Diary2024/06/24

変化

2024年シーズンの21試合を終えて、わずか1勝と、現在チームはとても厳しい状況に置かれています。
僕も今までに経験したことのない初めての経験。
思えば思うほど辛い。

しかも僕自身はこの21試合でピッチ上では一切チームに関与することが出来ていない状況です。
先日の天皇杯では僕がピッチに立ったのはご存知かと思いますが、僕は普段から元気にプレーしています。
普段練習場に足を運んでくださる皆さんはご存知ですね。

今シーズン、、、成績不振で監督が交代し、そこからもう既に結構な時間が経っていますが、うまくいってないからこそ、良い変化を生み出すために変化し続けなくてはいけないと感じています。
だからこそ、まずは僕自身が変わらないとなのかな‥とも感じています。
最近は、ここまで関与出来ていないとなると自分らしくいるのもダメなのかもしれないとも思うことも。。

でも、僕は僕。
どんなことがあろうと、自分がどんな立場に置かれていようと今自分のやるべきことを全うしたい。
特に群馬県前橋市出身の僕は、地元クラブであるチームに対しての愛をもっともっと持ってやらなければと自分に言い聞かせて日々の時間を過ごしています。今この時間を大切にして、自分自身と向き合うことにフォーカスしたい。

また今日から、一歩でも、、、、いや、半歩でも‥前進しよう。

Hajime Hosogai.

Diary2024/06/15

天皇杯

先日の敗戦で、2024年の天皇杯が終わりました。
とても残念。。

Instagramでも触れたのですが、この大会は僕がプロになって1年目、2年目と浦和時代に獲っていることもあり、僕のサッカー人生において凄くターニングポイントとなった大会の一つ。

若い選手、そして、ここまでなかなか出場機会が少なかったこれからの時代を闘っていく選手にとって、とても重要になる時間だと強く思いながらのぞんだ試合でした。
でも、2回戦敗退。

一つでも多くこの大会を闘いたかった。

チーム、時代は違えど浦和時代に僕が先輩方に見せてもらったあの景色に少しでも近いもの、充実感を感じてもらいたかった。悔しい。
だから試合中のPKも自分から蹴りにいったし、若い選手に蹴ってもらいたい気持ちが少なからずはあった中で自分が蹴る決断をしました。
ここは僕自身が蹴ることで、ゴールしようがしまいが何かを感じ取って欲しいという気持ちでした。

明日からリーグ後半戦が始まります。

もっとチームはまとまらなくてはいけないし、僕は、ここ群馬のために、絶対に逆襲出来ると信じて闘っていきたいと思います。
引き続き、熱いサポートをどうぞ宜しくお願いいたします。

Hajime Hosogai.

Diary2024/06/3

vs 山形 0-0.

昨日も素晴らしいサポートありがとうございました!

Instagramで『I have many allies, always behind me!!』と、更新しましたが、僕が伝えたいことは本当にそのまま。

現地ではもちろんのこと、チームが厳しい状況にも関わらず皆さんが応援してくれることを本当に嬉しく思っています。そして僕らには皆さんがいる。

現在は僕自身も、様々な環境、状況が変わり競争の輪の中にいます。

とても長い間自分自身と向き合うことが出来、今思えばこれもまた必要な充実した時間だったように思います。

そしてチームは以前に比べ間違いなく良い方向に進んでいます。

雰囲気はもちろんのこと、選手間で話すことが圧倒的に増え、今までには少し足りなかった刺激が加わっているように思います。

これから少しでも多くの勝ち点を積み重ねていきたい。僕らの目標はこのチームなら必ず達成出来る。逆襲だ。

 

今節も素晴らしいサポートありがとうございました。

また今日から、頑張ろう。

 

Hajime Hosogai.