Column2020/09/19

【Column-082】 [微笑みの国で-20] 『延期された再開戦と、改めて期する目標』

 

タイのリーグ1は新型コロナウイルス流行の影響で今年の2月29日と3月1日に第4節を終えた段階で中断していたが、9月12日にようやく再開され、第5節を消化した。

しかし、実はその試合前日、ブリーラム・ユナイテッドに所属するウズベキスタン選手からウイルスの陽性反応が出たことが発表され、まずは当該クラブのブリーラムとパトゥム・ユナイテッドのゲーム延期が決まった。また、ブリラームは2週間前までの間にラーチャブリー・ミトポール、そしてコンケーン・ユナイテッドとトレーニングマッチを行っていたため、ラーチャブリーvsバンコク・ユナイテッドとコンケーンvsサイアム・ネイビーの2試合も延期が決定。これによってバンコク・ユナイテッドに所属する細貝萌も再開試合前日になって仕切り直しを余儀なくされてしまった。

 

「試合前日に前泊のホテルで翌日の試合に向けて準備をしていたら、どうも試合が延期になるらしいという報告があって、結局ラーチャブリーとのゲームは延期になった。この第5節のゲームは今後、何処かのタイミングで実施されることになるけども、その日程はまだ決まっていない。中断前の第4節を終えた段階では僕の所属するバンコク・ユナイテッドとラーチャブリーがともに4戦全勝の勝ち点12で1位と2位だったから今回は首位対決だったんだけど、そのゲームが延期になってしまったというわけ」

 

そもそもタイリーグはリーグ再開のタイミングについても様々な案が飛び交い、なかなか正式な日程が定まらなかった。そんな中での再びの試合延期に、細貝自身も調整の難しさを感じている。

 

「リーグ再開までは時間があったので、ゆっくりとコンディションを整えることができたけども、今回の1週間の試合延期は少し難しい状況だなと感じた。チームとしても久々の公式戦に向けて集中を高めていっている中で急遽延期を知らされて、翌日は通常のトレーニングに変わったんだけど、全体的に上手く練習を消化できていない雰囲気があった。致し方ないところなんだけど、気持ちの持ち方も含めて大変な面はあったかな」

 

現在のタイ国内は日本よりもウイルス感染者が圧倒的に少なく、街中は落ち着いているという。

 

「そのぶん、ひとりでも感染者が出たらびっくりしてしまって、今回のように試合が延期されたりするんだけどね。当然タイの人々も今日常的にマスクを着けるようになっていて、デパートやショップなどではマスクを着用しないと入店できない制限なども多いですね。それでもバンコク市内などは以前の活気が戻りつつあって、ウイルスの影響をそれほど感じなくなっていたんだけども、そこで試合が延期されたからね。やっぱり、この新型コロナウイルスに関しては、まだまだ十分な注意が必要なんだなと、いまさらながらに感じている」

 

リーグが中断された影響は他にもある。約6か月半もの中断期間があったことで選手たちのコンディション調整が難しかった一方で、各クラブはそれぞれの置かれた状況によって、その環境をリニューアルする時間を得た。

 

「実は、タイリーグのほとんどのクラブが、この中断期間中に選手補強をしていて、チームによっては中断前と全く陣容が変わってしまったところもある。例えば昨季僕が在籍したブリーラム(今季の細貝はブリーラムからバンコク・ユナイテッドへのレンタル移籍)にはDFのアンドレス・トゥニェスという選手がいて、彼とは仲も良かったんだけど、そのトゥニェスは中断中にパトゥム・ユナイテッドへ移籍。実は今季のタイリーグ16クラブの中で、中断中に選手補強をしていないのは僕の所属しているバンコク・Uと、もう1チームだけ。しかも、そのチームは移籍に関連するペナルティ(?)を受けていて、このタイミングで選手補強ができなかった事情があるから、実質的にクラブの意向で中断前と同じチームで戦うのは僕らバンコク・Uだけになる」

 

