Column2018/07/1

【Column-062】 [太陽の下で-25]『韓国でのキャンプを経て』

 

下平隆宏監督(現・強化チームダイレクター)に代わって加藤望監督体制へと移り変わった柏レイソルは、ロシアワールドカップ開催によるリーグ中断期間を利用して韓国の昌原サッカーセンターで11日間の強化キャンプを張った。チームはキャンプ5日目に牙山ムグンファFC(45分3本、●3-5)、そして最終日に慶南FC(45分2本、○4-2)とトレーニングマッチを行い、細貝萌は2試合共に出場を果たしてコンディションを上げ、慶南FC戦ではゴールもマークした。

 

「個人的には、今回のキャンプはとても充実したものになった。連日練習をして、トレーニングマッチ2試合に出場した中で怪我なく終えることができたから。最初の練習試合も4人だけ90分プレーしたんだけど、僕もその中の一人だった(笑)」

 

加藤監督は今回のキャンプで自らが志向するチームスタイルの構築に着手している。それは細貝の起用法からも分かる。彼は今回のトレーニングマッチでインサイドハーフ、センターバック、サイドバックと、様々なポジションで試された。

 

「右サイドバックでプレーしたり、トリプルボランチの左前みたいなポジションで攻撃的な役割を負ったりもした。またこのキャンプの多くの時間で、センターバックでプレーした。現状では僕が今後どんな役割を担うかは分からないけど、チームが試行錯誤しながら構築を進めているのが感じられる。とは言え、ポジションがガンガン変わっていくのは僕ぐらいだけど……。良いんだか悪いんだかって気もするね。でも、僕自身の向かう方向は何も変わらないよ。今は自分のことを考えて、自分らしく前進していくことに集中していきたい。まずは自分自身が充実しないと、先につながっていかない気がするから」

 

中断期間中にはDF古賀太陽が育成型期限付き移籍でアビスパ福岡へ、そして昨季の守備陣の中核を担ったDF中谷進之介が名古屋グランパスへ完全移籍した。ディフェンダー陣が手薄なのは自明の理で、細貝がその役割を担う可能性も出てきた。

 

「まだまだ、何も分からないよ(笑)。ただ、今のチームの雰囲気は悪くないと思う。各ポジションのチーム内競争は激しいけど、それがモチベーションになって皆が向上しようという意識を保てている気がする。今回、韓国でのキャンプでトレーニングを重ねたことで身体面の強化だけでなく、精神面のリフレッシュもできた。これから中断明けに向けて、良い心持ちで臨めると信じてる」

 

柏に加入してからの細貝は常に小さな怪我に悩まされ、プレーはしていたもののコンディションを落としていた時期が長い。また試合出場が限られてからは実践感覚の欠如を痛感し、時折訪れる出場のチャンスで本来のパフォーマンスを発揮できずに忸怩たる思いを抱いてもきた。現状も彼のチーム内での立場は予断を許さないが、厳しいキャンプでの練習を乗り切り、トレーニングマッチでも試合勘を取り戻してきた彼の内面に確実な変化が訪れた。

 

「いや、最後の試合(慶南FC戦)のプレーした45分間は本当にきつかった(笑)あんな感覚までいくのは久しぶりだった気がする。それでも、今はその厳しさが後に生きると思っている。これほど充実したときを過ごせたのは久しぶり。あとは自分らしく前進していくだけだね」

 

Column2018/06/16

【Column-061】 [太陽の下で-24]『同志の健闘を祈る』

 

J1リーグはロシアワールドカップ開催による中断期間に入った。細貝萌が所属する柏レイソルは5月12日に下平隆宏監督を解任し、現在は加藤望ヘッドコーチが昇格して指揮を執っている。

チーム内における細貝の立場は以前と変わっていない。リーグ戦ではベンチ外の日々が続き、先の天皇杯2回戦VONDS市原FC戦ではベンチ入りしたものの不出場に終わっていた。

チームは天皇杯で3回戦に勝ち上がった後に約1週間のオフ期間を設けた。細貝はリフレッシュを兼ねて家族、親類らと共にハワイへ旅行したという。

 

「ハワイは今回初めて行ったよ。妻と子どもと、妻の両親と。シーズン中にこういうオフ期間が取れるのは珍しいんだけど、今回はそのタイミングが合ったから思い切って。気持ちも切り替えることができたし、何よりも良い経験ができて、行って良かった。ただ、ワイキキに泊まったんだけど、あんなに日本人が多いとは思ってなかった(苦笑)。それと、旅行中に娘が誕生日を迎えた。ちなみに娘と僕は同じ誕生日だから僕もなんだけど……(6月10日)(笑)。娘はまだ2歳だから、今回のことは覚えていないだろうけど、いつか大きくなったときに写真などで振り返ってもらえたら嬉しいね」

