Column2017/03/24

【Column-037】 [光り輝く街で-26]  『太陽の街へ』

 

 細貝萌は、ドイツ・ブンデスリーガ2部のVfBシュトゥットガルトから日本のJ1リーグに所属する柏レイソルへの完全移籍を決めた。

 

 2016年8月、ヘルタ・ベルリンから新天地を求めて再チャレンジを始めたドイツ南部の大都市では様々な出来事があった。細貝が師事してシュトゥットガルトへの移籍を決断する動機となったヨス・ルフカイ監督がシーズン開幕から数試合で辞任したことは青天の霹靂だった。また細貝自身もシーズン序盤に右足太もも前を肉離れし、続けて右足小指の骨折にも見舞われて苦境に陥った。骨折直後に痛み止めの注射を打って強行出場した第9節のディナモ・ドレスデン戦は0-5の大敗。本人の調子は悪くなく、自らのプレーパフォーマンスだけが敗戦の要因ではなかったが、それでも責任を痛感した細貝は改めて戦線離脱を決意し、そこからハネス・ヴォルフ監督率いる新チームの中で序列に変化が生まれた。

 

「2017年を迎えてから、何かの変化を加えなきゃならないというのが自らのテーマだった。もちろん、それはシュトゥットガルトというチームの中で、とにかく何か変化を求めていた。でも、ウインターブレイク明けの強化キャンプ中に練習試合での強い打撲で別メニュー調整を強いられ、ここで一層チーム内の立場が厳しくなった」

 

 長期的なチーム構築を見据えるヴォルフ監督はシーズン中に度々負傷してチームを離れる三十路の選手のプライオリティを下げ、アンカーのポジションに24歳のマティアス・ツィンマーマンや20歳のアント・ギルキックらを起用し、新たにガーナ代表であるオフォリを戦力として獲得した。それをきっかけに細貝は負傷が癒えた後もベンチ入りメンバーから外れるようになった。

 

「2011年の冬にJリーグの浦和レッズからドイツ・ブンデスリーガ2部(当時)のアウクスブルクへ移籍してからこれまで、自分はドイツでほとんど負傷したことがなくて、チームに帯同できないこともなかった。でも今回は時間が経つにつれて立場が厳しくなってきて、何かしらの決断を下さなきゃならない状況にあることを自覚した」

 

 昨年6月に30歳を迎えた細貝は、これらもヨーロッパでプレーし続ける意思を持っていた。しかし今回、精神的にも立場的にも極限の状況に置かれる中で、彼は数年ぶりに母国でのプレーを憧憬するようになった。

「正直、昨年の6月、そして12月の段階ではチームを移籍する、もしくは日本に帰る選択肢を持ってはいなかった。だからこそ数多くあったJリーグのオファーも断った。でも、今のこの状況はプロサッカー選手として行動を起こさなきゃならない時だと思ったんです。所属チームでベンチ入りすらできないのは何よりも厳しい。自分のサッカーキャリアの将来を見据えた末で、選手はやはり、自らの力を一番求めてくれる場所でプレーするのが最善だと考えたんです」

 

 今季のヨーロッパ4大リーグの移籍期間は1月31日が締め切りだった。つまり今の状況では細貝の選択肢は限られていた。それでもシーズン中の移籍を模索した時、真っ先に頭の中に浮かび上がったのはJリーグでのプレーだった。

「Jリーグの冬の移籍締切は3月31日まで。嬉しいことに、このタイミングにも関わらず僕に対して幾つかのクラブが興味を示してくれたんです。そして今回、柏レイソルというチームの正式オファーを受けて、このクラブへ移籍する決断をしました。今の自分の年齢、柏のチームスタイル、そして自分のプレースタイルがマッチするのかどうか。今季の柏は現在リーグ3連敗中で、その中で僕の力が少しでも役に立てばという思いがある。僕は、このチームの助けになりたい」

 

 細貝は前橋育英高校から2005年に浦和レッズへ加入し、Jリーグで6シーズンプレーした。当時と現在ではJリーグの環境やレベルに差異があり、自らのプレースタイルも変化している。しかし、それでも彼には豊富な経験に裏打ちされた自信と個性がある。

 

「今の柏は若いチームという印象がある。僕がこのチームに入ると、自分はチーム内で4番目の年長者になる。そうなれば自分のことだけに邁進するのではなく、チームメイトを引っ張っていく役割も求められるのは当然。僕はできる限り、その尽力をしたいし、その覚悟もしている。でも、それと同時に僕は日本でプレーするのはかなり久しぶりなので、柏のサポーターが歓迎してくれるかが少し不安なんだよね……。僕のことを少しでも知ってくれていれば良いんだけど…(苦笑)」

 

 一方で細貝は、かつて所属した浦和にはどんな思いを抱いているのだろう。

 

「僕は浦和レッズというクラブに育てられてドイツで挑戦することができた。だから以前も今も浦和レッズというクラブが大好きであることに何も変わりはないんです。でも今の浦和はミハイロ・ペトロヴィッチ監督という素晴らしい指揮官の下で、実力のある選手たちがハイレベルなサッカーをしてタイトルを目指している。その中で僕の力がどれだけ必要とされるのか。それは結果論に繋がるから何も分からないんだけど、今の自分の状況、そして今後のことを考えたら熱心に僕を誘ってくれた柏に行くべきだと思ったんです。本当に本当に悩んだけれども、様々な事象を加味した上で決めました。久しぶりに手の肌も一気に荒れ、今は少し精神的にやられている状況なんだけどね…」

 

 簡単な決断ではなかった。それでも細貝自身が備える志は揺るがない。プロサッカー選手として、今出来る最大の力を発揮する。その場所は、黄色と黒をチームカラーとするクラブが相応しいと確信している。

「実は僕が浦和レッズでプレーしている時代は、レイソルが国立競技場でホーム戦を開催していたんです。だから僕は、柏の本来のホームスタジアムである日立台のピッチに立ったことがない。スタンドからピッチまでの距離が近い、あの日立台でプレーした時に、僕はどんな思いを抱くんだろう。実は、小学生の文集には『柏レイソルに入団したい』と書いているんだよね。今は、その時が早く訪れてほしいと願っているし、柏レイソルの選手としてプレーするのが本当に楽しみでならない。そしてこれから僕の人生はどうなるか。きっとこれからも多くの壁が立ちはだかると思う。でも、それを自分の力、家族、応援してくれる方々の力を借りて、一つひとつ乗り越えていきたいと思う。」

 

 細貝萌の、新たな挑戦が始まる。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/03/2

【Column-036】 [光り輝く街で-25]  『復活への道程を歩む』

 

 またしてもベンチ入りしなかった。ブンデスリーガ2部第22節のカイザースラウテルン戦。VfBシュトゥットガルトはシモン・テロッデ、オズジャンのゴールでホーム戦に快勝して首位を堅持したが、その歓喜の輪の中に細貝萌の姿はなかった。これで2戦連続のベンチ外で、彼を取り巻く状況は厳しさを増している。

 ハネス・ヴォルフ監督が4−1−2−3のアンカーを任せているのは20歳のスイス人MFアント・ギルキックだ。ギルキックは実戦経験が乏しいものの、大きな体躯を生かしてセーフティーなプレーを貫き、主にチームの守備を支えている。センターバックのティーモ・バウムガルトル、マルティン・カミンスキーとの連係もスムーズで、前線に攻撃性能の高いFW陣を多く配備するチーム構成の中ではバランスが取れている。その証拠にチームは5連勝していて、2位・ブラウンシュヴァイクとの勝ち点差が徐々に開き始めている。1年での1部復帰が至上命題のクラブにとっては着実に勝ち点を伸ばすヴォルフ監督のチームを高く評価しているに違いない。

 

