Column2017/10/20

【Column-051】 [太陽の下で-14]『再びの離脱から』

 

左足ふくらはぎの肉離れが完治した細貝萌は一旦チームの全体練習に合流して10月1日のつくばFCとの練習試合に出場したが、そこで太ももの違和感を感じ途中交代し、翌々日にMRI検査を受けた。幸い患部にはっきりした出血は見られずに大事には至らなかったが、最近の度重なる負傷を考慮して再び別メニュー調整することを決断し、そこから約2週間を経てようやく完全合流した。

 

「ふくらはぎのケガが良くなってきて、ここからようやくといった時に、また太ももの違和感があったからさすがに落ち込んだ。でも、結局は自分がやれることをし続けるしかないと思い直した。この期間はチームがオフのときも必ず練習場へ行ってリハビリメニューをして、ようやく全体練習に加われる状況になった。チームのフィジカルコーチやマッサーはもちろん、様々な方々が僕のために治療をしてくれて時間を作ってくれている。皆が多大なサポートをしてくれているから、とても感謝している。ふくらはぎは4週間、太ももは2週間のリハビリだったから合計で約6週間ぐらいの離脱だったよね。その間に部分合流している時期もあったからすごく長かったという感覚はないけども、よくよく考えてみたら、約1か月半も戦線を離脱したのは自分のプロサッカー人生の中で最も長い期間になってしまったね……」

 

ドイツ・ブンデスリーガ2部のシュトットガルト在籍時代に太ももの肉離れが治癒した直後に足の小指を骨折して再び戦列を離れたことがあったが、それでも、これだけの長期離脱にはならなかった。思えば、細貝は30歳を過ぎてから負傷が増えている。自らの身体の状況を正確に把握する必要に迫られているのは確かだろう。

 

「年齢を重ねてきて、やらなきゃならないことも増えてきた。また、コンスタントに試合に出続けていないとコンディションやプレーレベルを保つのは難しいとも痛感している。試合に出てこそ良いコンディションを保つことができるからね。やっぱり、そこは若い時とは全然違うかもしれない。今後は、またケガをしないようにいろいろな予防をしていくつもりだけど、大前提として、当然試合出場のチャンスを掴む努力をしなければならないと思っている」

 

最近の柏レイソルはヴァンフォーレ甲府に0−1、コンサドーレ札幌に0−3と、下位クラブを相手に連敗を喫してしまった。リーグ順位は3位のままだが、4位の横浜F・マリノスとは勝ち点1差。また首位の鹿島アントラーズとは勝ち点11差を付けられた。今季途中に上方修正したリーグタイトルを目指す道程は険しいが、少なくとも3位以内に与えられる来季のAFCアジア・チャンピオンズリーグ出場権は絶対に死守しなければならない。

 

「僕はこれまでリハビリで全体練習に合流できていなかったから、選手たちと全ての練習をこなして同じ時を過ごせてこれなかった。もちろん日常的には話をするけども、同じピッチに立って練習をすることができなかったわけで、今の連敗している状況を正確に把握できていない面もある。だから、これから自分が復帰したら、まずはピッチに立って皆と時間を共有することで、今の悪い流れを断ち切る努力をしたい。

 

若い頃は自分のプレーに専念する思いが強かったけれど、今は立場も少し違う。チームに良い影響を与えられるような振る舞い、プレーをしたいと思っている。今の柏は若い選手が多くて、その点の勢いは間違いなくある。たとえ厳しい試合が続いても、そこで勝ち星を挙げて上位に居続けるのがタイトルを獲るチームだと思うんだけども、今季中盤までの柏は苦しい中でも勝利できたゲームがいくつもあった。だから、その時のことを思い出して残り5試合のリーグ戦をチーム皆で戦いにいくよ。そして自分も、その中に入ってチームに貢献したいと思っている」

 

2017シーズンも終盤を迎える中、柏にはまだリーグ、天皇杯の2冠を得る可能性が残っている。復帰間近の細貝は今、チームへの貢献を心に期している。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/09/26

【Column-050】 [太陽の下で-13] 『ケガからの復活を期す』

 

 細貝萌は左足ふくらはぎの肉離れで別メニュー調整を続けていた。8月26日のJリーグ第24節・アルビレックス新潟戦でベンチ入りも出場機会がなく、その翌日の練習試合でケガを発症。MRI検査などを受けて患部に出血が見られたため、慎重を期してリハビリ生活を過ごしていた。

 

