Column2018/03/7

【Column-057】 [太陽の下で-20]『勝利だけを』

 

Jリーグ第2節の横浜F・マリノス戦。細貝萌は今シーズン公式戦初出場で、先発のピッチに立った。

昨年4月1日のJリーグ第5節・サンフレッチェ広島戦で途中出場して柏でのデビューを飾り、シーズンを通してJリーグには14試合出場したが、いずれも途中出場だった。しかも彼に与えられたプレー時間は数分ばかりで、これまでの最長はJリーグ第9節・アルビレックス新潟戦での28分間だった。YBCルヴァンカップでは3試合フル出場しているが、出場時間が限られたことで試合勘は徐々に失われ、プレーパフォーマンスも落ちる悪循環に陥っていた。  

 

2018シーズンが始動した直後のキャンプでもチーム内の立場は芳しくなかった。本職のボランチ以外にセンターバックやサイドバックでもプレーしたが、いずれもセカンドチームに組み込まれ、自らの境遇の厳しさを認識していた。しかし今季の柏はシーズン序盤からAFCアジア・チャンピオンズリーグ(以下、ACL)とJリーグの並行開催を強いられ、ACLは日本の第4代表でプレーオフからの出場となったことから他のJリーグクラブよりも早くシーズン開幕を迎えるハンディを負っていた。そして柏は、そのACLプレーオフこそタイのムアントン・ユナイテッドに勝利して本選への出場を決めたものの、続くACLグループステージの全北現代(韓国)戦で敗戦し(●2-3)、同グループステージの天津権健(中国)戦で引き分け(△1-1)、そしてJリーグ開幕戦のベガルタ仙台戦にも敗れて(●0-1)、3戦して1分2敗と勝利を挙げられない状況が続いていた。変化を必要としたJリーグ第2節の横浜FM戦で、細貝は今季新潟から新たに加入したMF小泉慶らと共に先発出場を果たした。

 

「試合としては難しかったんですけど、前半の厳しい中で、それでも耐えるだけ耐えてチャンスをものにしようとしていた。それは(小泉)慶や(キム)ボギョンたちとも話していた。相手に中盤でボールを回されたけども、チームとして問題はなかったし、GKの中村航輔も『ボールが来なかったので、怖さは全くない』と言ってくれていた。辛抱を重ねてやりきったことで、勝利を掴むことができたと思う」

 

Jリーグでの初めての先発。しかもチームは、なかなか勝ち星を挙げられずに苦境を迎えている状況。それに際し、細貝はこれまでのキャリアを踏まえて理路整然と、どんな状況でも落ち着いて臨めたという。

 

「海外で学んだのは結果にこだわるということ。チーム状況が良くなくても、例えばレヴァークーゼンに在籍していたときはバイエルン・ミュンヘンに難しい状況だったけど勝ったし、アウクスブルク時代もバイエルン相手に引き分けに持ち込んだ。バイエルンやドルトムントと戦うときはもっとボールを持たれるからね。その中でどれだけ耐えられるか。内容が伴った上で勝利できれば一番いいんだろうけど、過密日程のときなどはチーム状態が良くないときにどれだけ粘れるかも鍵になる。その意味において、今回は本当に勝ち点3を取れて良かった」

 

先発は試合の数日前に告げられたが、連戦を戦っている状況だったためにチームメイトと連係を確認する時間はほとんど取れなかった。またチームが採用したシステムも細貝、小泉、キム・ボギョンのトリプルボランチを採用する初めての形。それでも粘り強く、勝利だけを目指して戦ったチーム全体の熱意が結果へと反映された。

細貝は後半の61分でチームキャプテンの大谷秀和と交代して退いた。 彼個人としては、チームが勝利できた喜びと共に、個人のパフォーマンスについての課題も見出したという。

 

「正直言って、個人的には全く満足できるプレー内容ではなかった。昨季もそうだけど、今季もこれが公式戦初出場だったので(ジェフ千葉とのちばぎんカップには出場)、試合勘が伴っていない感覚もあった。でも、試合勘というのはゲームに出続けないと養われないものだから、今後も本番のピッチに立つ努力を怠ることなく、しっかりやっていかなきゃならない。それでも今回は、これまで続いていた悪い流れを断ち切ったと思えたし、ここから一層チームのために尽力したいと気持ちが引き締まった部分もある」

 

細貝が何よりも大事にしている部分、それはチームへの献身である。それを今一度認識できたこと。それこそが、今回のゲームで得られた最大の収穫だったのかもしれない。

 

「サッカーは個人競技じゃない。自分がピッチに立っているときにどれだけチームに貢献できるかを求められるので、自分のプレーパフォーマンスが良くなくても、チームが勝てば良い。今は、それだけ結果にこだわってプレーしている。とにかく自分がピッチの上に居るときにはひたすら結果を目指す。それが重要だと思っている。もちろんサブでも気持ちは何も変わらないのだけども、今回はそれを強く感じた」

 

柏は今後もACLとJリーグの連戦が続く。その中で、細貝に課せられた使命はますます大きくなっていくだろう。

(了)

Column2018/02/25

【Column-056】 [太陽の下で-19]『レイソルの一員として』

 

柏レイソルは、他のどのクラブよりも早く2018シーズンをスタートさせた。AFCアジア・チャンピオンズリーグで日本の第4代表としてプレーオフに臨まねばならなかったからだ。

 

1月30日、柏はタイのムアントン・ユナイテッドをホームの日立柏サッカー場に迎え、そのゲームを3-0で制した。これで念願のACL本選出場を決めた柏は全北現代(韓国)、天津権健(中国)、傑志FC(香港)と同組になり、そのグループステージ第1戦はアウェーの全北現代戦になった。これまでのACLの戦績から『韓国キラー』と称される柏にしてみれば格好の相手である。しかし試合はハモン・ロペス、江坂任のゴールで柏がリードする思い通りの展開になったが、ここから柏は3失点して逆転負けを喫してしまう。

 

思いがけない結果から一週間後、柏はホームで天津権健戦に臨み、またしてもクリスティアーノの得点で先制してゲームを優位に進めたにも関わらず、試合終了間際にアレシャンドレ・パトにゴールを許して同点に追いつかれてしまう。これでACLは3戦して1勝1分1敗。グループステージに限っては1分1敗で勝ち星がない。そんな中、3試合ともにベンチ入りするも出場機会がなかった細貝萌は歯がゆさを噛み締めながら、それでも自らがチームに貢献できない現状を打破すべく、努力を重ねている。

 

「Jリーグがようやく開幕するけども、僕らはすでにACLのゲームをやっているから、すでにシーズンが始まっている状態なんだよね。今は連戦に突入している中で、それでも僕のコンディションはすごく良いと思ってる。ケガもないしね。試合勘は別だけど、ゲームでプレーできるという感覚はどんどん上がっているし、その準備もできている」

 

今の細貝はチーム内で、ボランチのポジションでプレーし続けている。しかし、現状ではキャプテンの大谷秀和、そして韓国代表であるキム・ボギョンに続く立場で、新潟から獲得した小泉慶もいる。また、もうしばらくすると昨季、膝前十字靭帯損傷、右膝外側半月板損傷の重傷を負った手塚康平が復帰する。未だに確固たる立場を築けていない細貝は今季も、まずはチーム内での激しい競争を勝ち抜かねばならない。

 

「今の状況が難しいことはわかっているよ。でも、出番を与えられたときに、与えられた役割を全うできるように準備をしている。これからシーズンは長いわけで、リーグとACLを並行して戦う過密日程の中で、必ず柏にも苦しい時期が来ると思うから。そのときに、少しでも僕の力がチームの助けになるように、満足いくプレーができるように、毎日の練習に集中したいと思っている。今年はより自分にフォーカスしたいと思ってるから」

 

昨季はいろいろなことを考えた。自らに出番が来ない中で、クラブが新たな戦力を獲得して一層立場が厳しくなったことも実感した。しかし今季は、また新たなチームの中で、新たな目標に突き進んでいる。その中で自らの立場を確立し、このチームの勝利に邁進したいと考えている。

 

「去年はいろいろ考える部分があった。でも、結局自分ができることをやっていくしかない。考えすぎるよりも、このチームのスタイルに順応する努力を重ねて、その中でチームの一員として戦う意欲を持ち続ける。これまでもこれからも最終的には自分との闘いだから。周りは関係ない」

 

柏のJリーグ開幕戦は仙台の地から始まる。アジア、そして日本国内の頂点を目指す戦いの中で、細貝自身も、その存在価値を示す。

 

(了)

 

Column2018/01/28

【Column-055】 [太陽の下で-18]『新たなる思い』

 

2017シーズンは苦難の連続だった。

度重なるケガと厳しいチーム内競争は細貝萌の内面に変化を生み、2018シーズンに向けて思いを新たに、今はあらゆることにチャレンジしようとしている。

短いオフ期間は沖縄へ赴いた。ドイツでの活動を含めて約1年半もの間休養を取らなかった彼にとっては心身ともにリフレッシュする機会が必要だった。『休め』と言っても身体を動かしてしまう彼に休息を促すのは困難な作業だが、今回ばかりは本人も自覚して旅行へ向かう決心をしたようだ。

 

しかし今季の柏は、そんな余裕を与えてくれないほどにスケジュールがタイトだ。2017年12月23日の天皇杯準決勝で横浜F・マリノスに敗退して前シーズンを終えたチームは、同大会の決勝でJリーグ3位のセレッソ大阪が優勝を果たしたことで2018シーズンのAFCアジア・チャンピオンズリーグへの出場権を得た。しかし日本の”第4代表”であることからプレーオフからの出場を余儀なくされ、そのプレーオフ開催日は1月30日に開催されることが決定している。チームは、その公式戦初戦に合わせた強化スケジュールを組むべく2018年1月10日に新体制発表会を行い、11日から24日までの約2週間の日程で鹿児島県指宿市でのキャンプを組んだ。2月24日のJリーグ開幕を公式戦初戦となる通常のJリーグクラブが1月中旬に始動して約1か月間のキャンプを張るのに比べると、非常に厳しい日程である。

 

今季の柏はFW武富孝介(→浦和)、DF輪湖直樹(→福岡)、FW大津祐樹(→横浜FM)が完全移籍した他にFWディエゴ・オリベイラ(→FC東京)、MF小林祐介(→湘南)、DF橋口拓哉(→町田)が各クラブへ期限付き移籍した一方で、FW山崎亮平(←新潟)、MF瀬川祐輔(←大宮)、DFパク・ジョンス(←横浜FM)、DF亀川諒史(←福岡)、FW江坂任(←大宮)、MF小泉慶(←新潟)、FW澤昌克(←デポルティーボ・ムニシパル/ペルー)らが新たに加入するなど、多くの選手の入れ替えがあった。細貝にとっては新たなチームメイトとの、新たなチーム内競争の始まりである。

 

「慶(小泉)はボランチでプレーできる選手。また去年の途中から加入した(キム)ボギョンもいるし、タニくん(大谷秀和)、クリさん(栗澤僚一)、ケガをしている(手塚)康平、若手有望株の(古賀)太陽らと共に、ボランチのポジション争いがあるよね。またセンターバックでも(パク)ジョンスが加入したことで層が厚くなったし、ボランチ以外のポジションを任されるにしても、更に競争が激しくなった。当然チーム内での競争も一日一日が勝負だと思うし、やれることをやるしかない」

 

指宿キャンプでの細貝は実戦形式の練習やトレーニングマッチなどでボランチだけでなくセンターバックでも起用され、その素養を試されている。ただ、その立場は優位とはいえず、現状ではセカンドチーム、またはサードチームでプレーする状況だ。それでも今の彼は、モチベーションを維持して戦い続けることで道が拓けると信じている。

 

「皆からの信頼を得て試合に出場する。それは今まで通り何も変わらない。ただ、現状で僕がやらなきゃならないことはたくさんある。まずは一緒にプレーするチームメイトに僕のプレーを評価してもらうこと。安心してエリアを任せてくれる、ボールを預けてくれるかどうかは、同じピッチに立つ者同士の信頼関係が築かれないと上手くはいかない。その作業を怠って、気持ちを落としてプレーし続ければストレスだけが積み重なって、肝心なプレーの質をも落としてしまう。そんな悪循環に陥ってはならない。それも昨シーズン学んだことだからね」

 

前述したように、今季の柏は日本国内での戦いだけではなく、クラブの大目標であるアジア制覇という意義ある戦いもある。細貝自身は、そんなチームの現状のポテンシャルを高く評価している。

 

「Jリーグやアジアの世界では日本人選手、そして外国籍選手が上手く融合して、それがチームの力になることでタイトルに近づけると思っている。今の柏は若くて有望な日本人選手が多いうえに、クリスティアーノ、ハモン・ロペス、そして(ユン)ソギョン、ボギョン、ジョンスといった能力の高い韓国人選手たちがいて、彼らがチーム全体の総合力を高めているから、各大会で十分上位を争える、もちろんうまくいけばタイトルを狙える位置にもいると思う。そして僕自身の今の調子も悪いとは思っていない。身体は良い感じだよ。自分自身から何かアクションを起こして、何かを変えていかなきゃならないことは自覚しているけど、そのモチベーションは断然高い。今は僕自身の中にある目標がぶれずにいるからね」

 

ACLプレーオフの相手はタイのムアントン・ユナイテッドに決まった。ムアントンは昨季のACLでベスト16に進出したタイ屈指の強豪だ。その相手を、柏は1月30日のホームで堂々と迎え撃つ。

 

(了)

Column2017/12/26

【Column-054】 [太陽の下で-17]『2017シーズン』

 

 柏レイソルは天皇杯準決勝で延長戦の末に横浜F・マリノスに敗れた。その結果、柏の2017シーズンが終了した。Jリーグの最終順位は4位、YBCルヴァンカップはグループステージで敗退したが、天皇杯は元日の決勝まであと一歩まで迫った。しかし、柏が来季のAFCアジア・チャンピオンズリーグの出場権を得るには天皇杯決勝に進出したリーグ2位のセレッソ大阪が横浜FMを破った上でリーグ4位での繰り上がりを待つしかない。柏にとっては自らの活動が終了した後も一進一退の状況が続いている。

 

 そして柏に所属する細貝萌も今、シーズンを振り返りながら様々な思いを巡らせている。相次いだ負傷、限られた出場機会……。何より、自らの力をチームに還元し切れなかった自らの不甲斐なさを悔いている。

 

「サッカー選手としてプレーしてきた中で、今シーズンはここ数年の中でも個人的には一番厳しかった。ドイツから日本へ帰ってきて柏でプレーしている間は、もちろん充実感もあったけれども、同じくらい葛藤もあった。ドイツやトルコのような異国でプレーしているときは母国語を話せないジレンマの中で懸命に戦っていたけども、柏ではチームスタッフやほとんどのチームメイトなどと日本語でコミュニケーションを取れて、そのような障害がなくなった。つまり誰がどう考えても恵まれた環境だったわけだけど、それなのに、自分自身は満足いくシーズンにできなかった」

 

2017シーズンの細貝は身体、メンタルの両面で多大な負荷が生じた。ドイツ・ブンデスリーガ2部(現・1部)のシュトゥットガルトに在籍していたときから抱えていたケガに加え、柏に移籍してからは他の箇所にもダメージが及んで度々戦線離脱を強いられ、全体トレーニングに加われずにリハビリに明け暮れた時期もあった。チームが躍進する中でプレー機会が与えられない時間が続くと、コンディションを上げるのに苦労し、本職のボランチだけでなくセンターバック、サイドバックなどでも試されたが、結局ピッチに立つ機会は限られた。

 

「反省ばかりしてしまう。もっと様々なことに挑戦しなくてはいけなかったとか、ある試合のプレーではこうすべきだったとか……。それでも今は自分がどんな境遇で、どんな精神状態で来季に臨まなきゃならないかを自覚できた。厳しい状況なのは自分が一番理解しているつもり。今は、この立場からどんなふうに這い上がっていこうかという思いのほうが強い」

 

約6年の間ヨーロッパでプレーし、今年久しぶりに日本でサッカーをプレーした細貝にとって、そのプレー環境は困難なものだった。

 

「日本のサッカーは……、難しかった。馴染めばできると思ったけれども、柏のサッカーに馴染みきれなかった。それは試合に出場できていないことを見れば分かる。かつて代表や浦和で良いプレーができたときの自分に戻れていない。今は全然自らの力を発揮できていないのが現実。それは自身のコンディションの問題もあり、チームの戦術の問題もある。そこはしっかりと自分の中で判断して改善していかなきゃならない」

 

 浦和でプレーしていたときと今の柏とでは細貝自身の立場も異なる。前橋育英高校から新卒で浦和へ加入した当時の彼は一介の若手選手で、周囲には頼れる先輩選手たちがいた。しかし今年31歳を迎えた今の彼はヨーロッパで確かな経験と実績を積んだベテラン選手で、チームメイトを支え、自らもチームのために尽力すべき役割へと変化している。

 

「年齢を重ねたことで、その経験をチームに還元しなきゃならないとは今でも思っている。若手選手から何か相談を受けたら遠慮なく助言もしているし、そのスタンスは変わらない。ただ、浦和時代は自分が先輩に頼る側だったものが、今の柏では逆に相談される側になった。それは自分の中で自覚して消化しなきゃならない。そして、もちろん今の役割を理解しながら、それでもチームの一選手だという自覚を持って、あくまでも選手としてどれだけ貢献できるかを第一に考えたい」

 

まずはドイツ時代から約1年半の間、オフ期間もなく走り続けた心身をリフレッシュさせなければならない。Jリーグクラブの大半は来年1月の半ばに強化キャンプなどを張り、2月中旬のACL、もしくは月末に開幕する予定のJリーグへ向けて始動する。

 

「一歩でも先に、ひとつでも前に。着実に、それでもしっかりと歩を進めたい」

 

苦難の2017年が終わり、また、新たなシーズンが始まる。

 

(了)