ここ10年ほどのタイリーグはブリーラム、ムアントンなどの特定クラブが常に優勝を争う状況が続いたが、昨季はチェンライ・ユナイテッドが初優勝を飾って、その風穴を開けた。そして今季は中断前の段階で首位がバンコク・ユナイテッド、2位・ラーチャブリー、3位・タイ・ポートと、これまた新興クラブがしのぎを削る状況になっていた。ただし、常勝クラブだったブリーラムらも当然王座奪還を目論んでおり、今回のコロナ禍で打開策を模索している。

 

そんな中、細貝自身は明確な目標を打ち立てている。

 

「タイに来て1年目、ブリーラムの一員としての昨季は最終節で優勝を逃して悔しい思いをした。それでもブリーラムはACL(AFCチャンピオンズリーグ)の予選への出場権を得ていたからモチベーションもあったんだけど、自分はあえて新たな挑戦をしようと思ってバンコク・ユナイテッドへのレンタル移籍を決めた経緯がある。だから今シーズンのチームの目標は、まずは最低でもバンコク・ユナイテッドのACL出場権獲得がマスト。そして当然リーグ優勝を目指す。いや、個人的な感情としてはリーグ優勝もマストな条件だと思っている。そのくらいの成果がなければ、あえて新天地で挑戦する意味がないから。タイトルが獲れなかったら『なんでタイでプレーしているんだ?』という感情に僕自身はなってしまう。僕は外国籍選手として、それに見合う報酬や待遇を受けているわけで、それ相応の結果を得ることは責務だと思っているし、だから自分の中でそれなりに自分へのプレッシャーを色々な形でかけながら生活している」

 

仕切り直しとなる9月19日の第5節はホームゲーム。対戦相手はバンコク・ユナイテッドよりも1試合多く消化して3勝1分1敗の5位に付けるスパンブリーだ。

 

「延期になった第4節はアウェー戦の予定だったけど、今回はホーム戦になるから、その優位性を生かしたいと思っている。ただ対戦相手のスパンブリーは9月12日の再開戦を戦って勝利している。試合勘やコンディション面を含めて、再開初戦の僕らと1試合消化した相手とでは幾つかの違いがあるかもしれない。その点は気をつけて臨まなきゃいけないと思っている」

 

それでも細貝は現況をネガティブに捉えていない。

 

「実は先週までの僕らはトレーニングも結構ハードだったので、コンディションがピークに達していて、上手く調整ができていない感覚もあった。僕も腿裏に張りがあって色々不安があったけども、本番が1週間ズレたことで、その状況も整えることができた。だから今回の試合延期はデメリットばかりじゃなくて、メリットも得たと思っている。何事もポジティブに物事を捉えたほうが良い結果を得られると思うから、フレッシュな気持ちで、これから始まるリーグ戦に向かおうと思っている」

 

待ち望んだリスタート。細貝萌は心機一転、タイサッカー最高峰の舞台に臨む。

 

 

Column2020/08/18

【Column-081】 [微笑みの国で-19] 『タイ国内の状況とリーグ再開について』

 2月15日に開幕した今季のタイリーグは4節までを消化したものの、新型コロナウイルスの影響により3月中旬に中断。タイサッカー協会は早期のシーズン再開は困難との予測から、タイリーグのシーズンをヨーロッパのサッカーシーズンと合わせることを早々に決定し、タイリーグは長い中断期間に入った。

 その間、タイ国内ではロックダウンなども行われながら感染拡大は効果的に抑制され、国内での新規感染者はほとんど出ておらず、タイリーグの各チームは再開に向けてトレーニングやトレーニングマッチを問題なく行っている。

 現在のところ、タイリーグは第4節までの試合結果を活かした形で9月中旬からリーグ戦を再開し、いわゆる秋春制という形で5月にシーズンを終えるプランで日程の再構築を進めている。

 ただ、今回は未知のウイルスによる予期せぬ出来事だったこともあり、このリスケジュールには選手の契約など以外にも様々な問題が生じた。バンコク・ユナイテッドの細貝萌が現状を説明する。

 

「タイリーグは9月12日から再スタートして5月中にシーズンを終えることになりました。ただ、再開にあたってはまだまだ解決しなければならないこともあるみたいです。たとえばテレビ放映権の問題。現在はタイ国内の通信事業の大手で今の僕が所属するバンコク・ユナイテッドのオーナー企業でもある『トゥルー』が運営する『トゥルービジョン』でタイリーグの放送を行っているんですが、放送権契約がもともと10月末までだったみたいで、11月以降の放送についてはまだ解決していないみたいです。」

 

 『トゥルー』は2017年にタイサッカー協会とタイリーグの放映に関して4年契約を結び、今季がその最終年だった。そして翌年以降の放映権は別の通信事業者が落札すると言われており、『トゥルービジョン』としては当初のシーズン終了予定日だった10月末以降の放送に関わる必要性がないというのが、その主張の論旨のようだ。リーグを統括するタイサッカー協会としては、先の見えないウイルス禍の中で迅速に解決策を明示したわけだが、その調整過程で各関連企業などとの細密な打ち合わせができなかったと思われ、今回のような不足の事態が起こってしまった。このまま、もし9月に再開されるタイリーグが無観客で開催された場合、テレビ放映の目処が立たないことでタイリーグのファンや各クラブのサポーターは試合を観戦する術がなく、タイ各クラブのチームも外部に向けて一切試合の模様を提供できずにゲームをこなすことになる。

 

 それでもシーズンが再開されることだけは決まっている。そんな中、バンコク・ユナイテッドの細貝は今、自らの職務を粛々とこなしている。

 「クラブ、そして僕ら選手としては9月12日から再開されるリーグに向けて準備を進めていくだけだと思っている。これまでにも、『リーグが急遽8月中旬から再開されるかも』という情報があったりして、今後の日程が不確実な状況でオフを過ごしたりコンディション調整をしてきた部分もあって、その中でも常にゲームのことを考えて生活してきた。またタイ国内では3か月近くもの間、新型コロナウイルスの感染者数がゼロの状況が続いていて、町中はだいぶ落ち着いている。タイの場合は国外から入国した者は空港から直接国が管理するホテルや施設などへ移動し、2週間隔離される措置が取られるなど、他の国以上にウイルス感染対策に気を配っている。町中を歩いていても、すべての人がマスクを着用して過ごしているけれど、それなりの安心感もあるんですよね。例えばデパートにはマスクを着用していないと入店すらできないし、スマートフォンのアプリなどを使用してバーコードを読み取って行動追跡するような対策も採られている。今はそのような対策の結果が出ている状況なので、国内のサッカーのプロリーグが再開される流れも自然に生まれつつあるように思う」

 

 細貝の所属するバンコク・ユナイテッドはタイリーグが中断する前の4戦で全勝の勝ち点12で首位に立っている。チームとしては約半年ぶりに再開されるリーグでも、その勢いを持続させたい。

 「9月12日の再開まで1か月弱の期間があるから、まだ完璧にコンディションが上がってきている訳ではない。チームとしては今後の2週間でトレーニングの負荷をより高め、その後は緩やかに調整して再開を迎えるプランニングみたいですね。練習試合についても、45分間、そして先日は60分間プレーして、そのプレー感覚は悪くないと思っている。ただ、体感としてはまだまだ身体がキツイかなと。心肺機能、身体のバランス、その山を越えて再開の日を迎えるんだろうなと思っている」

 

 バンコク・ユナイテッドのリーグ再開初戦は、同じく4戦全勝で得失点差で2位に付けるラチャブリーとの一戦になる。

 「リーグ中断前の4試合の結果で、バンコク・ユナイテッドが相手チームに警戒されるのは当然だと思っている。しかも再開初戦は同じく全勝中のラチャブリーが相手で、早くも大一番な感じもある。当然相手もこのゲームを重要だと思っているはずだから、そこで結果が出せるように全力を尽くしたい」

 

 世界中が新型コロナウイルス禍に見舞われる中、細貝とその家族は日本へ帰国せずにタイの首都バンコクで生活を続けてきた。そこにはプロサッカー選手の細貝自身が抱く確固たる思いが投影されている。

 「家族は当然日本に帰るという選択肢もあったけれども、日本には帰らなかったですよ。それには日本の状況もあったし、一旦帰国してしまうと再びタイへ戻れるかも分からなかったからね。また、ウイルス対策を万全に尽くしても移動中に空港などを通過して多くの方々と接するリスクも考慮した。やっぱり自分は良くても人に迷惑を掛けることは出来る限り避けたいからね。実際に今のタイは先ほど言ったように感染者が少なく、娘も再開されたバンコク市内の幼稚園に行き始めたように、普通の日常生活を取り戻しつつある。その中で、ウイルスに関しては今まで以上に気をつけなければならないことを自覚しているから、今後もしばらくはバンコクで自らの仕事に励むつもりです。日本の皆さんも現在はウイルス感染者の増加で心配が募り、そのうえで各種の制限が科せられていると思います。あれだけ感染者がいたらなかなか外にも出れないと思う。それでも、今後は必ず良い方向へ向かっていくと思うんですよね。だから今は辛抱するしかない。いくら気をつけてもウイルスに罹ってしまうときは罹ってしまうけれども、それでも個々人が最善を尽くせば、必ず世界中の人々が乗り越えられることだと思うので、それを信じて、ナーバスにならずに心を落ち着かせてほしいと願っています」

(了)

Column2020/07/4

【Column-080】 [微笑みの国で-18] 『リーグ再開へ向けて』

 

細貝萌が戦う2020シーズンのタイ・リーグ1は、3月1日の第4節を消化した後に新型コロナウイルス流行による影響で中断を余儀なくされ、その後、リーグ再開を9月に延ばした末、秋春制へシーズンを移行する施策を採った。これにより、細貝が所属するバンコク・ユナイテッドを含めたタイ・リーグ1所属の各クラブはチーム強化や選手補強策など、多岐に渡る項目で再構築が求められることになった。

 

また、タイ国内のリーグが中断後にシーズンの移行を決めても、アジア地域にはAFCチャンピオンズリーグという国際カップ戦があり、その出場クラブを決めるレギュレーションを定めなければならない。その結果、タイ・リーグ1の各クラブは国内リーグに先駆けて早期にチーム活動を開始する必要に迫られた。細貝が語る。

「3月にリーグが中断して、9月中旬に秋春制の形でシーズンを再開することが決まったうえで、チームの再始動は7月1日に設定されていた。リーグ再開まで約2か月くらいの期間があるわけだけど、その理由としては、各国リーグの状況と合わせて、タイでもACLに出場するチームを年内に決めなければならない事情があるんです。結局国内リーグは9月中旬に再開して来年の5月に終える予定だけど、ACLの出場権に関しては12月までの順位で決めることになった。だから、クラブ側には早めに始動してチーム状況を整えて、まずはACLの出場権を狙う意図があるんです」

 

そんな中、3月初旬から急遽長期間のオフ期間が設けられた中で、細貝はどんな日常を過ごしていたのだろうか。

そもそも世界中で新型コロナウイルスが流行している状況では、オフ期間とは言えども他国を行き来することが憚れる。したがって細貝はリーグ中断後も日本へ帰国せず、家族と一緒にタイの首都バンコクに留まって自粛生活を送り、つかの間のオフを過ごした後は個人でのトレーニングを再開させていた。

「僕は基本的に家が好きだし、アウトドア派でもないので、外に出られなくて辛いということもなかった。家族と過ごす時間が増えたことで、改めてその存在の大きさを感じることも多かった。子供が幼稚園に行けなかったので、子供と多くの時間を過ごすことができ、絆が深まったようにも思う。自粛期間をストレスと感じることは全くなくて、逆に良かったとも思えた時間にもなった気がしますね。今思えば、オフ期間中にもっといろいろなことができたかかもとは思うけども、自分なりに学ぶこともあったし、決して何もしないで過ごすこともなかった。オフ期間中もスケジュールをしっかり定めて、その行動を記録したことで自分のリズムを掴むことができましたね。また自らの将来のことも考えていました。プロサッカー選手を引退したら、まずはこのオフ期間中のような生活になるのかなとか。もちろん実際にそうなったらお世話になっていて普段はなかなか会えな人に片っ端から会いに行くと思うし、1ヶ月とか家に帰らない事になったりもする可能性も0じゃないとも思うけど(笑)つまり忙しくなる時間は自分で作ると思う。でも、日常的にサッカーをプレーしない生活になるわけで、そのような環境を与えられた中で、自らがどのような時間を過ごすのか。状況は違うけど少しはその体験ができたのかなとも思っていますよ。こう見えても僕はポジティブですから」

 

 

しかし予想と反して、細貝が所属するバンコク・ユナイテッドは練習を予定よりも早期に再開した。当初は7月1日再始動だったものが、6月15日へと前倒しされたのだ。

「僕はタイ国内にとどまっていたから、練習再開時期が早くなっても特に問題なく対応できた。他の選手たちも基本的に国内にいたから大丈夫だったんじゃないかな? でも練習再開当初はゆっくりと計画的にフィジカルなどを強化させていくと聞いていたんだけども、実際にトレーニングに入ったら予想外にハードで驚いているよ(笑)。今日も走り込みのトレーニングをしたしね。再開後はまず、4日練習して3日休むサイクルを2週間続けて、3週間目からは5日練習して2日休むサイクルへと変わった。つまり、どんどんトレーニング内容が濃密になっている(笑)。まあ、練習量が多くて厳しい事自体は良いことだと思っているので問題はないけども、それで怪我をしてしまっては元も子もないので、その点は気をつけています。また、あくまでもターゲットは9月半ばのリーグ再開時期なので、そこに合わせて身体を鍛えていかなきゃいけないとも思っている。今の時期に身体が出来上がってしまって、リーグ再開した際にコンディションが落ちてしまっていったら大変なことになるからそこにはかなり注意しています。僕もこれまでの経験があるから、そこは若い選手とは異なるアプローチで、焦らずにじっくりと仕上げていこうかなと。チーム内のメニューをしっかりこなしながら、コンディションの上げ過ぎには注意しながらやっていかないとと思っていますね」

 

バンコク・ユナイテッドはリーグが中断する前の4試合を全勝して首位に立っていた。できるならば、その勢いを持続したまま試合を続けたかったが、今回は予期せぬ世界規模のウイルス流行危機に瀕したことでリスタートを余儀なくされてしまった。

「今シーズンのスタートは好調を維持できていたから、その点はチームにとってはポジティブではなかったと思う。ただ、この4試合の結果は9月からのシーズンにも持ち越されるから、アドバンテージを得た状況で再開できる点はポジティブに捉えている。ただ、バンコク・ユナイテッドがリーグ中断前の陣容のままで再開に臨むのに対して、他の幾つかのクラブは中断中に選手を補強しているんだよね。つまり序盤戦の状況を鑑みて他チームは陣容に手を加えているわけで、その点は警戒しなければならない。また僕らのチームは好調だったから、相当に研究されているだろうしね。ただ、それでも今季のバンコク・ユナイテッドについては僕自身のプレーパフォーマンスも含めて手応えを得ているので、自信を持ってシーズン再開へ向かいますよ。まずはACL出場はマストだと思っているから。」

 

タイ国内は現在、新型コロナウイルスの感染者が連日ゼロという状況で、平穏を取り戻しつつある。細貝とバンコク・ユナイテッドはその中で、高い志を抱いて秋春制の”新”シーズンに挑もうとしている。

 

(了)