「ふくらはぎの出血は初めてのことだった。基本的にこれまではケガが少なく、肉離れも30歳になってから2回‥。だから自分でももっと早く復帰出来ると思っていたんだけど、チームドクターとも話し合って、時間が必要だと判断した。リハビリは辛いけども、ドイツから柏へ来てからは休みなくプレーしてきて、様々な要因で違和感を覚えていたから、一旦休むことも必要だったのかもしれない。ここに来た当初は安定したプレーができていたと自覚していたけど、時間が経つ毎に試合に出れなかったことで、身体が重くなってきて、一つひとつのプレーに力が入らなくなっていた。新たなチームに来て環境やチーム戦術が全て変わったわけだけど、思うように順応出来ていないのが事実。やっぱり試合に出ないとコンディションを保つのは非常に難しい」

 

 本人が吐露するように、三十路を迎えてからの細貝は、今まで全く怪我をしかなったことを考えれば格段にケガが増えた。20代の頃は試合での対人プレーで相手選手を吹き飛ばしても、自身の身体にダメージを負うのは稀だった。しかしベルリンで不遇を囲い、トルコ・ブルサで異国の地へと環境を変え、再びドイツ・シュツットガルトで新たな挑戦を始めてからは負傷離脱が続いた。それは日本へ戻り、柏という新たなチームでプレーするようになってからも変わらず、本人も驚くほどにコンディションを崩し、イメージとは異なるプレーの連続に思い悩んだ。

 

「リハビリでは筋力トレーニング、バランストレーニングばかりしていたね。最初はそれしかできないから。ただ、それによって心身のコンディションが回復していく手応えを掴めた。これまでは自分が思っていた以上に身体のバランスが崩れていたみたい。身体の状態が整わず、試合勘もない中でもがいた結果、今の厳しい境遇を招いた。もちろん、その間に落ち込むこともあったけど、コンディションを取り戻すことでポシティブな考えを持てるようになった。それにトレーナー陣も必死に身体を診てくれた」

 

 極限の中で戦うプロサッカー選手は、思考と身体が密接にリンクしている。どんなに身体の調子が良くても、気分が落ち込んでいてはプレーに推進力をもたらせない。逆にコンディションが悪ければネガティブな思考との相乗効果でケガを誘発し、取り返しのつかない事態をももたらす。確かに今の細貝は所属チームでの立場が苦しく、挽回を図るべき境遇でもある。それでも、今一度立ち上がり、もう一段ステップアップするには、そのための準備を入念に行わねばならない。

 

「ようやくチームの練習にも部分合流することができた。今は自分のやれることをやっていきたい。自分の力をチームに還元させられる時が必ず来ると信じてやるしかないからね。その時に、しっかりとプレーできるかどうかは今の自分の過ごし方次第だと思う。何かにトライするにしても、それは自分のストロングポイントを生かしてチームに貢献するため。無理矢理チーム戦術に当てはめるのは、少しやめて良いかもとも思っている」

 

 先日、ドイツ・ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフvsユニオン・ベルリンでデュッセルドルフの宇佐美貴史がゴールし、ベルリンの内田篤人が移籍後初出場して相手のオウンゴールを誘発するクロスを送って手応えを掴んだ。宇佐美、内田は共に、細貝がドイツでプレーしていた時代に親交を温めた選手たちだ。

 

「宇佐美はバイエルン、ホッフェンハイム、アウクスブルクで苦労していたのを知っている。その時には彼の相談にも乗ったし、僕自身のことを話したりもした。今回、彼がゴールした後はもちろん連絡したよ。また”ウッチー”は約2年間も膝のケガでプレーができず、本当に悩み苦しんだと思うけど、新天地のベルリンでようやく再起を図れた。彼ともドイツ時代はお互いの家族と共に交流していて、今回ベルリンへ移籍する際も住居などのことで奥さん含め話したりしていたよ。ふたりの復活は僕にとって本当に励みになる。今の僕は苦しい状況を克服して前に進む勇気を彼らから与えられている。彼らみたいな選手が活躍するのは本当に嬉しい。まあ、彼らからしたら、僕に対して『お前もしっかりやれ!』ぐらいのメッセージなんじゃないかな。悔しいけどね、それは(笑)とにかく自分らしく前進したいと思ってる」

 

友の勇姿も心に刻んで、細貝萌は今一度、柏での貢献を心に期している。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/08/7

【Column-049】 [太陽の下で-12] 『己に打ち勝つ』

 

 悔やみ切れないシーンだった。Jリーグ第19節、ユアテックスタジアム仙台でのベガルタ仙台戦。試合は68分に伊東純也が先制点を決めて柏レイソルがリードしていた。時計の針は90分を指し示し、アディショナルタイムに突入。76分に手塚康平と代わってピッチに立っていた細貝萌は監督の指示通りセーフティなプレーを心掛けていた。

 アディショナルタイムは4分のうちの1分が過ぎていた。自陣でこぼれたボールを細貝が蹴り上げてクリアを図る。それが相手選手に渡って再び自陣へ戻ると、細貝の斜め右後方に居たクリスランにボールが渡った。「危ない!」。危機を察知して伸ばした細貝の足はクリスランに届かなかった。相手FWが縦に突進を図る。しかし柏はGK中村航輔を含めて7人もの選手が帰陣してゴールをブロックしていた。『防げる』。そう思った瞬間にクリスランからクロスが供給され、FW石原直樹のポストワークからMF中野嘉大がシュートを打ち込むと、ボールは柏の選手の身体に当たってゴールに入り込んだ。茫然自失の柏イレブン。その中には、もちろん細貝の姿があった。

 

「自分が途中からピッチに立つ役割は十分に理解している。残り15分前後の段階で、チームは1点リードしていた。つまり、その1点を死守するのが僕の役割だった。でも、肝心な場面で力を出せず、自分のエリアから相手に突破を許して得点されてしまった。結果的に集中力を欠いた自分の責任は大きい」

 

 細貝が悔やんだのは自らのプレー選択だった。失点に至るきっかけになったクリアは丁寧に味方へ繋げなかったのか。もっと大きくクリアできなかったのか。ボールが自陣へ戻ってきたときに一旦競り合ったが後方へ流れた。それをクリスランに拾われたときにもう少し速く、強くアプローチできなかったのか。クリスランが突破を図ったときに帰陣したが、味方の人数が多かったことで様子見しなかったか。失点シーンを振り返るほどに後悔が募る。何よりも彼は、与えられた役割を全うできなかった自らの不甲斐なさに打ちひしがれていた。

 

 柏はJリーグ第13節を消化した時点でトップに立ち、クラブは目標をリーグ制覇に上方修正した。第7節から9勝1分の快進撃だったのだから、それも当然のことだ。しかし第17節の鹿島アントラーズ戦で逆転負けして首位をセレッソ大阪に譲り、続く第18節の天王山・C大阪戦でも逆転負けして連敗を喫してしまった。チームとしては何としても状況を好転させたかった第19節の仙台戦をこんな形で終えてしまったことも、細貝の心を落ち込ませる。

 

 今の細貝は自らのストロングポイントを見失いかけているのかもしれない。運動量、球際勝負、スペースカバー、周囲との連動、コーチング、試合状況を見極める眼……。Jリーグ、ドイツ・ブンデスリーガ、トルコ・シュペルリガでの豊富な経験があるのにも関わらず、課せられた責任を過剰に背負い、それが足枷となって本来の実力をピッチに投影できない。

 

「今季の柏は成績が上向いていると言っても良い。自分はこのサッカーに適応するのが難しいのも覚悟して柏へ加入したし、今でもそのモチベーションは携えている。でも、もっと自分の特徴をチームに合わせていかないと出場するのは難しい……」

 

 先発出場、途中出場というシチュエーションの違いを言い訳にしたくない。精神的な部分、コンディション含め、難しいタスクを任されていることを承知しながら、その責任を果たせない自分に腹が立つこともある。今の柏は若く有望な選手たちが群雄割拠し、そのパワーを間近で受けて自らも成長を果たしたいと願うが、その思いが募るほどに焦燥が芽生えてしまうのかもしれない。

 

「プロとして様々な戦いに挑み続けるのは当然のこと。でも、今の僕はまず、己に打ち勝たなきゃならない。何かの言い訳を探したり、何かを諦めている限り、前には進めない。今はそれを痛感しているし、自己を向上させなければ壁を破れないと思っている。ここに来たことにはとても意味があると思っている。この先、僕自身がどうなるかは、まだわからない。でも、どんな状況でも戦い続ける。それがプロというものだし、それがチームの一員であることの責務だと思うから」

 

 今はただ、その壁を破った先に、己が成長できると信じている。

 Jリーグ第20節、日立柏サッカー場でのヴィッセル神戸戦。柏は試合開始5分に先制を許す苦しい展開からディエゴ・オリベイラ、クリスティアーノ、中山雄太がゴールを決めて逆転勝利を果たし、4試合ぶりの勝利を挙げた。第20節終了現在の柏の順位は3位。首位・C大阪とは勝ち点6差だ。

 その神戸戦で、細貝はベンチ入りしながらも不出場に終わった。

(了)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/07/19

【Column-048】 [太陽の下で-11] 『先輩の背中』

 

 2017年7月17日。細貝萌は約6年半ぶりに埼玉スタジアム2002のピッチに立っていた。偉大な先達を送り出す。2005シーズンから2010シーズンまでの6年間を共にした鈴木啓太氏の引退試合に出場したのだ。

 

「啓太さんへの思いはたくさんある。僕が2005年に前橋育英高校から浦和へ加入してプロになったとき、本当のプロサッカー選手とは何かを教えてくれた先輩が啓太さんだった。プロとしてどう振る舞うべきか。高校生だった自分が給料を稼いで生活していく意味。プロとして、ひとりの大人として、啓太さんは僕が成長するきっかけを与えてくれた」

 

 細貝と鈴木氏にはいくつかの共通点がある。同じポジションでプレーする選手であることはそのひとつだ。すなわちチーム内のライバルでもあるわけだが、細貝は鈴木氏のある所作に深い感銘を受けたという。

 

「ある日の練習で啓太さんがサイドエリアへフィードボールを蹴るシーンがあった。僕はそれを啓太さんの後ろで見ていた。そのパスは上手く受け手に通らなくて失敗してしまったんだけども、そのときに啓太さんは受け手の選手に怒っていた。『イメージ通りの良いパスじゃん‥…』って。啓太さんは他の選手よりも深くプレーを考えていて、その意図に沿わないときは包み隠すことなく自らの考えを主張していた。当時の自分はおそらく高校を卒業してプロ1年目だったと思うんだけど、啓太さんとはサッカーに取り組む意識の違いを感じた。先輩と同じように、もっともっと突き詰めていかないとプロの世界では生き残れないと悟ったんです」

 

 プライベート面でもお世話になった。鈴木氏自身、細貝に対して何らかのシンパシーを感じたのかもしれない。その証拠に、別の道へ進んだ今でもふたりの関係は良好に保たれている。

 

「浦和に居たときは、啓太さんによくご飯へ連れて行ってもらった。当時はチームのこととか、ポジションのこと、それとヨーロッパへの移籍を考えていた時期には貴重なアドバイスをもらった。今思うと、何度も何度も食事をしてきたけど、啓太さんは必ず自分で支払いを済ませて、僕には一切会計をさせてくれなかったよ。それくらいお世話になった方だから、啓太さんが2015シーズンを持って現役から退くことを聞いたときは、本当に寂しかった」

 

ドイツで先輩の引退を知ったとき、細貝の心にはどんな思いが去来したのだろう。

 

「まだまだプレーし続けられると思っていたから、とても残念だった。でも啓太さんが決めたことなので、自分が何かを言うべき立場でもないことは分かっていた。ひとつ心残りなのは、もう一度公式戦で啓太さんと一緒にプレーできなかったこと。当時はヨーロッパに居たから、その思いが叶うことははなかった。いつの間にか啓太さんがあのピッチから居なくなってしまっていた。その寂しさがあったんだよね。浦和に入ってからは常に啓太さんの背中を追ってきた。今でも憧れの選手。僕は啓太さんのような選手になりたかった。今回、引退試合への出場を打診されたときは、何としても駆けつけたいと思った。その時はまだヨーロッパで生活をしていたから、結果的に日本に自分が帰ってきているとは思わなかったけどね(笑)。そこで何かのお礼を伝えられたら。いや、その一回だけじゃ足りないから、これからは何度も会って、今までお世話になったご恩をお返したいと思っている」

 

 公式戦の舞台で細貝が埼玉スタジアムのピッチへ最後に立ったのは2010年12月4日のJリーグ第34節・ヴィッセル神戸戦だった。先発出場して70分プレーした彼は、ライン際に立つ先輩をピッチへ送り出し、自らはベンチへ退いた。これがプロの舞台における細貝と鈴木氏の最後の接点になった。

 

 鈴木啓太氏は様々な人々の心に鮮明な記憶を残す、傑出した人物だった。細貝はそんな先輩の背中を、今でも憧憬の念で見つめ続けている。

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook