習にもほとんど加われていないのにね(笑)。でも、だからこそ、僕はその期待に応えなきゃいけないと思っている。ブリーラムでの僕は外国籍枠を使っている“助っ人”なので、良い意味での緊張感もある。17日のゲームの相手は去年のリーグ2位で、結果はどうなるか分からないけど、僕らブリーラムは3連覇での優勝を狙っているので、絶対に負けられない。正直90分間体力が持つかは分からないけれども、もしスタートから出場するとすれば、自分はこういう選手だということを内外にしっかり見せつけたい。ダブルボランチの一角として出場するようなら、後方に残っているのではなくて前へ打って出て得点も狙いたいと真剣に思ってる」

 

ブリーラム・ユナイテッドの背番号7。細貝萌はようやく、新天地でのスタートラインに立った。

 

 

Column2018/12/4

【Column-063】 [太陽の下で-26]『忸怩たる2018シーズン』

 

柏レイソルの、2018シーズンが終わった。

3年ぶりに出場したAFCチャンピオンズリーグはグループステージで敗退。

また、YBCルヴァンカップではベスト4まで進出したが、天皇杯は3回戦で敗戦。

そして肝心要のJリーグは17位に終わり、2009シーズン以来クラブ史上3度目となるJ2降格を喫した。

 

チームが苦境に陥る中で、細貝萌は9月1日のJリーグ第25節の横浜F・マリノス戦でベンチ入りして以降は全ての公式戦でメンバーに入ることができなかった。

彼が最後にピッチへ立ったのは8月15日のJリーグ第23節・FC東京戦での試合終了間際の1分間。彼は夏場以降、チーム内での立場を築けずに忸怩たる時を過ごした。

「これまでの自分のサッカー人生の中でも最も難しいシーズンだったと思います。」

 

2005年に前橋育英高から浦和レッズへ加入してからこれまで、彼のプロサッカー人生は決して順風満帆ではなかった。

18歳のプロ初年度はリーグ戦僅か3試合の出場に終わり、その後も先輩たちの背中を追いながら、ようやくレギュラーの座を掴んだのはプロ4年目の2008シーズンからだった。

勇躍臨んだドイツの地では所属元のレヴァークーゼンからいきなりブンデスリーガ2部のアウクスブルクへレンタル移籍。ドイツサッカーへの適応に苦労するも、徐々に出場機会を得てヨーロッパの地で実績を築きはじめた。

主力選手としてプレーしていたヘルタ・ベルリンでは監督交代と同時に新たな監督から評価されずに練習にすら満足に参加できない日々。トルコへと活躍の場を求めた。

その後、一旦はドイツへ戻りながら、彼は一大決心をして2017シーズン開始直後に柏レイソルへ移籍。新たなチャレンジへと臨むこととなる。

 

その新たなチャレンジもこれまでのキャリアと同様に順風満帆には進まなかった。

昨季はリーグ戦14試合、ルヴァンカップ5試合、天皇杯3試合に出場し、ほとんどすべてのゲームでチームの一員としてプレーし続けた。しかし今季は下平隆宏監督から加藤望監督、岩瀬健監督と指揮官が移り変わる中で、試合当日はホームスタジアムのスタンド、もしくはアウェーの場合は自宅で迎える日々が長く続いた。

 

「試合に出場するメンバーは、プレーの特徴はもちろん、チーム内での役割、チームメイトとの組み合わせ、その他にも様々な要素、チーム事情を加味された上で起用法が決まります。プロの世界なので良いトレーニングができて自分のコンディションが良い状況だと思っていても必ずしも出場できるわけではありません。今シーズン、自分では良いトレーニングができていると思っていても特にシーズン終盤は全く試合に絡めない状況で、自分にとっては厳しく、辛いシーズンでした。しかも自らが試合に貢献できない中で、チームはJ2に降格してしまった。柏のスタイルに順応できず、チームに自分の力を還元できなかったことは本当に残念ですし、申し訳ない気持ちです。」

 

細貝のプロサッカー人生の中で、所属チームが下部リーグへ降格したのは初めての経験だった。

しかしピッチへ立つことすら叶わなかった現状では、自らのプレーを振り返ることも、チームの問題点を抽出することすらもできない。

 

「リスペクトできる仲間たちと一緒にシーズンを戦ってきました。たとえ自分が試合に出場できなかったとしても、これまでの自分の経験などをチームメイトへできるだけ還元したいとも思っていた。でも自分はあくまでも選手です。やっぱりプレーでチームに良い影響を与えられなかったことは悔しいです。」

 

今の柏には優秀な選手たちが揃っている。

日本代表に選出される主力、アンダーのカテゴリーで頭角を現す若手、才能豊かな外国籍選手たち……。

しかし、今季の柏は戦力の充実とは裏腹に勝ち星を積み上げられず、リーグ戦最終節を待たずしてJ2への降格が決まった。

チームは実力に相応しくない結果を受け入れざるを得なかった。

来季復活の狼煙をあげるために、柏レイソルにとっても細貝萌にとっても挑戦者になることが求められる。

Column2018/07/1

【Column-062】 [太陽の下で-25]『韓国でのキャンプを経て』

 

下平隆宏監督(現・強化チームダイレクター)に代わって加藤望監督体制へと移り変わった柏レイソルは、ロシアワールドカップ開催によるリーグ中断期間を利用して韓国の昌原サッカーセンターで11日間の強化キャンプを張った。チームはキャンプ5日目に牙山ムグンファFC(45分3本、●3-5)、そして最終日に慶南FC(45分2本、○4-2)とトレーニングマッチを行い、細貝萌は2試合共に出場を果たしてコンディションを上げ、慶南FC戦ではゴールもマークした。

 

「個人的には、今回のキャンプはとても充実したものになった。連日練習をして、トレーニングマッチ2試合に出場した中で怪我なく終えることができたから。最初の練習試合も4人だけ90分プレーしたんだけど、僕もその中の一人だった(笑)」

 

加藤監督は今回のキャンプで自らが志向するチームスタイルの構築に着手している。それは細貝の起用法からも分かる。彼は今回のトレーニングマッチでインサイドハーフ、センターバック、サイドバックと、様々なポジションで試された。

 

「右サイドバックでプレーしたり、トリプルボランチの左前みたいなポジションで攻撃的な役割を負ったりもした。またこのキャンプの多くの時間で、センターバックでプレーした。現状では僕が今後どんな役割を担うかは分からないけど、チームが試行錯誤しながら構築を進めているのが感じられる。とは言え、ポジションがガンガン変わっていくのは僕ぐらいだけど……。良いんだか悪いんだかって気もするね。でも、僕自身の向かう方向は何も変わらないよ。今は自分のことを考えて、自分らしく前進していくことに集中していきたい。まずは自分自身が充実しないと、先につながっていかない気がするから」

 

中断期間中にはDF古賀太陽が育成型期限付き移籍でアビスパ福岡へ、そして昨季の守備陣の中核を担ったDF中谷進之介が名古屋グランパスへ完全移籍した。ディフェンダー陣が手薄なのは自明の理で、細貝がその役割を担う可能性も出てきた。

 

「まだまだ、何も分からないよ(笑)。ただ、今のチームの雰囲気は悪くないと思う。各ポジションのチーム内競争は激しいけど、それがモチベーションになって皆が向上しようという意識を保てている気がする。今回、韓国でのキャンプでトレーニングを重ねたことで身体面の強化だけでなく、精神面のリフレッシュもできた。これから中断明けに向けて、良い心持ちで臨めると信じてる」

 

柏に加入してからの細貝は常に小さな怪我に悩まされ、プレーはしていたもののコンディションを落としていた時期が長い。また試合出場が限られてからは実践感覚の欠如を痛感し、時折訪れる出場のチャンスで本来のパフォーマンスを発揮できずに忸怩たる思いを抱いてもきた。現状も彼のチーム内での立場は予断を許さないが、厳しいキャンプでの練習を乗り切り、トレーニングマッチでも試合勘を取り戻してきた彼の内面に確実な変化が訪れた。

 

「いや、最後の試合(慶南FC戦)のプレーした45分間は本当にきつかった(笑)あんな感覚までいくのは久しぶりだった気がする。それでも、今はその厳しさが後に生きると思っている。これほど充実したときを過ごせたのは久しぶり。あとは自分らしく前進していくだけだね」