 

つかの間の休息を経て、細貝は日本へ戻った。これからはまた、厳しいチーム内競争を勝ち抜き、柏のユニホームを着てピッチに立つ努力を重ねるときが来た。

「加藤監督になってから、練習の強度が上がった。自分としては、トレーニングの内容が厳しくなるのは良いと思っている。ただでさえコンディションを上げなきゃいけない立場な訳だから。その中で自分の持ち味を出したいと思っている」

 

ロシアワールドカップに出場する日本代表の中核には、細貝の同年代がいる。DF吉田麻也、DF長友佑都、MF本田圭佑、MF香川真司、FW岡崎慎司は2008年の北京オリンピックのU-23日本代表で共に戦ったチームメイトたちである。

 

「ハワイから日本へ帰ってきてテレビをつけたら、ワールドカップのニュースが流れていた。今の日本代表に対しては様々な意見があるようだけど、それでも大会が始まればもっともっと注目度も上がっていくと思う。特に同世代の選手たちに対しては、彼らが海外などで活躍している姿も見てきたから、心から頑張ってほしいと思ってる。それと同時に、当然あのワールドカップの舞台に立てることの羨ましさも感じているけどね。

また、選手個人に対しても様々なニュースが流れているみたいだけども、凄い選手というのは、そのような評価などを自らの力で変えていくと思うんだよね。今回の日本代表の面々にも間違いなくその力はあると思っているから、今回の自分はあくまでも観る側だけど、純粋に大会を楽しみつつ、日本代表のことは心から応援したい」

 

複雑な気持ちが交錯する中で、それでも細貝は同志たちの健闘を祈ると共に、自らの今後にも思いを馳せる。

「今現在自分の立場が厳しいことは分かっている。いろいろあるからね。チームも監督が交代するなど、厳しい状況にある中で、何かを変えなきゃいけないことを理解している。今の自分に何ができるのかを日々自問自答しているけど、何かを起こさなければ前へ進めないからね。これから中断期間が明けるまでは厳しいトレーニングが続くだろうけど、自分のことに集中して過ごしていく」

 

Column2018/05/16

【Column-060】 [太陽の下で-23]『省みる』

 

 思い返してみる。

 

 前橋育英高校から浦和レッズへ勇躍加入してプロサッカー選手になったときは血気盛んで向こう見ずなところもあったが、それでも彼の信念は揺るがず、豊富な実績を誇る先輩たちを前にしても臆することはなかった。

 浦和からドイツ・ブンデスリーガのバイヤー・レヴァークーゼンへ移籍を決めたときは、未知なる冒険へと飛び出した。異国での生活や激しいチーム内競争には不安を抱いたが、怯んだ時点ですべてが終わると言い聞かせて前を向いた。その後はアウクスブルクへの期限付き移籍、レヴァークーゼンへのレンタルバック、そしてヘルタ・ベルリンへの移籍を経てトルコへも渡り、シュトゥットガルト在籍時に柏レイソルからオファーを受けて日本への帰国を決断した。

 

 その間、細貝萌自身は躊躇なく自らのプレーをピッチ上で表現しようと邁進してきたはずだ。幾度もあった困難の中で体調を崩し、精神的にも辛く厳しい状況が続いたときも、彼は必ず復活を遂げ、プレーで自らを表現してきた。しかし今、柏での彼は、その姿すらも周囲に見せられていない。 

 

「柏では、自分の思いや考えを表に出せていない。。それは自分自身に問題があるのは分かっているけれども……。ヨーロッパではすべての人が主張をする。それはサッカー選手だけでなくて、街の人々も同じ。主張しなければ自らの考えを理解してもらうことができないから。それを考えたとき、今の自分は果たして、ヨーロッパにいた時みたいにしっかりと周囲に自分の気持ちを伝えられているのかと思った」

 

 サッカー選手の場合、ただ言葉を発して自らの立場を主張する以外にも明確に自己を誇示できる手段がある。それはピッチ上でのプレーだ。『俺はこう思っている』という無言の言葉を、自らの身体を通して伝達することができるのだ。

 

「最近、ドイツやトルコでプレーしていた頃の自分のプレーを見返してみたんです。ボランチだけでなく、センターバックやサイドバックでプレーすることもあったけど、そのどれもが、細貝萌という選手の個性を惜しみなく発揮しようとしているんですよね。このときの自分はどう思いながらプレーしていたのか……。たぶん、チームのためにプレーしようとした結果、力を出し惜しみすることなく、自分らしいプレーをしようと思っていたのではないかな。チーム戦術に順応しようとか、周囲を生かすプレーをしようというのは先の話で、まずは最大限、自分の力を発揮しなければ何も始まらないんだなと」

 

 今は小さなケガなども少なからず抱えてはいるが、プレーできない状態ではない。それでもベンチ入りすら叶わない状況の中で、確かな指針を失っていた。環境や立場に原因を求めるのではなく、自らを省みなければ先には進めない。まずは自己の個性を最大限に押し出して全力でプレーし続ける。その上で、チームにとって必要な選手と認識されれば、自ずと道は開けてくる。

 

 臆したり怯んだらすべてが終わる。

 

 そう言い聞かせていた若き頃も、そして今の自分も、細貝萌というひとりの人物であることに変わりはない。

 

(了)

 

Column2018/04/28

【Column-059】 [太陽の下で-22]『彼に送る言葉』

 

細貝萌は、いつだって思い悩み、それでも目の前の障害を克服していったはずだ。

 

浦和レッズ時代はバックアップの立場から日本代表選手たちが居並ぶレギュラー争いに割って入った。2007年のA3チャンピオンズカップでは主力選手たちが調整の名目でプレーする中で、彼は全身全霊を賭して浦和のために、中国や韓国の猛者たちと戦った。

 

「こういうときこそ、普段出場機会の限られている選手が力を見せなきゃいけない。ここで自らの存在価値を示せなければ、プロサッカー選手としては、そこで終わりだと思う」

 

そう言った彼の目は、どこまでも輝いていた。

 

 

ドイツに渡ってからは言葉が通じない中で懸命に周囲とコミュニケーションを図って自らの存在を誇示し続けた。アウクスブルクでの飛躍の後に、レヴァークーゼンを経てベルリンで価値を示し、異国で生きることの有意義さをも見出したことで海外での挑戦は間違いじゃないと思えた。厳しい境遇の中で新天地のトルコに渡ってからも情熱は絶やさず、日本語どころか、必死に覚えたドイツ語でさえも通じない日常の中で、それでも自らの存在価値はここにあると信じて戦い続けた。

 

ベジクタシュのホームでポルトガル代表FWのリカルド・クアレスマとバトルを仕掛けて退場処分を下された試合後、地元ベシクタシュサポーターから細貝とチームメイトが乗るブルサスポルのチームバスに過激な攻撃を受けた。辛辣で慈悲のない誹謗中傷は心を落ち込ませたが、イスタンブールからフェリーに乗って地元ブルサのギュゼルヤル港に降り立ったら、真夜中なのにブルササポーターが大挙押し寄せて港に降り立った選手たちに労いの言葉を送ってくれた。細貝の姿を見つけたサポーターが「ホソガイ! ホソガイ! お前は俺達の戦士だ!」と言ってくれたとき、彼はこのチームで戦える無常の幸せを感じた。皆の想いを背負って魂を焦がす。自らがプロサッカー選手であることの意義を感じた瞬間だった。

 

柏レイソルの細貝は、そのポテンシャルの半分も発揮できていない。環境の違いに戸惑う様はまるで外国籍選手のようで、血気盛んな若手選手に気圧されるのは、彼の心根にある優しさが作用している。彼が辿った道のり、経験はかけがえのないものなのに、彼はそれを押し隠したままでいる。

 

もともと足技に優れる選手じゃなかった。スピードも凡庸だし、身体能力だって突出しているわけでもない。それでも私は、彼の素晴らしさを知っている。極限に立たされたときの揺るぎない意志、果てない闘志、チームへの献身。彼自身も見失っているのではないか。このサッカープレーヤーは、自らのためでなく、チームのためにプレーしたときにこそ光り輝く。その根源的な魅力を取り戻せば、必ずや復活できる。

 

練習中に頭を打ち付けて脳震盪を負い、数日間練習からも外れた。チームが浦和を破ってリーグ戦の連敗を止める姿をスタンドから見つめた。

辿る道はひとつしかない。一心不乱に、ただひたすらに闘い続けること。それ以外に、細貝萌が生きる場所なんてない。

(了)