 一方、細貝は安定した戦いを繰り広げるチームで確固たる役割を与えられないでいる。今季3度のケガに見舞われて戦線離脱を繰り返した結果、チーム内でのプライオリティが下がって立場が危うくなっている。日々の練習でのミニゲームでアンカーではなく控え組のセンターバックなどでも起用されているのが、その証拠だ。先のカイザースラウテルン戦ではギルキックをバックアップするアンカーの控えにマティアス・ツィンマーマンがベンチ入りしていて、現状では細貝がアンカーで試合出場を果たすのは難しい。

 細貝自身は当然現状打破を期して日々のトレーニングに励んでいる。チームメイトとの関係は良好だし、監督ともある程度のコミュニケーションは取っている。しかし自らの起用法などについては選手の立場上、今のところは表立って何かをアピールすることなく、黙々と鍛錬に努めているのが現状だ。

 2月26日の夕方から開催されたホームでのカイザースラウテルン戦後。細貝は旧知の仲間と会食を共にした。ドイツ・ブンデスリーガのヘルタ・ベルリンでプレーする原口元気が2日間のオフを利用し急遽シュトゥットガルトを訪れて試合を観戦し細貝と会ったのだ。また細貝は先日、隣町に住むアウクスブルク所属の宇佐美貴史、ザルツブルク所属の南野拓実ともミュンヘンで会って近況を報告しあっている。プロサッカー選手の後輩であり、ドイツで戦う同志でもある仲間との触れ合いによって、細貝は再び本来の力を取り戻そうとしている。


 

 自らの力を請われずに忸怩たる時を過ごす日々は、サッカー選手として断腸の思いで、何より屈辱である。どんな世界でも自らの居場所を見い出せなければ落ち込むし、自問自答してしまう。それでも時は進み続ける。何かを諦めたり、意欲を無くした時点で成長は止まり、その者は淘汰を受け入れなければならない。

 18歳で浦和レッズに加入してプロデビューを果たしてから、細貝は幾多の苦難に直面してきた。浦和では日本代表クラスのチームメイトと切磋琢磨してボランチというポジションで開眼した。その後、勇躍渡欧して所属したアウクスブルクで恩師であるヨス・ルフカイ監督と出会い、ドイツでのキャリアをスタートさせた。レヴァークーゼンではヨーロッパのカップ戦タイトルを戦うチームの中で激しいポジション争いに見舞われたが、ルフカイ監督に請われる形で移籍したヘルタ・ベルリンでは確固たる立場を築いて中盤に君臨した。しかしルフカイ監督が解任されてパル・ダルダイ監督に引き継がれた直後、このチームに細貝の居場所はなく、葛藤の末にトルコへ新天地を求めた。異国の古都・ブルサでの日々は新鮮で、自らの力が確実に蘇る手応えを得た。イスラム社会の中で逞しく生きる現地の人々と触れ合い、3度の監督交代に見舞われたブルサスポルでは多岐に渡る役割を与えられてチームのために尽力した。レンタル期間終了後にはブルサスポルから正式移籍のオファーを受けた細貝はしかし、再び新たなる挑戦を求めて2部降格からの復活を期す名門・シュトゥットガルトの門を叩いたのだった。

 三十路を迎えた細貝の現状は厳しい。しかし同じような困難、苦難は今までも経験してきたし、その都度乗り越えてきた自負もある。プロサッカー選手が成すべきことはピッチの上にしかない。長いシーズンの中で必ず自らの力が求められる時が来る。千載一遇の機会に如何に結果を果たせるか。

 最大の正念場にして、チャレンジし甲斐のある戦いに打って出る。迷いと不安を払拭した時、そこには鮮やかに復活する細貝萌の凛々しい姿がある。


 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/02/15

【Column-035】 [光り輝く街で-24]  『戦い続ける』

 

 ウインターブレイク明けのVfBシュトゥットガルトはリーグ戦で3連勝し、ブンデスリーガ2部で首位に躍り出た。長くトップを堅持していたブラウンシュヴァイクと勝ち点4差を付け、ようやく名門チームらしい立場を取り戻しつつある。ハネス・ヴォルフ監督のチーム改革も順調なようで、比較的若い選手を中心にした今のチームの選手構成はフレッシュで躍動感がある。その中のひとりが日本代表FWの浅野拓磨で、ブレイク明け後はゴールこそないものの常時先発出場を果たしており、またポジションもウイング、インサイドハーフと、多岐に渡る役割をこなしている。

 

 そんな中、細貝萌はブレイク明け後初戦のザンクトパウリ戦でベンチ外、そしてデュッセルドルフ戦、ザントハウゼン戦ではベンチ入りしたものの不出場と、苦しい時を過ごしている。

 今季の細貝がすでに3度の負傷で離脱した点はマイナス材料だろう。復帰と離脱を繰り返す中で他のチームメイトが台頭し、指揮官の評価を得た上でチーム成績が上向いている事実は鑑みなければならない。現場を束ねる側としては安定したパフォーマンスを発揮し、チームの勝利に貢献できる人材を登用したい。しかも、チームの将来を見据えるならば若手に任を託した上で結果を残せればクラブの財産ともなる。元々ドルトムントのユースチームを率いて優勝した経験のあるヴォルフ監督には将来性豊かな若手選手を見極める慧眼は備わってるはずで、クラブもその才覚を見込んで監督を任せたとも思われる。22歳のMFカルロス・マネ(ポルトガル)、21歳のFWジュリアン・グリーン(アメリカ)、20歳のMFアント・ギルキック(スイス)、20歳のDFティム・ガウムガルトル(ドイツ)、22歳の浅野らの20歳代前半の選手たちが先発でピッチに立っている状況からも、ヴォルフ監督の長期的なチームコーディネイト指針が如実に垣間見られる。

 それでも細貝はモチベーションを切らさずにトレーニングに励み、いつ訪れるかわからないチャンスへ向けて精進を重ねている。

「もちろん自分が厳しい立場にあることは理解している。ポジションも本来のボランチ、アンカーからセンターバックの3、4番手の位置付けになっているし、毎日のようにポジションが変わっていく。厳しい状況だというのは日々の練習の中で感じていることでもある。ただ、ここで集中を切らしてしまったら自分自身が駄目になるから。僕にはこれまでの経験があって、その都度厳しい状況を打破してきた。だから今回も同じように前を向いて戦っていくつもり」

 

 そんな中、気になるニュースが入った。シュトゥットガルトがスウェーデンのAILソルナに所属するガーナ代表MFエベニーザー・オフォーリを獲得したのだ。オフォーリの本職は守備的MFで、彼はアンカーの主力候補だ。現在はガーナ代表としてアフリカ・ネーションズカップへ参加しており、次節のハイデンハイム戦でデビューする可能性が濃厚とのこと。細貝が負傷で離脱後、ヴォルフ監督はアンカーの最適任者探しに苦慮していて、マティアス・ツィンマーマンや前述のアントを試してきたが、クラブが強化を名目に画策した結果がオフォーリの獲得だったと思われる。細貝にとっては新たなライバルが目の前に現れたわけで、一層の奮起が求められる。

「アンカーでもセンターバックでも、与えられた役割を全うするのが選手としての僕の仕事だし、責任だと思っている。もちろん厳しい状況なのは分かっている。でも自分の出来ることをやるのがプロ選手としての仕事だし、そういう気持ちでやっていくことが自分の将来につながる。それと、2017年、今年の僕のテーマは『変化』。今後はそうなるような選択をしていくつもりだし、だからこそ自分自身の中で努力をしていく。」

 

 先日、日本から家族がやって来た。様々なサポートを受けながら、細貝は直面する困難と向き合う覚悟を決め、毎日戦い続ける意思を貫いている。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/02/3

【Column-034】 [光り輝く街で-23]  『雌伏』

 

 ドイツ・ブンデスリーガ2部のウインターブレイクが明けてリーグ戦が再開された。VfBシュトゥットガルトはアウェーでザンクト・パウリと対戦し、拮抗した展開の中で84分に交代出場のカルロス・マネが決勝ゴールを挙げて辛勝を果たした。

 細貝萌はベンチ入りメンバーから外れ、ザンクト・パウリの本拠地があるハンブルクへ帯同しなかった。試合当日はクラブハウスで試合の様子をテレビ観戦しようとしたが、他にチームメイトがおらず手持ち無沙汰だったために自宅へ帰った。自宅は現在トラブルでブンデスリーガ2部の試合を視聴できないため、彼はインターネットで試合の状況を追い、チームの勝利を知ったのだった。

 

「ポルトガルキャンプの時から自分が控えチームのセンターバックで起用されている状況だったので、再開戦のメンバーに入るのは厳しいかなと感じていた。ヴォルフ監督からは、『今は体調を整えることを優先してくれ』とも言われたしね。もちろん悔しい思いはあるし、チームに貢献できない自分の不甲斐なさも感じている。今季はすでに3度も負傷して戦線を離脱しているし、その点はコンディションを維持することが今の自分の使命だということも理解している」

 細貝は、これまでもチーム内で厳しい境遇に立ち、その都度乗り越えてきた経験がある。直近ではヘルタ・ベルリンのパル・ダルダイ監督から構想外とされて練習への参加も制限されたが、トルコへのレンタル移籍を経て再びドイツの舞台に戻ってきた。トルコでは所属先のブルサスポルが成績不振で3度の監督交代を実行する中で、細貝はいつでも最終的に新指揮官の信頼を得てピッチへ立ち続けた。その役割はダブルボランチの一角、アンカー、サイドバックと様々に変化したが、多様なスキルを備える細貝にとってはむしろユーティリティ性が武器となり、チームのウィークポイントを埋める重要な選手として認識された。

 

 今のシュトゥットガルトではハネス・ヴォルフ監督がチーム編成上の都合で細貝をアンカーからセンターバックへコンバートしている。4バックのセンターで守備の要を務めるには高いフィジカルを必要とされるが、ヘルタ・ベルリンでヨス・ルフカイ監督が率いていた時代にセンターバックを務めた経験がある細貝には確固たる自信がある。

「最後尾でチームをコントロールして最後の防波堤になる仕事はやり甲斐がある。今は『センターバックでプレーしろ』と言われても高いモチベーションを保てるよ。ただ、そのためにはトップチームで公式戦に出場しなければならない。でも今の自分はまだ、その立場を確立できていない」

 

 シュトゥットガルトは今節でザンクト・パウリに勝利したことでハノーファー、ブラウンシュヴァイクと同勝ち点の3位を堅持している。1年での1部昇格を使命とするクラブとしては最低限でも自動昇格権を与えられる2位以内に入らねばならない。今季途中から指揮を執るヴォルフ監督は課せられた責務の遂行と自らのステップアップを目論んで、これからも様々なチーム改革を実行するだろう。特にヴォルフ監督は若く将来性のある選手を抜擢する傾向がある。イングランド・プレミアリーグのアーセナルから期限付き移籍中の浅野拓磨をザンクト・パウリ戦でフル出場させたのも、その一環だろう。また浅野と同じくスピードに定評のあるマネは今回スタメン出場こそ逃したが、後半開始から途中出場して決勝点をマークし、指揮官に自らの力を誇示した。そして現在アンカーのレギュラーでプレーするのは24歳のマティアス・ツィマーマンで、最近は細貝に代わって彼がファーストチョイスを務めてきた。しかしヴォルフ監督はポルトガルキャンプ中にスイス人MFで20歳のアント・ギルキックの能力を見初め、ザンクト・パウリ戦では前半の31分に故障したツィマーマンを下げてギルキックを投入している。


 

 そして最近チームはボランチ、左サイドを戦場とする若い選手も獲得した。年齢的にチームの中核に捉えられる細貝はツィマーマンやギルキック、そして新加入選手にはない経験や実績を生かし、チーム全体に波及させられる安定感で勝負するべきだろう。特にリーグ終盤の昇格争いが佳境を迎えた時は、アウグスブルク在籍時代に1部昇格を経験している細貝の力が必ず必要になるはずだ。

 細貝は再びチームから自らの力を請われる時を信じて、今は静かに、それでも内面に炎を燃やしながら準備を重ねている。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook