Column2017/01/26

【Column-033】 [光り輝く街で-22]  『ユーティリティ』

 細貝萌が厳しい境遇に立たされている。VfBシュトゥットガルトはウインターブレイク期間を利用してポルトガルのラゴスで強化キャンプを張り、チーム戦術の成熟に努めた。ハネス・ヴォルフ監督は自らのサッカー哲学を選手たちに植え付けるために精力的に指導を施したが、その中で細貝はキャンプ直前の1FCケルンとのトレーニングマッチで左足ふくらはぎを打撲して今季3度目の負傷をしてしまった。ただ、今回のケガは深刻な状況ではなく、ポルトガルキャンプの途中にはチームの全体練習に復帰し、トレーニングマッチでもピッチに立った。

 

 今の細貝が抱える悩みは度重なる負傷についてではない。ヴォルフ監督のチーム練習に加われずにリハビリを積んだ影響で、彼のチーム内での序列が不透明になっている点が気がかりなのだ。

「打撲した箇所は良くなって、まだ少し違和感はあるけども、プレーには全く支障はない。監督からも『コンディションは悪くない』と言われているからね。ただ、ケガをした後に復帰してからの、自分のチーム内での立場に変化があった。最近、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のセンターバックがイタリア一部のクラブに移籍した。今のチームにはCBに世代別のドイツ代表とフランス代表の若手選手、そしてポーランド代表選手がいるんだけども、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表の選手が抜けてしまったことでCBの人材が足りなくなった。今のチームのシステムは4-2-3-1だから、練習の時にはお互いのチームにCBがふたり必要になる。そこで応急処置的な意味もあり僕がCBを務めることになった」

 

 

 細貝は元々ヘルタ・ベルリン在籍時代にもセンターバックでのプレー経験がある。守備面のユーティリティ性が高い彼は他にもサイドバックで起用されたこともあり、どんなポジションでも順応できる聡明さを備える。

「ただ、自分がCBでプレーする際に、本来8番の役割をする(ドイツサッカーの概念で、8番は攻撃的MFを指す)スイス世代別代表のアント(グルギッチ/スイス国籍のMF)がアンカーを務めることになって、僕が同じチームでCBの位置から彼にアンカーの役割を指示するようになった。そうするうちに、だんだん僕のCB、アントのアンカーが固まっていって、今の僕はCBのポジションで常に練習をしている」

 

 常にポジティブに物事を捉えようとする細貝は、現在与えられているポジションを全うしようと意気込んでいる。

 

 「CBはどうしても身長が必要なポジション。それがドイツサッカー界での定説で、ブンデスリーガでプレーし続けるには、そのフィジカル面が重要視されることは十分分かっている。でも、その難しさも含めて、僕は今、CBでプレーするのは楽しいと思っている。元々バックラインの最後尾でプレーすることは好きだったからね」


 

 しかし、それでも今の細貝には危機感がある。チーム内での自らの立場を鑑みた時、果たしてこのままCBのポジションでプレーし続けて未来を見据えるのだろうか。


 

「正直、今の自分の立場は控え組、しかもCBの4番手という評価なんじゃないかな。。その点については……、ね。本職としてきたボランチのポジションでプレーできないとなると、果たして自分の力をどれだけ評価してくれるのか。その時その時の監督に認めてもらうために努力するのは当然だけど、今は新しいポジションで自分の力をもう一度示さなきゃならない」


 

 誤解していたことがある。『ユーティリティ』という言葉についてだ。『ユーティリティ』とは英語で「役に立つもの」、「有用性」、「効用」「公益」などの意味を持つ。サッカー界では主にポジション適正、戦術理解などが高い選手を評価する意味合いで用いる言葉だ。細貝もこれまで『ユーティリティ』、もしくは、かつてイビチャ・オシム監督が評した『ポリバレント』(ポリバレントとは、化学用語で『多価』という意味。オシム監督は複数のポジションをこなすことのできる選手という意味で上記の言葉を用いた)という言葉で認識されてきた選手でもある。もちろん細貝自身は周囲の評価を受け入れ、自らのストロングポイントとして、それを受け入れてもいる。しかし一方で、自らが追求し続けるチーム内での役割と存在意義を決して失ってはいない。

 

 先日、日本の沖縄県でキャンプを張るJリーグの浦和レッズを取材し、21歳の関根貴大選手に話を聞いた。現在の彼が浦和で与えられているポジションは右、もしくは左のサイドアタッカーだ。どちらか一方のサイドではなく両サイドでプレーできるユーティリティ性は、チームでスタメンを奪取するための優位な武器にならないかと話をした時、彼は大きく首を振ってこう言った。


 

「いや、僕は逆に『右でも左でもプレーできる』と評価されると中途半端な立場に置かれる危機感があるんです。つまり、どちらのサイドでもスペシャルじゃなく、そのポジションの優先順位がトップじゃないということ。もちろん、様々なポジションでプレーできることが武器になる選手もいます。でも、そういう選手は元々スペシャルなポジションでの実績もあると思うんです。例えば阿部(勇樹)さんはボランチが本職で、その上でリベロやストッパーもこなせる。でも、自分は確固たるポジションをまだ確立させていない。だから今の僕は『ユーティリティ性がある』と言われると、逆に困ってしまうんですよね」

 細貝の場合は若い関根とは異なり、Jリーグ、ドイツ・ブンデスリーガ、トルコ・シュペルリガで長年築きあげてきた確固たる実績がある。彼は様々な国で、トップリーグで、ボランチ、ストッパー、サイドバックと多岐に渡るポジションを与えられ、その都度結果を出してきた。それでも、おそらく細貝は現状に危機感を覚えている。そして関根と同じように、特定のポジションでスペシャルであることを希求しているのではないか……。

 正念場を乗り越えられるか否か。ブンデスリーガ2部後半戦。チームが1年での1部返り咲きを目指す中で、細貝はチームと自らの両輪で結果を追い求めねばならない。


 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/01/18

【Column-032】 [光り輝く街で-21]  『ポルトガルにて』

 

 VfBシュトゥットガルトは現在、ウインターブレイク期間中にポルトガル南部のラゴスでミニキャンプを張っている。

 

 シュトゥットガルトはウインターブレイク前のブンデスリーガ2部で3位。中断期間に入る前は連敗を喫し、自動昇格圏内の2位から転落してしまった。ハネス・ヴォルフ監督は巻き返しを図るべく、今回のブレイク期間中にチームコンセプトを確立させたい思いが強い。そもそもヴォルフ監督はヨス・ルフカイ監督が突如監督辞任を表明したことで急遽シーズン途中にシュトゥットガルトの指揮官に就任したことでチーム戦術を浸透させる時間を十分に与えられていなかった。今回のウインターブレイクはまさに監督の指針を周知徹底させる格好の機会であり、ポルトガルでの日々は貴重だ。

 そんな中、細貝萌はまたしても試練の時を過ごしている。日本での束の間の休息を終えてドイツへ帰国してチームに合流した彼は、その後に実施されたFCケルンとのトレーニングマッチで左足ふくらはぎを強く打撲し、その後患部を出血していることが判明した。その影響でケルン戦翌日から開始されたポルトガルキャンプで一時別メニューに努めて3日後にようやく全体練習に合流し、当地での練習試合にも途中出場で20分間プレーして回復をアピールした。

「練習試合は『無理をしなくてもいい』と言われたけども、ラスト20分はできると判断して直訴して出場した。何も問題はなかったので、今後は皆と一緒に全体練習に参加できると思う。今季はケガが続いているので、どうしても慎重になってしまう。ただ、今回も、これまでのケガも全力でプレーした結果なので仕方がないことでもある。ただ、相手との競り合いで当たりに行かないことでケガを回避できる反面、失点に繋がるような結果になったら後悔しきれない。自分としては本番のゲームでは常に全力でプレーする。その分、事前に細心の準備を図るようにしないとね。自分も30歳になって、若い頃とは身体の状態が違うから、その点は考慮しないといけない」

 

 昨年のケガ同様、戦線離脱したことでの細貝のチーム内での立場は未だ不透明だ。ヴォルフ監督とのコミュニケーションは密接だが、それでもフル稼働できない状況でレギュラーが確約されていない。


 

「それでも、自分には今までの経験があるから、常に自信を持ってプレーし続ける。試合に出る、出ないは監督が決めることで、選手はピッチに立つ機会を与えられた時のために準備し続けなきゃならない。試合に出られなくて落ち込んでいる暇なんてないよ。自分の母国とは異なった環境で、こういった経験も出来る今の環境に感謝しているぐらいだから。ヴォルフ監督が選手に要求する項目は多くて、そのレベルも問われている。選手は監督のリクエストに応える義務がある。シーズン当初に師事したルフカイ監督のことはアウグスブルクやヘルタ・ベルリン時代に共に戦ったことがあるから完全に理解していた。でも、今はヴォルフ監督の下でプレーしているわけだから、監督の戦術をしっかり理解して、チームの中で機能できる選手にならなきゃならない。これも貴重な経験で、選手として乗り越えなきゃいけない課題だと思っている」

 

 ポルトガルキャンプでの細貝は一人部屋を与えられているという。

「これまでは基本的に(浅野)拓磨と同部屋になることが多かったんだけど、今回は一人なのもあって今まで以上にマイペースで過ごしているよ。朝食は各々9時までに摂ればいいんだけど、自分は早起きなので日が昇る前に活動を始めて、7時過ぎには誰よりも早く朝食の会場に行ってご飯を食べているしね。その後は練習まで時間があるから、本を読んだりDVDで映画を観たりして過ごしているよ。元々団体行動は嫌いじゃないんだけど、プロはひとりで過ごす時間も与えられているから、まったくストレスは感じないね。ちなみに拓磨も順調にキャンプのメニューをこなしているよ。彼は性格が良いから周りに人が集まってくる。今のところ、何の問題もないし、僕も彼から色々なことを学んでいるよ」

 シュトゥットガルトは日本時間の1月29日にウインターブレイク明け初戦のアウェー、ザンクト・パウリ戦に臨む。 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2017/01/7

【Column-031】 [光り輝く街で-20]  『再び、目覚めの時』

 新たな年が明けた。昨年末にドイツから日本へ帰国していた細貝萌はつかの間のオフ期間を過ごし、正月明けには早くもシュトゥットガルトへ戻った。日本滞在中は家族やお世話になった方々との会食などをして過ごしたが、その中でもチームから指示された自主トレーニングは毎日欠かさなかった。

「特に年末年始は太陽が昇る前の朝4時とか5時とかからトレーニングをスタートさせて、まだ明るくならない6時過ぎには運動を終えていた。これはドイツとの時差を考え、なるべく現地の時間で換算して身体を動かしたい意図があった。すぐにドイツへ戻るわけだから、身体を環境にアジャストさせなきゃならない。そのために、日本では早朝に身体を動かしていたんだよね。かなりキツかったけど…(笑)」

 ドイツ・ブンデスリーガは1部、2部ともにウインターブレイクがあり、VfBシュトゥットガルトの再開戦は1月29日のアウェー、ザンクト・パウリ戦になる。チームは年初早々に再始動し、1月中旬からはポルトガルでキャンプを張る予定だ。


 

  「日本からシュトゥットガルトへ帰国してからは、すぐにクラブへ行ってメディカルチェックや体力測定などをした。この後、しばらくはシュトゥットガルトでチーム練習をして、その後にキャンプをする。キャンプは、まあ、辛いよね(笑)。でも、試合で戦うための身体作りをするうえでは重要だし、それがプロサッカー選手の責務だから。(ハネス)ヴォルフ監督の下でのキャンプは初めてだけど、そこで与えられたメニューをこなして自分の力を見せなければならないからね」

 今回、細貝は家族を伴わず、ひとりでドイツへ戻った。生後7か月弱の愛娘が日本で定期検診を受ける事情などがあったからだ。

「1月は僕もキャンプなどで家を空けてしまうからね。2月には妻も子どももシュトゥットガルトへ戻って来るから、それまでは仕方がないよね。これまでもひとり暮らしは経験してきたし……。まぁ、もちろん家族がいたほうが気持ちも安らぐし、生活リズムも安定するから、家族の大切さをより感じることになるだろうね」

 シュトゥットガルトはウインターブレイク前にリーグ戦で連敗を喫し、リーガの順位も3位に落ちてしまった。ブンデスリーガ2部のレギュレーションでは1部への自動昇格は2位以内で、3位は1部16位とのプレーオフを勝ち抜かねば昇格を果たせない。無論、今季のシュトゥットガルトは2部での優勝と1年での1部復帰を至上命題としている。究極の目標を達成するために、細貝自身も相応の覚悟を口にする。

「ブレイク前に3位に落ちてしまったのは良くないこと。これからチーム全体が同じ方向を向いて、ひとつにまとまって目標に突き進まなきゃならない。自分自身もケガが治ってからは、なかなかコンディションが戻らなかったところもある。だからこれからまたポジション争いをしなきゃならない。ただ、それでも僕はあくまで自分らしくプレーしたい。自分の特徴をしっかり発揮してチームに貢献できれば、必ずピッチに立ち続けられると思っている」

 真冬のシュトゥットガルトは連日零下の気温が続いている。ドイツ生活の長い細貝はすでに極寒の環境に慣れたが、プロサッカー選手として、冬のトレーニングではいくつかの工夫をしているという。

「やっぱり気温がマイナスになるとケガのリスクも高まるから、しっかり身体をほぐしてから運動を始めないとね。今はクラブハウスの中でしっかりウォーミングアップしてから外のピッチに出ているから、それほど寒さはプレーに影響していない。それに、シュトゥットガルトにはスパイクを温めるヒーターもあって、その機械にスパイクを入れておくとほかほかになるから、それを履いてピッチに出ると足が冷たくならないんだよ。それだけシュトゥットガルトというクラブは設備が整っているということなのかもしれないね」

 昨年負った右足小指骨折の影響はなく、すでに患部から痛みは感じない。

「前半戦は2度のケガで出遅れた分、ウインターブレイク明けからはまたしっかりプレーするよ。もちろんケガには気をつける。もう、リハビリしたくないから(笑)」

 休息を終えた『虎』が、再び目覚めようとしている。


 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

Column2016/12/30

【Column-030】 [光り輝く街で-19]  『2016年』

 

 細貝萌の2016年は激動だった。

 年初はトルコの古都・ブルサに居た。2015年8月27日にドイツ・ブンデスリーガ1部のヘルタ・ベルリンからトルコ・シュペルリガのブルサスポルへの期限付き移籍を決断し、新天地へと降り立った。

 ブルサでの日々は充実していた。チームでは指揮官が3度代わりながらも、細貝はその都度レギュラーポジションを掴んでピッチに立ち続けた。

「最初は試合に出られないこともあったけど、ボランチ、そしてサイドバックで起用されるようになった。ヘルタ時代は練習参加もままならないことがあったから、チームに必要とされていると感じられたのは素直に嬉しかった。僕をブルサスポルの選手として認めてくれたわけだからね」


 

 ブルサではプライベート面でも充足の日々を過ごした。トルコの人々は温かく親身で、心が安らいだ。

「トルコの人々は多少アバウトなところもあって約束が守られないこともあったけど(笑)。それでも英語すら伝わらない状況の中で、現地の人々は僕のことを思っていろいろ親切にしてくれた。会話ができなくても気持ちが伝わる。それって、とても重要なことなんだなと気づかせてくれた」

 忘れられない思い出がある。2016年4月11日。シュペルリガ第28節でベジクタシュと敵地で対戦したブルサスポルは2-3で壮絶な敗戦を喫した。その中で細貝は試合終了直前にピンチを迎えた際に相手MFリカルド・クアレスマへチャージして揉み合いになり、試合が終了した直後に退場処分を課せられた。その後、細貝とチームは力及ばず敗戦した事実に落胆して帰路に着いたが、そんな彼らを待ち構えていたのはブルサの港に詰め掛けた大勢のブルサスポル・サポーターだった。

「港に来てくれたたくさんのサポーターが『細貝、よくやったぞ!』、『お前は最高だ!』と言ってくれた。自分は上手い選手じゃない。だけど、しっかり気持ちは伝わってるんだと思った。もちろんファウルを犯して退場しているわけだから、相手サポーターには嫌われる訳なんだけどね(笑)。でも、それよりも自分のチームのサポーターが評価してくれる、応援してくれる。それが何よりも嬉しかった。自分の所属しているチームのサポーターが評価してくれること。長年サッカーやってきたけど、それ以上に嬉しいことはないよ」


 

 最近のトルコは各地でテロが起きる不安定な情勢が続いている。細貝が生活したブルサでも市内中心部で爆発事件が起きて複数の負傷者が出た。

「自分自身は危険な目には遭っていないけど、実際にブルサでテロが起きたのは事実で、身近に感じていた。ガラタサライの選手のお父さんが試合後に起きたテロで亡くなったことも聞いた。トルコ国民は皆、今の情勢を悲しんでいると思う」


 

 2016年7月25日。細貝はブルサスポルから完全移籍のオファーを受けながらも、逡巡の末にドイツ・ブンデスリーガ2部・シュトゥットガルトへの完全移籍を決断した。

「ブルサスポルが僕を完全移籍で獲りたいと言ってくれていた。とても嬉しかったけど、生活環境や自分の成長を考えて、新たな場所でのプレーを選択した」

 

 細貝にはライフプランがある。プロサッカー人生は短い。もちろん現役でプレーする間はその職務に邁進するし、その時間が長く続けば良いと願っている。しかし現役を退いた後を考えた時、その先の人生に思いを馳せる。様々な経験を積んで成長したい。その思いから、彼はこれまで過ごした日本、ドイツ、トルコ以外での生活を考えていた。しかし、シュトゥットガルトにはかつて彼が師事した恩師であるヨス・ルフカイ監督がいた。

「ルフカイ監督とは自分が初めて海外でプレーしたアウグスブルクで出会って、ヘルタ時代にも僕を呼び寄せてくれて共に戦った。でもヘルタでは僕の力も足りなくて、残留争いを強いられた中で監督が解任されてしまった。そんな監督が再び僕の力を欲してくれて意気に感じた面もあったから、シュトゥットガルトへの移籍を決めたところもある。ただ、僕が移籍してからしばらくして、ルフカイ監督が自ら辞任してしまったんだよね(苦笑)。でも、監督はクラブから慰留される中で強化方針の違いから去ることを決断したんだから仕方ない。お互いプロの立場として、その監督の選択は尊重している。方針が異なるのに職務を続けるのは、決して良いことだとは思えないから」


 

 シュトゥットガルトに移籍してからの細貝は苦難の時を過ごしている。8月13日のリーガ2部第2節・デュッセルドルフ戦で左腿前の肉離れを発症して約4週間をリハビリに費やした。そして9月15日にルフカイ監督が辞任。10月12日には練習中に味方選手と接触して右足小指を骨折してしまった。2度目のリハビリは約1か月を費やし、11月中旬にようやく全体練習に復帰して今に至る。その間、チームはルフカイ前監督から指揮を受け継いだハネス・ヴォルフ監督の下で無敗を続けたが、細貝が復帰した後は第16節・ハノーファー戦、第17節・ヴュルツブルク戦で連敗し、リーガ2部3位でウインターブレイクへ入った。

 

 シュトゥットガルトでは妻と生後間もない娘と過ごす充実した日々がある。試練の連続の中でも、精神を鎮めて戦いに臨む舞台は整っている。

「何よりもケガは悔しい。これまでドイツではあまりケガをしたことがなかったから、練習ができない状況は辛かったし、情けないと思った。何よりもチームが1部に上がろうとしている中で力になれないことで、考え込んでしまうことも多かった。今はまだ、ケガが良い機会になったとは思えない。ただ、ここでウインターブレイクがあるから、しっかりと気持ちを切り替えたい」


 

 紆余曲折のあった1年を通して、今の細貝は何を思うのだろうか。


 

「2016年はいろいろあった。自分と同じ誕生日に娘が生まれて、シュトゥットガルトで家族と生活し、今はウインターブレイク中に日本へ帰ってきている。生活自体はとても充実している。今の僕には家族がいて、ひとりじゃない。家庭を築き、父親になったことで自分の何が変わったかは、まだ分からないんだけどね(笑)とにかくこれが本当に自分の力となっている」

 

 シュトゥットガルトではチームメイトの浅野拓磨とも良好な関係を築き上げている。

「拓磨はものすごく、びっくりするくらい良い子だね(笑)。娘の面倒もよく見てくれる。彼は大家族の中で育って、兄妹の一番下の子が今5歳なので、子どもとの接し方を特に分かってるよ。僕の娘のドイツでの初めての友だちは拓磨だから(笑)。サッカー選手にとってキャリアのスタートはとても重要。特に海外では、スタートで上手くいかないと悩んでしまう。僕はヘルタ時代も(原口)元気が海外でのプレーを始めた直後に共にベルリンで過ごした。だから彼が今、所属チームや日本代表で活躍しているのはとても嬉しい。その時は目に見えなくても、培った経験によって人は成長できると思う」

 現在日本で束の間のオフを過ごしている細貝だが、すでに意識はリーガ再開後に向けられている。年明けすぐにドイツへ戻り、その後ポルトガルで実施されるシュトゥットガルトの強化キャンプに参加する。

「今回はチームからオフ期間中の詳細なトレーニングメニューをもらっている。チームから託されたデータ計測器を付けてトレーニングすると、それが記録されていくんだけど、どうしても、それ以上に身体を動かしてしまう。本当はオフ期間中にトレーニングはしたくないんだけど‥(笑)コンディションを整えないとオフ明け後が辛いし、何より試合で戦えないと嫌だからね。ジョギングするのは嫌いだけど、やらなきゃならない。それがプロサッカー選手の務めだから。やるのは当然。」

 未来を見据えて。今でも細貝は闘い続けている。

 

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook